ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログを書いても最初は誰にも読まれなくて当然だと思って書き続けよう

ブログを書いても誰にも読まれなくて悩んでいるお客様からよく相談されます。ブログを書いても読まれていないので、他のブログサービスへの乗り換えを考えたり、ドメインを変更しようとしますが、無駄な努力です。ブログを書き始めて半年間は読まれなくて当然だと思っておきましょう。

 

ブログを書き始めた当初は有名人ではない限り誰でも読まれません。人生で初めてブログを書いた人なら、仕方のないことです。書き方もわかっていませんし、何を書けばいいのかもわかっていないからです。もちろんSEO対策もまともにしていません。

 

SEO対策をしっかりしているブログでも3ヶ月はほぼ誰にも読まれません。ワードプレスでブログを書いているなら、SEO対策をしていても、6ヶ月は誰にも読まれないこともあります。それが普通です。

 

そのため、読まれないことを気に病むよりも、読まれる記事にするために

  • 他の人のブログを読み漁る
  • SEO対策について勉強する
  • お客様の悩みを考える

などを、ブログが読まれない期間にやれば、そのうちに読む人が出てきます。

 

私はタロット占い師としてアメブロでブログを書いたのが最初ですが、書き始めてから6ヶ月の間は記事を何度も書き直しました。記事タイトルも何度も変更しました。その結果、アメブロユーザーではなく、GoogleやYahoo!で検索した人に読まれるブログになりました。

 

ブログを始めた当初は誰にもブログは読まれません。だから、何を書いても気にすることはないのです。嫌ならすぐに消すこともできます。何度でも書き直せます。読まれていない期間を利用して、ブログの書き方を上達させていくのです。

 

どのブログサービスを使っても、どのドメインを使おうが関係ありません。読まれない記事は、そのまま何もしなければ読まれないままなのです。

 

ブログを書き始めてから3ヶ月〜6ヶ月はほぼ誰にも読まれません。6ヶ月経った頃から、あなたのブログ記事が誰かに読まれ始めます。そこからがスタートだと思って、気長にブログ記事を書き続けてください。ほとんどの人はブログを書き始めて3ヶ月で挫折します。3ヶ月はまだ準備期間です。そんなに気が短くてはブログでもSNSでも続きません。焦らず気長にブログを書き続けましょう。

blog.akira-workshop.com