ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

起業塾で教えていることがおかしいと感じるあなたの感覚は正常です

「起業塾で集客を教えてもらっていましたが、おかしいと思うことばかりです。」と、女性のセラピストのお客様から相談されました。

おかしいと思うあなたの感覚は正常です。

 

  • 料金を隠せ
  • やっていることを隠せ

何でもかんでも「隠せ」と言われるので、どうすればいいのかわからなくなったそうです。自分のやっているセラピーを広めたいから起業したのに、隠さなければならないなら、一体何のためにやっているのかわからなくなって当然です。

 

隠す必要はありません。隠すのは詐欺師です。やましいことがないなら、隠さずにバンバン出してください。

 

珍しいセラピーの名前なら、一般の人は知らなくて当然です。隠さずに「どんなことをしているのか」「どんな効果があるのか」それを徹底してわかりやすく説明すれば隠さなくてもわかってもらえます。名前がわかりにくいという理由だけで隠すのは変です。

 

そのセラピーを受けることで、

  • どういう悩みを持った人が
  • どう変わるのか

をキチンと説明できれば、怪しまれません。逆に説明できないと怪しまれます。

 

珍しいセラピーなら、知っている人は必死になって日本でやっていないか探している可能性があります。そのため、セラピーの名前はどこかには入れて、詳しく説明するページを1ページでも設けてください。

 

ただし、お客様はあくまでも自分の悩みを解決してくれる人を探しています。自分の悩みが解決できれば、手段は問いません。手段は売る側がこだわっているだけで、買う側にこだわりはありません。そのため、手段を全面に推し出すとお客様に嫌がられます。メインはお客様の悩みです。その悩みの解決方法として手段があるのです。そのことを忘れないようにすれば、集客に繋がります。

 

「どんな悩みを解決できるのか」を自分でよく考えてください。一人では、考えられない場合はいつでも相談してください。二人で話しながら考えたほうが、早いですよ。

blog.akira-workshop.com