ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

人に説明するのが下手な人からの仕事の依頼は作業に取り掛かるまでに時間がかかる

外資系企業からメディカルイラストの作成依頼が入ってきたため、朝からマイクロソフトのTeams(チームス)で担当者とミーティング。はじめてTeams使った。Teamsはzoomと同じオンラインミーティング用のツール。最近、企業ではzoomのセキュリティが問題になっているらしく、Teamsに切り替えているところが多い。

 

担当者が資料を事前に送ってくれたけど、絵が下手すぎるのと説明が一切ないので資料を見ても意味不明。今日、本人からの説明を受けて、やっと少しだけ私にやって欲しいことが理解できた。

 

その後、一人で資料を見ながら脳内シュミレーションをしていた。製品の動きを頭の中でイメージしながら、脳内で製品を動かしてみる。色々と検討した結果「あー、なるほどわかった!」と、やっと何がしたいのかが理解できた。

 

人に説明することが下手な人から仕事の依頼があると、すぐに作業に取りかかれない。その人が何を伝えたいのかを私のほうで一旦整理する作業が入るため、それに時間を取られる。そして、私のほうで資料を作り直して、わかりやすく整理した資料を担当者に送って確認する。確認しないまま作業に取り掛かった場合、間違っていると全部やり直しになる危険性がある。

 

企業案件は締切があるため、無駄な時間をかけることができない。どうすれば最短で無駄なく作業ができるのかを考えないと次の依頼も来ない。締切に間に合わない上に、依頼された内容と全然違うものを納品するってマジであり得ない。そうならないように事前準備はめちゃくちゃ大事だ。

 

人に説明することが上手い人からの仕事の依頼は本当に助かる。資料を作り直す必要もない。私の手間が省けるので、時間も有効活用できる。ありがたい。

 

一方、説明が下手な人は、自分の頭の中を整理していない状態で思い付くままに喋っている。情報の整理は、ほぼ相手に丸投げしているんだと思う。それだと、いつまで経っても仕事ができる人にはならないので、自分の中で一旦情報を整理してから相手に説明したほうがいい。相手にも喜ばれるし、仕事の効率も上がる。

 

ということで、私が整理しなおした資料を担当者に送ったので、それの確認待ち中。「早く返事が来ないかなー」っとせっかちな私はジレジレしながら待っている。

blog.akira-workshop.com