ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ストアカスタッフと個別面談した話【エッセイ】

先日、突然ストアカからメッセージが送られてきた。zoomで話したいとのことだったので、本日面談してもらった。

 

私なんてストアカの片隅で講座を人知れず開催しているので、ストアカは私のことなんて知らないだろうと考えていた。けど、やっぱりちゃんとチェックしてるのね。どうも地区ごとに担当者がいるみたい。関西圏担当の人と45分ぐらい話していた。

 

担当者から色々とアドバイスももらったし、参考になる講師の人も教えてくれた。参考になる講師のページを見ていて「みんな色々と考えてるなー」とマジで感心した。

 

ストアカの講座は今のままでいいやと思っていたけど、ちょっと見直そうかなと思った。でも、体系的にいくつもの講座を組み立てるの苦手なんだよねー。まあでも、ヒントを色々ともらえたので考えてみよ。

 

ホントかウソかわからないけど、教室ページと講座ページの内容のクオリティの高さは褒められた。他の講師よりも群を抜いて良いそう。完成度が飛び抜けて高いと言われた。何度も書き直しているから、勝手にクオリティが上がっていってるだけだけど。

そして、サムネイルの作り方も褒められた。他の講師にも教えてもらいたいぐらいと言われた。この辺りはデザイナーだから、できて当たり前なんだけど。

そういう細かいところをちゃんと見てくれて、努力しているところを褒められると素直に嬉しい。

 

ストアカ講師の人が私の講座を受講する場合も多いし、ストアカの講座ページの再構築をお願いされることもあるから、それで講座作ってみてもいいかも。すぐに調子に乗りやすい私だわ。

 

ストアカ講師やっていると、こんな風に突然ストアカからメッセージがきて、面談されることもある。次はあなたの番かもしれない。楽しみにしながら待ってみてー。

blog.akira-workshop.com