ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

エッセイと集客ブログの違いは何ですか?

エッセイとは、書き手の思うがまま(思ったこと・感じたこと・考えたこと)に書き記した文章のことを指します。

集客ブログは、お客様の知りたいこと、知らないこと、悩みについて書いた記事のことです。

 

集客できない人のブログを読んでいると、ほとんどの人が中途半端なエッセイ記事を書いています。エッセイを書いている途中から無理やり集客用のブログ記事を付け足している感じです。そのため、「誰に向けて書いている記事なのか」「何について書いたエッセイなのか」が読んでいてもわからないので、結局は誰にも読まれません。

 

私もエッセイ記事を書いていますが、実はかなり計算して書いています。

blog.akira-workshop.com

 

好きなことを好き勝手に書いているように思われているかもしれませんが、それも私の計算です。記事タイトルを付ける際もSEO対策をしています。そして、人が興味ありそうなことを書いています。そのため、エッセイ記事もGoogleやbingで検索、クリックされ、読まれています。

 

エッセイ記事を書く際も、記事タイトルには必ず人が興味を持つようなタイトルを付ける必要があります。「今日のハッピー!」や「息子の成長」というタイトルを付けても、誰にも興味を持ってもらえません。そもそも読者はあなたのことをまったく知りません。あなたのハッピーなことやあなたの息子にはもっと興味がありません。何が書いているのかもタイトルから読み取れません。そのため、せっかく書いたエッセイ記事でも誰にも読まれないままで終わります。

 

エッセイ記事を書くことによって、同じことに興味のある人は読んでくれます。その上、書いた人の人柄や好き嫌いもわかります。そのため、集客ブログだけを書くよりは、たまにエッセイ記事を書いたほうが、あなたの考え方が読者には伝わりやすくなります。

 

「私もエッセイ記事を書いても良いですか?」とたまにお客様から質問されるのですが、ジャンジャン書いてください。ただし、ポエムのようなエッセイ記事を書くと、結局は誰にも読まれません。その辺りは注意して書きましょう。

blog.akira-workshop.com