集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

情報の内容が良くてもわかりにくければ誰も見ないし読まない

ブログやホームページのデザインに凝る必要はありません。私は20年間プロのデザイナーをやっていますが、デザインに凝りすぎることが嫌いです。

 

デザインに凝り過ぎると見た目はキレイですが、情報を読んでもらえません。「キレイ!」と思われて終わります。

 

それよりもブログやホームページに載せている情報を読んでもらうことが大事です。それはチラシやパンフレットでも同じです。

 

デザインは情報を読んでもらうための「補助」だと私は考えています。内容をわかりやすく読みやすくするためにデザインが存在しています。

 

そのため、どれだけ良い情報を載せていても、わかりにくくて読みにくいなら誰も読みません。

 

内容の良さに溺れて、デザインを軽視すると、結局は誰も見ないし読みません。何事にも「ほど良い加減」があるのです。

 

ブログ記事を書いても「改行のし過ぎ」や「改行のしなさ過ぎ」は、記事を読みにくくします。適度なところで改行を入れる、または改行を入れないことで、今まで読まれなかったブログ記事が読まれることもあります。

 

見出しだけ文字を大きくして下線を入れるだけで、どこが段落の始まりかがわかるようになり、読みやすくなります。金額だけ太字にすると、それぞれのメニューの金額がすぐに理解できます。

 

「何をどの順番で読んで欲しいのか」を考えながら、ブログ記事を書いたり、チラシの内容を考えると、

  • どこで改行や句読点を入れるのか
  • どこの文字を大きくするのか

がわかるようになります。

 

結局はブログやホームページ、チラシも人に読まれてナンボです。あなたも同じ人間なので、どこで改行を入れれば読みやすいのかがわかるはずです。

 

ごちゃごちゃしてわかりにくいモノは読まないし、改行や句読点がなければ何を書いているのかが理解できないのは誰でも同じです。

 

「どうすればわかりやすくなるのか」「どうすれば読みやすくなるのか」を、普段から少し意識するだけで文章の書き方が変わってきます。何も考えずに書いても文章の書き方は上達しません。

 

ブログやホームページに良い情報を載せているのに読まれなくて悩んいるなら、いつでも相談してください。読まれるように情報を一緒に整理しましょう。

blog.akira-workshop.com