ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

やすとものどこいこ!?のロケに再び遭遇【エッセイ】

五十肩がなかなか完治しないので、毎週整骨院に通っている。

週に一度、昼前に整骨院に行って、帰りにランチを食べて、なんばや心斎橋をブラブラして帰るのがその日の日課。

 

今回は久々になんばパークスの北野エースに行こうとしたら、やすとものどこいこ!?のロケに遭遇。

www.tv-osaka.co.jp

実は北野エースでやすとものロケに遭遇するのはこれが2度目。

 

北野エースの近くにフランフランがあるのだが、フランフランの前になんだかよくわからない人がたくさんいる。「今日は何かあるのか?」と思って前を通り過ぎると、北野エース前にカメラマンがカメラを構えている。

「あー、やすとものどこいこ!?のロケか」と思ったら、案の定やすよともこさんがいた。

 

北野エースに入りたいけど、入れない。しばらく待ってみたが15分経っても出てくる気配がない。

「仕方ない」と思って、北野エースの前を通り過ぎる時に中を見たら、ちょうどカメラがこちらを向いていた。

「しまった。写り込んでしまった。。」

 

ロケなんてほとんどカットされてるだろうから、私が写ってる可能性は低いけど、もしかしたらマスクをしたヌボっとした女が写り込んでいるかも。嫌だなー。

 

結局、北野エースには行けず。

 

それにしても地方のテレビ局のロケでもあれだけたくさんのスタッフがいるのが驚き。やはりタレントさんがロケに参加していると、マネージャーさんやメイクさんやスタイリストさんが必要なので、あれだけ人がいっぱいになるんだと感心する。なんばパークスのスタッフもウジョウジョいたし。

 

これが全国放送のロケならどれだけスタッフがいるんだ。と考えるとすごい人数になるんだろうなと思う。テレビってすごいね。

 

それにしても。やすとものどこいこ!?の北野エースの出現率が高い。2度も北野エースで遭遇するなんて高確率だ。ゲストは知らない芸人さんだったのが残念だなー。

関西在住の人は、良かったらチェックしてね。いつ放送なのかは知らんけど。

blog.akira-workshop.com