集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

アメブロからワードプレスに誘導したほうがいいですか?

「今、アメブロでブログを書いていて、ワードプレスも始める予定ですが、アメブロからワードプレスに誘導したほうがいいでしょうか?」と、女性のお客様に相談されました。

 

結論としては、誘導しなくてもいいです。わざわざ誘導する必要はありません。アメブロ内で完結させたほうが、読者にとっては親切です。

 

記事タイトルに興味を持ち、クリックすると「詳しくはコチラへ」とアメブロの記事では内容を書かず、ワードプレスの記事に誘導している人がいます。

 

これは読者の手間を増やすだけなのでやめたほうがいいです。ブログ記事は必ず1記事内で書き切ってください。

 

アメブロで記事を書き切った上で「もっと詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。」と書いて、ワードプレスの記事へのリンクを貼るのはアリです。

 

興味のある人はワードプレス記事のリンクをクリックしますし、興味のない人はクリックしません。

 

ですが、せっかく作ったワードプレスを活用したい気持ちもわかります。私も占い師時代に、アメブロからワードプレスに誘導していました。

 

その方法ですが、ワードプレスにメニューや料金詳細のページを作り、アメブロの記事の最後に、そのページへのリンクを貼っていました。

 

アメブロのブログ記事を読んでくれた人が、詳しいメニューを知りたい場合にのみワードプレスのサイトへ誘導していました。

 

最初はアメブロだけで記事を書いていたのですが、途中からワードプレスでも記事を書き始めました。その内、ワードプレスのほうがGoogleやYahoo!で検索されるようになったため、メインブログをワードプレスに移したのです。

 

アメブロとワードプレスでそれぞれにメニューや料金詳細を載せるのが面倒だったので、申し込む場合は、一旦ワードプレスに移動してもらっていました。

 

アメブロの記事を読む

記事に興味を持つ

詳しいメニューや料金を知りたくなる


ワードプレスのメニューや料金詳細ページへ移動してもらう

という流れです。

 

そもそもアメブロとワードプレス、2つのブログを管理するのは大変です。ブログは1つにしたほうが管理も更新もしやすいので、1つに絞ってみてください。パソコンが苦手な人はアメブロ、パソコンが得意な人はワードプレスが良いでしょう。

 

パソコンが苦手だけど、ワードプレスで記事が書きたい人は、いつでも相談してください。一緒にワードプレスを設定しましょう。