ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

コピーライティングを勉強してもわかりやすい文章が書けるようにはならない

コピーライティングを勉強したいと言うお客様は多いですが、コピーライティングを勉強してもわかりやすい文章を書けるようにはなりません。なぜならコピーライティングは広告のための文章の手法だからです。

 

なぜだか「コピーライティングを勉強しないと上手い文章が書けない」と思い込んでいる人が多いです。ですが、勉強しなくてもアマゾンの書籍を見れば、プロの人が考えたコピーがたくさん出てきます。それを参考にすればいいだけです。わざわざ勉強までする必要はありません。私のストアカの講座はすべて書籍タイトルを参考にしています。

 

電車の中を想像してください。どこもかしこも広告だらけです。手すりにまで広告が貼り付いています。電車の中でじっくりと広告を読む人はいません。なんとなく車内を眺めているだけです。その際、一瞬で「この商品を買いたい!」「この雑誌読みたい!」と思わせる強烈な言葉が必要となるのです。そこで登場するのがコピーライティングです。

 

そのため、書籍のタイトルや講座タイトル、ランディングページなどにコピーライティングが使われています。

 

コピーライティングを上手く使えば、買わせることはできますが、買ってみて実際に効果がないなら「詐欺だ。騙された。」と思われます。

 

それとは別で、ブログは広告ではありません。実用書と似ています。実際に読んで実践できる内容が書かれています。そこでコピーライティングを使っても、内容がわかりにくくなるだけです。文章が下手でもわかりやすさがあれば、読んでもらえます。

 

上手い文章とわかりやすい文章。どちらのほうが人に内容が伝わるかというと断然わかりやすい文章です。

 

私のブログや文章を読んで相談を申し込んでくれるお客様から「文章が非常にわかりやすかった」と言われることがあります。

私はコピーライターのような上手い文章はかけませんが、わかりやすい文章を書くことはできます。わかりやすい文章が書けたほうが、来てくれるお客様の質が格段にあがります。コピーを見てお客様が来たとしても「魔法のような方法がある」と思い込んでいる人が来るだけです。

 

コピーライティングを勉強しなくても大丈夫です。わかりやすい文章を書くことはそんなに難しいことではありません。あなたでもすぐに書けるようになります。わかりやすい文章が書きたい人は、いつでも相談してください。

blog.akira-workshop.com