ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログの内容をユーザー目線で書くって何を書けばいいですか?

まず、ユーザー目線のユーザーが誰なのかをわかっていない人がほとんどです。あなたにとってのユーザーとは、あなたのお客様のことです。では、お客様の目線で書くブログの内容とは何でしょうか?

 

お客様目線でブログに書く内容とは、

  • お客様の悩み
  • お客様の知りたいこと
  • お客様の知らないこと
  • お客様のなりたいこと
  • お客様のやりたいこと

です。

 

例えば、あなたがタロット占い師を副業にしたい人向けにサービスを提供しているとします。その場合、あなたのお客様になる人は、Googleでどのように検索するでしょうか?

  • タロット占い 副業
  • 初心者 タロット占い
  • タロット占い 通信講座
  • 副業 タロット 稼げる
  • タロット占い師 なるには
  • タロット占い 初心者 難しい

などなどで、検索するはずです。

 

これらのキーワードを使ってブログ記事タイトルを考えます。

  • タロット占い副業する際に必要なこと3つ
  • 初心者でもタロット占い師にすぐになれますか?
  • タロット占い通信講座で十分習得できます!
  • 副業ならタロット占いがオススメ!稼げる占い師になる方法教えます!
  • タロット占い師なるには?実際に占い師になるまでを解説
  • タロット占い初心者には難しい

というタイトルになります。

そして、タイトルの内容に沿った記事を書きます。

 

まずは、あなたのお客様は「何に悩んでいるのか」「どういう情報を知りたいと考えているのか」を真剣に考えましょう。

 

あなたの名前、あなたの日常、あなたの子供の話、あなたの最近の出来事や季節の挨拶を書いている人が多いですが、そんな話はまったく知りたくありません

 

まさにユーザー目線でなく自分目線です。それを読んで「ぜひ申し込みたい!」と思う人がいるとあなたが本気で考えているなら、かなりヤバいです。

 

Googleで検索する人は、あなたのことは知りません。あなたとわかってブログ記事を読んでくれている人はいません。そのことをまずは理解しましょう。

あなたのことは知らないけれど、あなたがお客様の悩みや知りたいことを考えて書いた記事を読んだ人は、あなたのブログに興味を持ちます。ブログ記事に書いている内容に興味を持ち、何度かブログを訪問してくれた後に、あなたに興味を持ちはじめます。

 

1. キーワードで検索

2. クリックして記事を読む

3. 共感

4. ブログを何度も読みに来てくれる

5. あなたに興味を持つ

6. お問い合わせやお申し込みが入る

という順番を辿ります。

 

ほとんどの人が、1〜4をすっ飛ばして、「5.あなたに興味を持つ→6.お申し込み」の順番だと思っています。そう考えているうちは、ブログから集客はできません。

 

あなたのお客様は何に悩み、どんな情報を探しているのかを真剣に考えましょう。それが考えられるようになれば、あなたはユーザー目線でブログ記事を書けるようになります。一人ではユーザー目線が考えられない場合は、ぜひご相談ください。一緒に考えましょう。

blog.akira-workshop.com