ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

海外向けにブログを書きたいのですがどのブログサービスがいいでしょうか?

「海外に向けてブログを書きたいのですが、どのブログサービスがいいでしょうか?」と女性のお客様から相談されました。

 

一番良いのはワードプレスだと思います。SEO対策もしやすく、世界中で使われています。ただ、ワードプレスは使ったことがない人も多いです。このお客様も使ったことがないとのことでした。ワードプレスを使うには、レンタルサーバーも必須になるため、最初に使うにはハードルが少々高いです。

 

それならGoogleが無料で提供している「Blogger(ブロガー)」が良いです。こちらも世界中にユーザーがいます。私も一度だけ使ってみましたが、簡単です。日本語にも対応しています。ただ日本では使っている人が少ないため、操作がわからない場合、相談する人がなかなか見つかりません。

www.blogger.com

 

特にこだわりがなければ、使い慣れている日本のブログサービスで初めてみるのが一番オススメです。ブログタイトルやブログ記事を英語で書けば、日本人よりも英語圏の人に検索されやすくなります。

実は私のはてなブログは日本語で書いていますが、海外からのアクセスが結構あります。一番多いのはUSです。

海外からのアクセス

 

アメブロを使っていた時も海外からアクセスされていました。日本のブログサービスを使ってみて、海外からのアクセスがあまりにも悪いようであればワードプレスに切り替えるのもアリです。

 

英語でブログを書くにしてもSEO対策はしないとダメなので、その辺りは日本のブログと同じです。SEO対策のために、キーワードプランナーは必ず設定しておきましょう。

tecchanblogs.com

 

日本でのGoogleの検索キーワードだけでなく、海外でのGoogleの検索キーワードもチェックできます。かなり便利です。

キーワードプランナー海外向け

 

海外に向けて商品を販売したい人や会社は、かなりあります。今はインバウンド需要がなくなったため、海外に日本製品を販売するにはチャンスです。ぜひ英語でブログを書いてください。SEO対策の方法がわからない場合は、いつでも相談してください。

blog.akira-workshop.com