ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

自信がない人の商品やサービスは買いたくならない

実績も経験も十分あるお客様ほど「自信がないんです。」と言います。

blog.akira-workshop.com

その気持ちはわかります。ですが、お客様の気持ちになって考えてみてください。自信のない人から商品やサービスを買う気持ちにはなりません。

 

流行りの起業塾やコンサルタントは、ほとんどが実績も経験もない人がやっています。そんな人に大金を払う人が後を絶たちません。それは起業塾やコンサルタントが無駄に自信に溢れているからです。「私はスゴイ人なんです!そんな私に教えてもらえるなんて、あなたは幸運ですよ!」と宣伝しています。それを読んだ人は「この人ならお金を払っても大丈夫そう」と思い、大金を支払ってしまうのです。

 

それとは逆で、実績や経験がある人ほど「ある程度自信があります」「たぶん大丈夫です」と紹介文やブログに書いています。自分では謙遜しているつもりですが、商売で謙遜していると自信に溢れている人に全部持っていかれてしまいます。

 

もっと自分に自信を持ちましょう。実績や経験があるならなおさらです。「この人なら大丈夫」とお客様に思ってもらうには、せめて文章だけでも曖昧な表現は避けましょう。「ある程度」「たぶん」「まあまあ」と書いている人が多いです。それらを全部削除するだけで、自信がある人に見えてきます。

自信を付けたい人はぜひご相談ください。

blog.akira-workshop.com