集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

なぜ男性はやたらとモノを投げるのか?

多くの男性を見ていて、前から不思議に思っていたことがあります。「モノを投げる男性が多い」ということです。

  • 会計で店員にお金を渡す際、お札や小銭をトレーに投げる
  • お店で商品を手に取った際、戻す時に投げて戻す

 

投げている男性を見ていると「モノを投げている」意識はまったくなさそうです。投げている男性からすると「投げる=渡す」「投げる=置く」といった感じです。

 

特に、お店の店員さんに対して「モノを投げている」人が多いです。コンビニや飲食店などで、トレーにお金を投げている男性を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

こういう男性の特徴としては、「店員に偉そうな態度で接する」です。

  • 何を聞かれても無言で返事をしない、無愛想でしかめっ面
  • やたらと店員に文句を言っている

この2パターンが多いです。

 

その上、人としての余裕が感じられず、イライラしている人も多く見受けられます。

 

モノを投げる男性は、店員のことを人として意識したことがないと思われます。「店員=自分と同じ人間」ではなく、「店員=店員」であって、自分と同じ人としての感情を持っていると考えていません。

 

店員にやたらと文句を言う男性やお金を投げて渡す男性を見ると「この人は、相手の気持ちを考えられない人なんだな」と思います。そんな人は、誰にも相手にされず悲惨で惨めな人生を送っているんだろうと想像できます。

 

男性がモノを投げている姿を見ると、逆に「かわいそうな人」に見えてきます。相手の気持ちが考えられいため、結婚していても家族への態度も良くないし、会社でも嫌われています。自分のことしか考えていないので、家族や同僚からも冷たくされているのでしょう。

 

自分のことしか考えていないように見えて、実は自分のことさえも考えられていません。想像力を少し働かせれば、人への態度が悪いと、人からも態度を悪くされることが容易に想像できます。ですが、それもわかっていません。ますます自分の立場を悪くしているだけです。

 

という風に、モノを投げるという行為だけで、私のような人に色々と想像されてしまいます。かわいそうな人と思われないために、モノを投げるのはやめましょう。ちゃんと相手に「ありがとう」と言って、丁寧に渡してあげてくださいね。それだけで、あなたの人生が変わってきますよ。

blog.akira-workshop.com