集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログで自己開示する記事を書いても集客できる訳じゃない

「自分のツラい過去を記事に書いてください。」「自己開示した記事を書きましょう。」と、アメブロにいるコンサルタントに教えられて、イヤイヤ自分の過去の話を記事に書く人がいます。

関連記事→ ブログには自分のストーリーを書かないとダメだと思っていました

 

人に話したくもない昔のことを記事に書かなくてもブログから集客できます。

 

「自分の辛い過去を書くと、同じ経験をしている人から共感されるため集客できる」と言われていますが、自分をそこまで切り売りする必要もありません。

 

私がタロット占い師の時に書いていたブログ記事は自分の話はほぼ書かず、お客様から聞いた悩みについて書いていました。

 

それでも「記事を読んで私のことだと思いました!」とか「他の占い師が書いていることとは全然違いました!」と依頼してくれるお客様が大多数でした。

 

私のプロフィールは失敗談をかなり書いていますが、同情や共感を誘う書き方はまったくしていません。むしろ事実だけを淡々と書いています。

 

事実だけを淡々と書いたほうが、読み手からすると面白く感じるのです。

 

それにもう昔のことなので、書いたところで私には何の害もありません。

 

人には人に言いたくないことが山ほどあります。人に言いたくないことを我慢して記事に書いていると、結局は記事を書くことが苦痛になります。

 

記事を書くことが楽しめないなら、ブログから集客することはできません。そんな楽しくない記事を読んでお客様になってくれる人はいません。

 

書きたいなら書けばいいですが、書きたくないなら書く必要はないです。そこまでブログに人生を捧げてもブログは何もしてくれません。

 

あなたのことを書くよりもお客様の悩みをブログ記事に書きましょう。そのほうが断然ブログから集客できるようになります。アメブロのコンサルタントの言うことは信じなくて大丈夫です。