ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

知って欲しいことが多すぎて文章を長くすると逆に誰にも読まれない

ブログに書くことがなくて相談に来るお客様も多いですが、たまに書くことがあり過ぎるお客様もいます。そんな人は「自分を知って欲しい!」「こんなに良いことがあるからたくさんの人に広めたい!」という気持ちが強いです。

そのため、伝えたいことが多く、やたらと文章が長くなりがちです。全部読んでもらえる前提で文章を書いています。これが間違いです。人は興味のない文章は一行も読みません。

 

人に読んでもらいたいなら「一番伝えたいことだけ」を最初に短い文章で書いてください。ブログなら記事タイトルに「一番伝えたいこと」を書きましょう。チラシなら見出しがそれに当たります。

 

あなたの郵便受けに入っているチラシを想像してください。読まずに全部捨てているはずです。読むとすれば「卵1円!」「冷凍食品半額!」のスーパーのチラシや、「長年の腰痛に悩まされている人に朗報!」などの整骨院のチラシです。

 

人は興味のあることが書いているとわかれば、内容まで読んでくれます。興味を持ってもらうためには「一番伝いたいこと」や「読んでいる人にとって魅力的なこと」を最初に書かなければ、内容まで読んでもらえないのです。一番伝えたいことを伝えるために、文章はできるだけ短くわかりやすく書くと内容が読み手に伝わります。書き終わった後に「この文章はちょっと長いな」と思えば、必要のない箇所は削ってみてください。読まれやすい文章になります。

 

文章をダラダラと長く書く人は「読み手は何を知りたいのか」を想像せずに文章を書いています。

  • 何が書かれている文章なのか
  • その文章を読んでどんな良いことがあるのか

この2点を考えずに文章を書いてしまいます。その結果、独りよがりな内容となり、せっかく書いても誰にも読まれないで終わります。

 

文章をダラダラと長く書くお客様には「この文章は何を伝えるために書いていますか?」と質問します。ほとんどの人がこの質問に答えられません。答えられないということは、自分でも伝えたいことがわかっていないということです。

 

「何を伝えたいんですか?」と私が質問すると、その時は答えが出なくても、後から「私は何が伝えたいんだろう」と自問自答します。そこから本当に伝えたいことが見えてくるので、私は意図的にこの質問をします。自分で考えて出した答えには、一番行動力がともないます。

 

いつも文章が長くなって伝えたいことが上手く伝わらない、誰にも文章が読まれていないと悩んでいる人は、いつでも相談してください。私が質問すると徐々にあなたの伝えたいことが明確になり、文章も書きやすくなります。一人で悩んでいるよりも早く解決しますよ。

blog.akira-workshop.com