ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

繊細な人ほど人の気持ちがわかっていない

HSPや繊細さんと自らを呼ぶ人がお客様として相談に来てくれることが多々あります。そういうお客様のブログを読んでいると「ある共通点」があります。

「自分をわかってほしい!」という心の叫びがブログに出まくっています。自分のことばかりを書き、自分が今までどれだけ辛かったのかを書いています。

そして、自分と同じような繊細な人をお客様にしたいと考えています。以前の記事にも書いたことがあります。

blog.akira-workshop.com

 

自分のことをわかって欲しい気持ちはよくわかりますが、その前にもっと考えるべきことはお客様の気持ちです。

 

「自分らしく」とか「我慢しない」を何度もブログに書いていますが、そもそも人は「自分らしく生きれていない」「私は我慢している」とは考えていません。

自分が繊細であると気付いた後なら、そう感じると思います。ですが、今はまだ「自分は繊細だ」と、思ってはいないのです。

  • 学校や会社などの集団生活に馴染めない
  • 彼氏の顔色ばかりをうかがってしまう
  • 私にだけ誰も挨拶してくれない
  • 同性の友達ができない
  • 子供の何気ない言動にイライラする
  • 会社のブラインドが閉まっていないと心臓がドキドキする
  • 社内の匂いが気になって集中できない

などなど書き出せばもっとありますが、人は日常的な悩みを抱えて長年悩んでいます。どうしてそのことに気付かないのかと不思議に思います。

 

HSPの人は、私が書き出した内容に心当たりがあるのではないでしょうか?

 

HSPや繊細さんを集客したいなら、自分がどんなことに悩んでいたのかを思い出してみてください。些細な日常の出来事に悩んでいたはずです。そこから「自分はどうしてこんなに些細なことが気になるのだろう。人と違うのだろう。」と悩み、色々と調べ、自分がHSPであることに気付いたのではないでしょうか。

 

自分をわかって欲しいのは、お客様も同じです。それならお客様の気持ちになって考えてみてください。どんな日常を送り、どんなことに悩んでいるのか。それが考えられない人は、本当に繊細なのかと疑います。単に「独りよがりな人」になってしまいます。

smartlog.jp

 

人の気持ちが考えられない人は集客には向いていません。なぜなら、集客するには人に共感してもらうことが必要だからです。人の気持ちを考えられる人になりましょう。

それこそHSPの気質を最大限に活用してください。過去の自分や今の自分がどんな時に「ドキッ」としたり「イラッ」としたりするのかを考えれば、ブログのネタはいくらでも出てきます。それをブログに書きましょう。そうすれば、繊細さんもあなたのブログを読んでくれるようになりますよ。

blog.akira-workshop.com