ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

大阪の髙島屋でも買える「出町ふたばの豆大福」【エッセイ】

すごーくお世話になった人に贈り物をしようと思い、難波の髙島屋へ。自分では買わないけど、人にもらったら嬉しいモノは何だろう?と考えた結果、最高級のシャインマスカットを買った。めちゃくちゃ高かったわー。

 

そのついでに、私にも何かおやつを買おうと思い、同じフロアにある「銘菓百選」へ行ってみた。全国にある有名店のお菓子が色々と売っている。たまに行くのよね。

www.takashimaya.co.jp

 

その中でも特に「出町ふたばの豆大福」が売っている日に行くとラッキー。今日は入荷日だったらしく、豆大福が運よく売っていた。

tabelog.com

 

関西地方の人以外は知らない人も多いだろうけど、出町ふたばの豆大福は超有名な大福。京都のお店に行くと、店の前はいつも大行列!買うだけで一苦労だ。

それが並ばずに買えるので、髙島屋に行くと、ついつい銘菓百選に行って大福が売っていないかをチェックするのが癖になってしまった。

 

私は味を表現するのが下手なので、何が美味しいのかは上手く書けないけど、とにかく大福と豆の絶妙なバランスが良い。本当に美味しい。

 

京都に行くのは遠いけど、難波の髙島屋ならすぐに行ける。3個入りで600円(税込)なので、そんなに高くない。京都まで行く電車代もかからないし、ラッキーだ。

出町ふたばの豆大福

 

大阪に来た際は、ぜひ高島屋の銘菓百選に行ってみてほしい。本当に有名なお店のお菓子がたくさん売っている。舟和の芋ようかんまである。

 

私のオススメは「出町ふたばの豆大福」と「阿闍梨餅」。どちらも京都の和菓子。とっても美味しいよ。

blog.akira-workshop.com