ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログ記事を書く際はタイトルと結論を先に決めておくと書きやすくなる

「この記事は何について書かれている記事なのですか?」とブログ添削を頼まれた際、お客様に質問することがあります。ですが「何について書いている記事なのかが自分で読んでもわかりません」という返事が返ってくることが多いです。

そんな人は、最初に書く内容を決めずに適当にブログ記事を書いています。

 

ブログ記事を書く場合、最初に

  • ブログ記事のタイトル
  • ブログ記事の結論

この2つを決めてから書かないと、何について書いている記事なのかが自分自身でわからなくなります。

 

わからなくなる例としては、

  1. 最初は部屋の片付け方法について書いていた
  2. 気付いたら自分の部屋にある置物の話を書いていた
  3. 最後は置物にまつわる自分の思い出話を書いていた

という感じで、記事を書いている途中途中で芋づる式に思い出した話を書き足しています。そうすると、話がどんどん変わっていくため、書いた後に読んでも「何について書いているのか」がわかりなくなります。

 

書くことを決めずに思い付くままにブログ記事を書いていると、何について書いているのかが自分でもわからなくなる上に、誰にも読んでもらえません。

 

そういう人は、記事タイトルにSEO対策もしていません。ブログ記事を書いた後に「何でもいいや」と思い、適当にタイトルを付けています。それではクリックさえされません。

 

読んでもらえる記事を書きたい場合、タイトルと記事の結論を記事を書く前に決めておきます。

タイトル「部屋を短時間で片付ける方法」

結論「出したモノはどこに仕舞うかを最初から決めておく」

 

後は、PREP(プレップ)法に沿って、

結論(Point)→ 理由(Reason)→ 具体例(Example)→ 結論(Point)

の順番で記事を書いていきます。

こちらの記事も参考にしてください。

blog.akira-workshop.com

 

タイトルと結論を先に決めておくことで、余計なことが書きにくくなります。結論が「出したモノはどこに仕舞うかを最初から決めておく」なので、後は結論に対する「理由」と「具体例」を書けばいいだけです。それ以外の余計なことは書かなくて大丈夫です。余計なことを書くと、また何を書いているのかがわからなくなるだけです。

 

ブログ記事を書いていても、自分自身で何について書いているのかわからなくなる人は試してみてください。

 

一番良い方法はノートに手書きで「タイトル」「結論」「理由」「具体例」を箇条書きで書き出してから、ブログ記事を書くことです。騙されたと思って一度試してください。きっと内容がブレにくくなります。

 

ブログ記事を添削して欲しい人はいつでもご相談ください。ブレにくい記事の書き方をあなたに教えます。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com