ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

お客様が入っているなら自分のことではなくお客様のことをブログに書かなければ集客に繋がらない

起業初期にご相談に来られたお客様からは「ブログに書くことがありません」と、よく相談されます。そんな時は「自分が悩んでいたことや、人が悩んでいそうなことを考えてブログを書いてください」とアドバイスします。

blog.akira-workshop.com

自分の悩みをお客様の悩みに見立てて、その悩みについてのアドバイスや解決策をブログに書くと、記事が書きやすくなります。

 

ですが、それはお客様がまったく入っていない状態の時の話です。お客様が入っているなら、必ず実際のお客様から相談された悩みについてブログ記事を書いてください。そうしないとブログ記事に真実味がなくなります。読者からは「また自分の話か」と思われます。

 

いつまでも自分のことや自分の体験談だけを書いていては、集客に繋がりません。

 

事実に基づいた話であるほど、人は共感してくれます。「実際に悩んでいる人が、どういう悩みを持っていて、その悩みがどうやって解決したのか。」そんなリアルな話をブログ記事として書くと、同じ悩みを持つ人は自分が体験したかのように感じます。そして、その記事を読んだ人に「実際に解決できたなら、私の悩みも解決できるかも」と思ってもらえます。

 

あなたの体験談ばかりでは、ブログ記事が偏ります。どの記事を読んでもあなたの話しか書かれていないなら、お客様が入っていないとも思われます。

実際のお客様の話を書くのは抵抗があると思いますが、実名を出す訳でも個人情報を晒す訳でもないので、安心して書きましょう。事実を書くことによって、ブログ記事を読んだ人が共感してくれ、お申し込みに繋がります。

 

ブログ記事を書き続けても集客に繋がっていないなら、自分のことばかりを書いている可能性があります。その場合は、お客様に相談された内容をそのまま書いてください。きっと集客に繋がっていきます。書き方がわからない、書くことに抵抗がある人はいつでもご相談ください。

blog.akira-workshop.com