ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

プレゼン資料をプロに作ってもらっても自分で作らなければ上達はしない

プレゼン資料をプロに作ってもらうサービスもありますが、プロに作ってもらっても意味はありません。なぜなら自分で作っていないため、いつまで経っても上手くはならないからです。社外での重要なプレゼンをプロのデザイナーにお任せするのは良いですが、社内のプレゼンまですべてプロに作ってもらうことはできません。費用対効果が悪すぎるからです。

 

私はプレゼン資料の添削も行っていますが、

  • どこが悪いのか
  • 何が伝わりにくくしているのか
  • 何が見にくいのか

を相談してくれたお客様に口頭で伝えるだけで、プレゼン資料の内容がかなり改善します。私に言われたことを自分で考えながら、自分の手で手直しするため、プレゼン資料作りが徐々に上手くなります。

以下の記事が検索され、かなり読まれているのでご自分でプレゼン資料を作る際の参考にしてください。

blog.akira-workshop.com

 

プロのデザイナーさんが手直ししたプレゼンはとてもキレイですが、それを参考にして今後は自分で作れるかというと作れません。プロのデザイナーが持っている技術をあなたは持っていないからです。

手直しだけされても、

  • どこが悪いのか
  • 何が伝わりにくいのか

を自分で理解できていないと、次のプレゼン資料も同じようにわかりにくいプレゼン資料を作ってしまいます。

 

私は16年間、数々のプレゼン資料を手直ししてきました。人のプレゼン資料を手直しする際に重視していることは「その人独自の作り方や言い回しがあるので、それをなるべく残したまま、わかりやすくしてあげる」ことです。

プロが手直しすると、プレゼン資料を作った本人の「らしさ」がなくなってしまうため嫌がる人もいます。

 

それと同じで、あなたらしさを残したままプレゼン資料作りが上手くなりたい場合は、プレゼンの添削をプロにしてもらって、それを元に自分で手直しすることです。

 

プレゼン資料がキレイに作れるよりも、多少デザインがブサイクでもわかりやすく作れるほうが聞き手には伝わります。本気でプレゼン資料作りが上手くなりたいなら、ぜひ私に相談してください。あなたの作ったプレゼン資料を見ながら、改善点を伝えます。個別相談では、あなたのプレゼン資料を私がチェックしながら、その場で改善点を伝えますし、プレゼンの添削サービスでは動画でお伝えします。改善点を聞くだけでも、あなたが次に作るプレゼン資料は良くなりますよ。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com