集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

画像を小さくしているのにデータが重いと出てブログにアップできません

「撮影した画像の要らない部分を切り取って、できるだけ小さくしているのに『データが重い』と出てブログにアップできません。」と、女性のお客様から相談されました。

 

この相談、たまにされるのですが「画像を小さくする」の意味を履き違えています。サイズを小さくしても、データの重さは小さくはなりません。

 

画像の重さの単位を軽いものから順に説明すると、

  1. b:バイト
  2. kb:キロバイト
  3. mb:メガバイト
  4. gb:ギガバイト
  5. tb:テラバイト

となります。

 

スマホで撮影するとデータの重さは3メガバイト〜5メガバイトほどです。ブログやホームページに載せる画像の重さは200キロバイトまでが理想とされています。

 

ということは5メガバイトは、5000キロバイトなので、200キロバイトの25倍の重さです。

 

これだと画像を読み込みに時間がかかりすぎて、ブログを表示するまでかなりの時間がかかります。

 

スマホで撮影した画像をそのままブログやホームページに使う人が多いのですが、撮影したそのままだと使えません。

 

そんな時は「Canva」などのスマホの画像編集アプリを使ってデータの重さを小さくします。

 

Canvaでブログに載せる画像を編集するなら、

  1. デザインを作成からカスタムサイズを選ぶ
  2. 「幅:640、高さ:480(または360)、単位:px」にする
  3. アップロードで撮影した画像ファイルをアップロードする
  4. アップロードした画像をCanvaに貼り付ける
  5. 共有をクリックし、ダウンロードする

これだけで画像の重さが小さくなります。

 

Canvaですぐに画像を作ってもらったのですが「画像に重さがあるなんて知らなかったです!しかもCanvaってめちゃくちゃ便利ですね!」と、喜ばれました。無事にブログにもアップできたようです。

 

画像のサイズや重さについて詳しく説明すると、長くなるので割愛しますが、画像の重さはCanvaですぐに小さくできるので、ぜひ試してください。Canvaの使い方は色んなサイトで説明されているので、検索して自分で調べてみましょう。