集客の悩み相談室|集客のブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、販促用のチラシやパンフレットの作り方やデザイン方法を男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログに画像を貼る際は著作権を確認する必要がある

お客様のブログを見ていると、著作権や肖像権がある画像を断りもなく貼り付けている場合があります。

 

画像の下に「画像をお借りしています」と書かれていはいますが、明らかに無断で使用しています。

 

これは犯罪です。正確には著作権侵害にあたります。無断使用の著作権侵害で訴えられても文句は言えません。

www.risewill.co.jp

 

もし、著作権がある画像を使用したいなら、その画像を撮影した人や作った人、著作権を持っている人に必ず許可を取る必要があります。

 

アニメや漫画の画像を勝手に使用している人も多いですが、本当にブログの載せたいなら出版社に連絡し「使ってもいいですか?」と許可を取る必要があります。

 

俳優やアイドルの画像を使う場合も同じです。所属事務所に許可を取る必要があります。

 

個人が撮影した写真も同じです。勝手に使ってはいけません。

 

私は以前に某学会のポスターをドクターに頼まれて作ったことがあります。その際、個人で撮影した風景画像をブログに載せている人の画像を使いました。もちろん、私に作成を依頼したドクターに使った画像すべての著作権者に連絡を取ってもらい「使ってもいいですか?」と聞いてもらいました。

 

すべての著作権者の承諾をもらえたので、無事にポスターとして作成することができました。

 

私はデザイナーなので、著作権にはかなりうるさいです。その上に、法律事務所で勤務していたこともあるので侵害訴訟にも詳しいです。

 

そのため、勝手に人の画像をブログに使っているお客様には「著作権を完全に侵害してるので、即刻削除してください」と言います。

 

勝手に人の画像を使うのはダメですが、著作権フリーで使える無料画像を提供しているサイトもあります。

 

有料ならもっと色々とあります。

 

自分のスマホで撮影した画像を使うか、自分で描いたイラストを使うのは問題ありません。

 

それよりも、もっと良いのは画像をブログに使わないことです。画像を使っても、ブログの検索順位に効果が出ていない人が大多数です。それなら使わないほうが楽です。

 

著作権を侵害した画像をブログに貼るのは、かなりのリスクがあります。「見つからなければいいや」という考えは危険です。あなたの画像も勝手に人に使われているかもしれません。

 

その人が捕まって「あの人のブログから拝借しました」とあなたのブログを言えば、あなたも同じ著作権侵害で訴えられます。ということも考えて、ブログに画像を貼る際は、著作権を侵害していない画像を貼りましょう。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について