ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

読まれるパンフレットの作り方を教えてください

「パンフレットを作ったのでアドバイスが欲しいです」と、たまにお客様から相談されます。

まず、ご自分でパンフレットを作っているのが素晴らしいです。デザイナーに丸投げして終わる人や会社が多い中、自分で良いものを作ろうと試行錯誤しているのがスゴイです。

 

そこで。せっかくやる気があるなら読まれるパンフレットを作りましょうという話です。私が的確なアドバイスをします。

 

読まれるパンフレットにするためには、

  • 何を目的としてパンフレットを作るのか
  • パンフレットで伝えたいことは何か
  • パンフレットを読んだ人にどうして欲しいのか

この3つを最初に考えます。

 

何を目的としてパンフレットを作るのか

ほとんどの人がパンフレットを作る際に、「なぜパンフレットを作る必要があるのか?」を考えていません。作る必要がないパンフレットをわざわざ作る人もいます。そういうパンフレットは読まれません。

パンフレットを作るにも「何を目的として作るのか」を考えなければ、パンフレットを手に取って読んでもらえないのです。

多くの人に知ってもうため、リピートしてもらうため、商品に隠された秘話を知ってもらうため。作る目的を考えてみましょう。

 

パンフレットで伝えたいことは何か

パンフレットを作る際に「これだけは伝えたい」ことが何かあるはずです。もし、なければ作っても意味がありません。パンフレットを読んでも印象に残るものが何もないなら、役割を果たせていません。それならないのと一緒です。せめて必要な人にだけは届くように伝えたいことを考えましょう。

 

パンフレットを読んだ人にどうして欲しいのか

パンフレットが誰かに読まれたとします。では、読んで終わりなのかというと、そうではありません。パンフレットを作っているなら目的があって作っているはずです。その目的を達成するためには、「どういう行動を取って欲しいのか?」を考えます。

電話してほしい、メールしてほしい、ホームページを見てほしい、見学に来てほしい、口コミしてほしい。などなど。色々とあると思いますが、読んだ後に、どういう行動を取って欲しいのかを考えてみましょう。

 

パンフレットを作る際は、思い付いたことをドンドン書き留めてください。それを繋ぎ合わせて文章にしていきます。ある程度、文章がまとまってきたら、順番を考えます。最初にどの文章からはじめると、次の文章も読みたくなるのか。パンフレットも流れが重要です。文章の流れがぶつ切れだと人は途中から読まなくなります。そうならないように、次を読みたくなる文章の順番をよく考えてください。

 

私はDTPデザイナー(印刷系デザイナー)歴が19年のプロです。それもお客様との打ち合わせからデザインまで私が一人でやっています。そんなデザイナーはなかなかいません。ほとんどのデザイナーは言われたことをやって終わりです。一緒にパンフレットの内容まで考えるデザイナーは稀です。パンフレットを作ってもなかなか読まれずに困っている場合は、いつでも相談してください。一緒に読まれるパンフレットを作りましょう。

blog.akira-workshop.com