ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログは読まれないのが当たり前と思って書き続けよう

「サーチコンソールの検索クエリを見ても、私の商売に関係あるクエリでは私のブログは表示されていません。その結果、私の商売に関係ない人ばかりがブログを読んでいるのでサーチコンソールを見るのが嫌になりました。」とお客様から相談されました。

検索クエリとは、Googleの検索窓に入力される語句や単語のことです。サーチコンソールをあなたのブログに設置していると、どんな語句が入力されればあなたのブログ記事がGoogleで表示されているのかがわかります。

seolaboratory.jp

 

サーチコンソールを見て「関係ない検索クエリばかりでブログが表示され読まれている」ことは自分でわかっています。なぜそうなるかと言うと、あなたの商売とは関係のないブログ記事ばかりを書いた結果です。そこまでわかっていれば後は簡単です。過去の記事をあなたの商売に関係ある内容に書き直せばいいだけです。

 

ブログは基本的に「誰にも読まれていないのが当たり前」です。読まれていないから読まれるために、サーチコンソールを設置するのです。そしてサーチコンソールを見ながら「どんな語句や単語ならGoogleで自分のブログが検索表示されるのか」を探っていきます。あなたが意図した通りの語句や単語でブログ記事が表示されていないなら、表示されるまで何度でもブロ記事タイトルやブログ記事内容を書き直してください。

 

あなたの商売がエステサロンなら「シミ 薄くする 方法」など、美容に関する検索クエリでブログ記事が表示されるのが理想です。

例えば、エステサロンのブログなのに、パワースポットの話ばかりをブログに書いるとします。そうすると、誰かがパワースポットについてGoogleで検索した際に、あなたのブログが表示されます。エステに関係のないブログ記事ばかりを書いていると、サーチコンソールの検索クエリもエステに関係のないモノばかりが表示されます。

 

あなたの商売とは関係ない検索クエリばかりなら、関係ある語句や単語を使ってブログ記事を書いてください。それを繰り返していると、サーチコンソールに表示される検索クエリは、いつの間にかあなたの商売に関係ある検索クエリだらけになります。そうなるとブログ記事を書くのも楽しくなりますし、サーチコンソールを見るのも楽しみになります。

 

何度も言いますが、ブログは読まれていないのが当たり前です。読まれるためにサーチコンソールを上手く使ってください。「ブログが読まれていないからサーチコンソールを見ない」のではなく「ブログが読まれていないからサーチコンソールを見て探る」のです。そう考えてブログを書き続けてください。闇雲にブログを書くよりは、サーチコンソールを見ながらブログ記事を書いたほうが断然ラクができます。

 

サーチコンソールの設置方法がわからない、サーチコンソールの使い方がわからない人はいつでも相談してください。サーチコンソールの効果的な使い方を教えますよ。

blog.akira-workshop.com