ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

チラシやパンフレットのデザインにアドバイスをもらえませんか?

もちろん、アドバイスします。DTPデザイナー(印刷物のデザイナー)歴は19年です。チラシと製品カタログは山ほど作ってきました。

私のお客様の中には、ご自分で手書きのチラシを作っているお客様もいますし、デザイナーさんに頼んでパンフレットを作っているお客様もいます。そして、たまに私が作る場合もあります。私が作らなくてもデザインに関するアドバイスや、内容に関するアドバイスはご相談いただければ乗ります。

 

以前、お客様がデザイナーさんにデザインしてもらったチラシを、途中から私が引き受けたことがあります。詳細は以下の記事をお読みください。

blog.akira-workshop.com

 

元々のデザイナーさんが作ったチラシが以下です。文字の大きさにメリハリがなく、全体的にデザインが単調です。そのため、パッと見ても何を伝えたいのかがハッキリとわかりません。配置もまばらです。

修正前のチラシデザイン

 

元々のデザインを残しつつ、私が作り直したチラシが以下です。農薬を使っていないことと、奈良の大和茶であることを表紙で訴えています。お茶のパッケージの画像も入れました。

秋山が作り直したチラシデザイン

お客様の意見を尊重しながらも、かなり見やすく、読みやすく作り直しました。

 

実は、完全に違うデザインで作り直したチラシがあるのですが、それは制作途中なので、まだお見せできません。作ったらアップします。

 

チラシや製品カタログの原稿を自分で作っていると、どうしても客観性がなくなります。自分の書きたいことばかり書いてしまい、せっかく作っても誰にも読まれずに捨てられてしまいます。そうならないように、客観的に誰かに見てもらうことは重要です。

 

まずはプロに見てもらって修正を加え、その後はお客様に見てもらって修正を加えると、より良くなります。一人で内容を考えるより、複数の人の意見を取り入れながら内容を詰めていくと、読んでもらえるチラシやパンフレットになります。

 

「客観的な意見がほしい」「アドバイスがほしい」と思っているあなたは、私からすれば仕事ができる人です。お客様のことも真剣に考えています。そういう人や会社は伸びていきます。それとは逆で、仕事ができない人ほど、人の意見を聞きませんし、取り入れません。そう、頑固なのです。どんなに良いアドバイスをしても否定しかしません。

 

仕事ができる人からの相談は大歓迎です。いつでもご相談ください。的確なアドバイスをしますよ。一緒に良いモノを作りましょう。

blog.akira-workshop.com