ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

何度も起業して何度も失敗している人は案外多い

「過去に数回起業しましたが失敗しました」と、何度か起業に失敗している人は案外多いのです。私のお客様でも起業し、失敗して、また起業するを繰り返している人が数人いました。

以前、人生初のスピリチュアル鑑定を受けたのですが、鑑定してくれた人も何度も起業しては失敗し、結局成功するまでに9年半かかったそうです。

 

という感じで、一度目の起業で成功する人は少ないです。ほとんどの人が起業しても稼げずに、会社勤めに戻ります。結局、起業してすぐに成功する人は、ほんの一握りなのです。

 

アンパンマンの原作者である、やなせたかし先生の本を読んだことがあるのですが、70歳になってから「売れた」そうです。それまでは、色んな仕事をやって食いつないでいたとのことでした。

「売れる」までは時間がかかるのが普通です。というか売れないで終わる人が大半です。

 

なので、起業して、ほそぼそとでも食べていける人はスゴイです。ほとんどが廃業か休業している現状を考えると続けられている時点でスゴイです。

 

一つの仕事だけで食べていけないなら、今は複業(複数の仕事を持つ)という素晴らしい選択肢もあります。私なんて最近は完全に複業状態です。メディカルイラストレーターとDTPデザイナーとデザインコンサルとブログコンサルとコインパーキングオーナーと占い師をやっています。本業が何か最近わからなくなってきました。こうなったら他にも色々と仕事を増やそうかと考えています。

 

そんな感じで、あなたも一つの仕事にこだわらず、色々と掛け持ちしながら起業を継続すれば良いのです。今の時代、何が起こるかわかりません。一つの仕事に頼りすぎるのも危険です。色々とやっていると、そのうちどれかは残ります。全部残った場合はラッキーです。

 

一つの起業で短期間に成功する人は滅多にいません。それよりも長く楽しく続けられそうなことを色々とやってみましょう。20年ぐらい経てば「知らないうちに成功していた」ということも考えられます。今は皆さん長生きです。老後まで続けられる仕事を焦らずに見つけましょう。

blog.akira-workshop.com