集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

やることとやらなくて良いことを分ければ手と頭が動くようになる

「やることが多すぎて、何をやれば良いのかわからなくなっています。」と、私に相談するお客様が圧倒的に多いです。

 

話を聞いてみると、技術を教えてもらった先生やコンサルタントから「やらなくて良いこと」を教えられ、真面目に取り組もうとして、結局は何も進まなくなっています。

 

そんな時は、相談の中で出た「やること」をリストにして、お客様に送るようにしています。「やることリスト」を送るとお客様に「やることがわかって、すぐに行動できました!」と、喜ばれます。

 

私が考える「やらなくて良いこと」とは、

  • ターゲットを絞る
  • ペルソナを考える
  • ブランディングを考える

などです。

 

ターゲットを絞る:

「ターゲットが絞りきれていません。」と相談してくれるお客様が多いのですが、ターゲットを絞るよりも、あなたにできることを絞ることが先です。

 

私にできることは「文章の書き方を教える」ことです。そこから何が提供できるのかを考えた結果、ブログ記事の書き方や資料の作り方、チラシのデザインコンサルを商品にしています。

 

あなたにできることが決まれば、ターゲットを絞らなくてもあなたの商品を欲しい人が見えてきます。

関連記事→ ターゲットを絞りすぎるとお客様が来ないままになる

 

ペルソナを考える:

「ペルソナをずっと考え続けていますが、見えてきません。」と、お客様から相談されることもあります。

 

ペルソナは大企業のマーケティングに用いられていますが、個人事業でペルソナを考えても規模が違いすぎて失敗します。考えるだけ時間の無駄です。

関連記事→ 個人事業でペルソナを考えても集客ブログは書けない

 

ブランディングを考える:

自分をブランディングするように教えられ、必死にブランディングしている人もいますが、自分のブランディングに納得していません。

 

自分の考え方が悪いのかもと思い、また別のブランディングを考えますが、それに疲れて相談に来てくれます。自分をブランディングすると、ブランディングの枠からはみ出せなくなり、ツラくなっていきます。なので、すぐにやめましょう。

関連記事→ 自分をブランディングしても何をやっている人なのかがわからなくなるだけ

 

おまけで、

私が考える「やること」とは、「お客様の悩みを考える」ことです。ほとんどのお客様が自分のお客様の悩みを考えずに、「やらなく良いこと」を考えています。それではいつまで経っても集客はできません。

 

自分で「やること」と「やらなくて良いこと」を分けてみてください。そして「やること」だけをやると、すぐに行動に移せます。

 

ですが、ほとんどの人が一人では「やること」と「やらなくて良いこと」を区別することができません。そんな人は、いつでも相談してください。あなたの今やることリストを私が作りますよ。