集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ステップメールでお客様を教育しようと考えています

「LINE公式アカウントは突然消されることもあるので、メルマガをやりたいです。メルマガのステップメールでお客様を教育しようと考えています。」と、女性のお客様に相談されました。

 

私も以前、メルマガとステップメールをやっていたことがあります。ステップメールに登録してもらい、ステップメールが終わったらメルマガが送られてくる流れです。

 

幸いなことに、私のステップメールはとても評判が良かったです。ブログ集客での実践的な内容を8日間かけて配信していました。

 

取り組んだ内容を毎日送ってくれる人もいたほどです。「他の人のステップメールとは内容が全然違いました!」という感想も良く送られてきました。

 

ですが、それでお客様を獲得し、教育できるのかというとできません。

 

まず、ステップメールに登録してもらうことが大変です。

 

私は1日に1人登録してもらうことを目標にしていましたが、ほとんどの人は登録さえしてもらえません。登録してもらえないので、お客様を獲得できません。

 

その上、ステップメールやメルマガの内容だけでお客様を教育するのは無理ゲーです。

 

なぜならメール自体、何を書いているのか、何を説明しているのかが読んでもわからないからです。文章の構成が下手すぎて、読んでも内容が頭に入ってきません。

 

内容が理解できたとして、ステップメールで課題やワークを載せても、ほとんどの人が取り組みません。

 

取り組む内容が多すぎて、見ただけで嫌になるからです。人は面倒なことはしません。簡単なことだけしかやらないのです。

 

真面目な人ほど「ステップメールでお客様を教育したい」と言いますが、メールで教育できるほど、人を教育するのは簡単ではありません。

 

ステップメールはお客様を洗脳する入り口として使うモノであって、お客様を教育するために使うものではありません。

blog.akira-workshop.com

 

教科書を見てください。かなり分厚いです。ステップメールとは文章量が違います。人を教育するためには、膨大な情報量が必要なのです。

 

ステップメールでお客様を教育できると考えているなら、考え直してみてください。

 

それよりも、お客様の役に立つ情報をブログやSNSで発信すれば、読者は勝手に育っていきます。そんなブログやSNSを一緒に作りましょう。

blog.akira-workshop.com