ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ワードプレスをはじめて使うので一緒に設定してください

「ワードプレスをはじめて使うので、できれば一緒に設定して欲しいです。」とお客様から相談されました。ワードプレスは私も使っているので、お客様がすでにレンタルサーバーを借りていれば一緒に設定することもあります。

 

何も知らない状態で、私が一から説明してもわかりにくいので、とりあえずはYouTubeでワードプレスの初心者設定方法を何本か見てもらいました。その後、一緒に設定することになりました。

 

ワードプレスにログイン後は以下の画面が出てきます。左にメニューが表示されているので、メニューに沿って「何に使うのか?」を説明しました。もちろん、zoomを使っているので、後から見返せるように録画しています。

ワードプレスの画面

  1. 投稿と固定ページの違い
  2. ページの編集方法
  3. パーマリンク(URL)の設定方法
  4. 外観のテーマについて
  5. ナビゲーションメニューの作り方
  6. サイドバーやフッターの設定方法
  7. 最初に入れておくべきプラグイン
  8. サーチコンソールとアナリティクスの設定方法
  9. ワードプレスでのSEO対策

「テーマはシンプルなものを使いたい」とのことなので、私が使っている「Graphy」をお勧めしました。無料版もありますし、有料版も4,900円と安い上に、一年毎の更新料もかかりません。私のワードプレスのサイトは「Graphy」の有料版を使っています。

themegraphy.com

 

皆さん、キレイな外観に騙されて高い有料版のテーマを使うのですが、ほとんどの人が使いこなせていません。それならシンプルで使いやすく、かつ無料のテーマを使って、ワードプレスの使い方に慣れるほうが先です。慣れてから、有料版のテーマに変更すればいいのです。

 

結局、2時間半ぐらいかかって設定が完了しました。「思っていたよりも使いやすい!これならできる!」とのことだったので、良かったです。

 

「これって使い方や設定方法を知っている人に聞きながらでないと、絶対に一人ではできないですよね。」とお客様から感想をいただきました。一人ではできないことはないですが、かなりの時間を費やすことにはなります。

ワードプレスは何のためにやるのかというと、ホームページを作ったりブログ記事を書くためです。それなのに、ワードプレスの設定や使い方を勉強するだけで1ヶ月もかかるなら、誰かに頼んで設定してもらう、または誰かに一緒に設定してもらうことをお勧めします。時間も節約できるし、すぐに記事を書くことができます。

 

ワードプレスを使ってみたいけど、一人で設定できない人は、いつでもご相談ください。時間はかかりますが、一緒に設定しますよ。ただし、レンタルサーバーを借りて、ワードプレスをインストールしておく必要がありますが。レンタルサーバーもわからない場合は、とりあえずは相談してください。

blog.akira-workshop.com