ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

デザインの仕事に没頭すると人間らしい生活から遠ざかっていく話【エッセイ】

最近、頭がおかしくなるほどデザインの仕事ばかりしている。

デザインの仕事に一旦取り掛かると、他のことが何も考えられなくなる。結果、ご飯も食べないし、外にも出ずにずっとパソコンの前で仕事をする羽目になる。もちろん、ブログの更新頻度も落ちている。

 

これが嫌なので、デザインの仕事から離れたいのに、やってきた仕事はありがたいので断れない。悪循環だな。結局、私の得意なことってデザインの仕事になるんだよなー。

 

私は一旦入り込むとそこから抜けられないので、強制的に思考を切り替えるために、先程ヨロヨロと散歩をしてきた。犬に吠えられたけど。。

 

私の五十肩が酷くなったのは、完全にデザイナーという職業病だ。特に私はメディカルイラストも描くし、チラシのデザインでもイラストを描いたり細かい作業が多いので、右腕を酷使している。この仕事やってる限りは五十肩は治らないんじゃないかな。

 

ホントに人間らしい生活から離れていっている。さすがにちょっとやばいと思った。ので、ブログで愚痴ってみた。

 

お陰様で、今の所順調に仕事は進んでいるけど、肩が痛い。。

 

チラシやリーフレットのデザインに悩んでいる人は、相談してほしい。私がデザインせず、アイディアだけ出します。

そろそろ右肩に優しい仕事がしたい。

blog.akira-workshop.com