集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

占い師になるには?最短で占い師になる方法

最短で占い師になるには、タロット占い師になって、とにかく実践で人を占うことです。

 

私は2018年8月にタロット占い師になろうと思い立ち、9月にはアメブロで集客に成功して人を占いました。最短で占い師になりたい人は、以下のページを熟読してください。全部書いてあります。

→ 関連記事:副業ならタロット占いがオススメ!私がタロット占い師になるまでを解説

→ 関連記事:タロット占い師になるにはどうすればいいですか?【音声配信】

 

勉強が必要な西洋占星術や四柱推命、九星気学は覚えることが多すぎて、なかなかプロにはなれません。

 

実際、私は九星気学を勉強中なのですが、頭の中がおかしくなりそうなほど覚えることがたくさんあります。人を占うどころではない状況です。自分のことさえまともに占えません。

 

それとは違いタロット占いは、タロットカードを持ったその日からプロになれます。カードの意味は知らなくても、本を読めばわかります。本を読まなくても、カードを見て思い付いたことを言えば大体当たっています。

 

タロットカードの意味やキーワードを全部覚えないと占えないと思っている人が多いですが、そんなことはありません。私はキーワードはうろ覚えです。ただ、今まで数多くの人を占ってきたので、カード全体を見れば、過去から未来の流れはわかるようになりました。

 

やはり実践で人を占わないとカードは読めるようにはなりません。

 

家族や友達を練習台にするよりも、自分で集客した人を占ってください。初回は無料でも全然大丈夫です。知らない人を占うのは緊張感があります。その緊張感が占い師の腕を上げていくのです。

 

ジモティーで「無料で占います」と書けば、唸るほど依頼がきます。それで練習してもいいと思います。

 

最短で占い師になるには実践しかありません。頭で考えるよりも手を動かすと、知らない間にプロの占い師になっています。私が最短でタロット占い師になった方法を詳しく知りたい人は、いつでも相談してください。細かくお話します。

blog.akira-workshop.com