ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

秋山さんが書いてある文章の通りです

「秋山さんが書いてある文章の通りです」とお客様に言われることが多いです。ブログ記事内容やストアカの講座内容、それを読んで共感し納得してくれた人が相談に来てくれます。

 

私が何を書いているのかというと、今までお客様が私に相談してくれたことをそのまま文章に書いています。そうすると「その通りだと思います」とお客様から言ってもらえます。

 

占い師の時もブログで同じことをしていました。依頼者から相談を受けた後に、その悩みをそのままブログに書いていました。そうすると、同じ悩みを抱えた人から鑑定を依頼されました。「書いている内容が他の占い師さんとは違いました」「私のことを書いてくれているのではないかと思う内容でした」と依頼者から感想をもらうことが多かったです。

 

多くの人が同じ悩みを抱えています。同じことを考え、同じように悩んでいる人が多いのです。そのため、お客様の悩みをそのまま書くと「その通りだと思います」と共感し、納得してくれます。その中から、申し込んでくれる人が出てきます。

 

難しいことを書く必要はありません。そのままの事実を書きましょう。そうすれば人は共感してくれます。無理して小難しく文章を書こうとすればするほど、何が言いたいのかが伝わらなくなります。

悩んでいる人の気持ちをそのまま文章で書いてください。キレイな言葉を使う必要はありません。キレイな言葉で悩んでいる人はいません。キレイな言葉に直すと逆に共感されません。

 

お客様の気持ちをそのまま書けば、誰かは共感してくれます。それを地道に続けていきましょう。そのうち誰かがあなたのお客様になってくれますよ。

blog.akira-workshop.com