集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログ集客では結論や答えのない記事を書いてはいけない

ご相談に来たお客様が書いたブログ記事を私は必ず読みます。読んでいて一番ダメだと思う記事は「結論や答えが書かれていない記事」です。逆に疑問系で読者に聞き返しているブログ記事が一番最悪です。

 

例えば、「ブログ記事の書き方を教えてくれないコンサルが多い理由」と、記事タイトルを付けていたとします。

 

疑問形で書いているにも関わらず「記事の書き方を教えないコンサルって多いですよね。あれはどうしてなのかと以前から不思議に思っていました。あなたはどう思いますか?」と、逆に読者に聞き返すブログ記事を書いている人がいます。

 

「いやいや、その理由を知りたいからブログ記事を読んでるんだよ。」とツッコみたくなります。

 

結局、最後まで読んでも「答え」がどこにも書かれていません。読んで損した気分になります。そんな人のブログ記事は二度と読みません。

 

ブログ記事を読む人は、「知らないことの答えを知りたい」「自分の悩みを解決する方法」などを探しています。それなのに、答えがない記事なら読む意味がありません。素人だと言うことが読者にバレます。そんな記事で集客できるハズがありません。

 

無理して自分の知らないことを記事に書くと、結論や答えがない記事になります。知らないことを無理して書く必要はありません。

 

自分の知っていることをブログ記事に書いてください。自分の体験したことや経験したこと、人から聞いた話でも、必ず「答え」がある記事を書きましょう。

 

自分の中で答えを探している途中なら「考察記事」として書くといいです。考察記事でも、現時点で考えている自分なりの「答え」を書く必要はあります。

 

集客のためにブログ記事を書いているなら、「答え」をのんびりと考えている場合ではありません。プロとして商品やサービスを提供しているなら、必ず自分なりの「結論」や「答え」を持っているハズです。それを記事に書きましょう。

 

書き方がわからない人は、いつでもご相談ください。

blog.akira-workshop.com