集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログの記事数の目安はどれぐらいでしょうか?

「ブログの記事数の目安はどれぐらいでしょうか?」と、ブログ記事をこれから書くお客様に良く質問されます。

 

自分が書きたいだけ書いてください。これと言った目安はありません。10ページしか書けないなら10ページでもいいですし、100ページ書けるなら100ページ書けばいいです。

 

記事数よりも「記事を読んでくれる人がいて、そこからお申し込みが来るかどうか」が重要です。

 

100ページ書いても、全部読まれていないなら書いた意味はありません。10ページだけ書いて、全部読まれているならそっちのほうが効果があるかもしれません。

 

記事数が多いほうがいい理由は、ブログの滞在時間が伸びるからです。できるだけ多くの記事を読んでもらいブログの滞在時間が延びた方が、お申し込みに繋がりやすいのです。

 

読まれない記事を100ページ書くよりも、読まれる記事を10ページ書いて、10ページ全部を読んでもらえたほうがお申し込みに繋がります。

 

記事は少なくてもお申し込みに繋がる記事が1ページでもあれば、それでいいと覚えておきましょう。

 

100ページ書いても集客に繋がっていないなら、書き方を変えれば繋がる可能性もあります。集客に繋がる記事の書き方を教えているので、いつでも相談してください。

blog.akira-workshop.com