ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

みんなに良い人と思われたい人はWeb集客に向いていない人

「本当は違うと思うんですけど、否定すると傷付く人がいるので自分の意見は書かないようにしています。」というお客様が男女問わず多いです。

 

要するに「良い人」と思われたいので、否定する言葉は使いたくないのです。その時点で間違っています。良い人と思われるためには、あなたのブログやSNSをたくさんの人が読んでいるという前提があります。ですが、ブログを読まれていないので、集客ができず悩んで私に相談しているのです。それよりも「これを誰かに言って欲しかった!」と読んだ人に思われる内容を書いたほうが、たくさんの人に読まれますし、お客様は増えていきます。

 

男性でも「良い人なんだけど、付き合うにはちょっと。。」という人はモテません。優しいし浮気もしなさそう、けど刺激もなく面白くもないからです。

Web集客もそれと同じです。当たり障りなく、当たり前のことはただ書いているだけの人が多いです。そんな退屈なブログやSNSは読む気にもなれません。そのため、誰からも「良い人」とは思われないのです。

 

私のブログを読んでください。キラキラ起業女子と起業塾、コンサルタントが怒りそうな内容ばかり書いています。

blog.akira-workshop.com

ただ、それが私の本音です。私もそうですが、私のお客様も色んなコンサルタントの色んな情報に惑わされて、痛い思いをしています。私の本音をブログで書くと「本当にその通りなんです!」とブログを読んだ人がお客様として来てくれます。

 

結局は、「みんなの良い人」になるよりも、誰か一人でもいいので「その人にとっての良い人」になるほうがWeb集客は成功するのです。

 

誰かの悪口を言ったり、特定の人をおとしめる必要はありません。ですが、あなたの本音を書かないと、いつまでも誰にも読まれないブログやSNSになります。あなたにはあなたの意見があるはずです。それを書きましょう。誰にも遠慮することはありません。あなたの本音が誰かにとっての救いになることもあります。そんな人に読んでもらえるブログを書きましょう。

blog.akira-workshop.com