集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

記事を読んで誰が書いたのかを知りたくなればプロフィールを読む

最近、記事の最後に「この記事を書いた人」を入れ、プロフィールへのリンクを貼っているのですが、ビックリするほどプロフィールが読まれるようになりました。

 

これほどプロフィールが読まれているということは、私の記事は最後まで読まれているとうことになります。

 

アメブロのプロフィールが読まれているのは、前にも記事で書いています。

→ 関連記事:アメブロのプロフィールは結構読まれている

 

アメブロのアプリはプロフィールがわかりやすい箇所にありますが、はてなブログはスマホ表示だとプロフィールがわかりにくいです。そのため、記事の最後に入れています。

 

記事の最後に入れてもクリックされているので、本当に記事を読んでいる人が多いんだと実感しました。

 

人があなたのブログに興味を持ち、お客様になるには、

1. キーワードで検索

2. 興味があるタイトルをクリック

3. 記事を読む

4. 共感

5. ブログを何度も読みに来てくれる

6. あなたに興味を持つ

7. お問い合わせやお申し込みが入る

という順番を辿ります。

 

あなたに興味を持てば、あなたの詳しいプロフィールを知りたくなります。そのため、いい加減なプロフィールでは、あなたへの興味も半減してしまいます。

 

プロフィールの書き方は、こちらの記事を参考にしてください。

→ 関連記事:自己紹介は記事に書くよりプロフィールに書いたほうが断然読まれる【音声配信】

 

私のプロフィールはすでに「5,000文字」を超えました。最後まで読んでいる人はほぼいないだろうなと思います。最後まで読める人がいれば、かなりの秋山マニアです。ぜひ一度お話ししましょう。