集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ターゲット設定ができてもお客様の気持ちがわかっていないと売れない

「ターゲット設定が上手くできません」と、たまにマーケティングを少しかじった程度のお客様から相談されることがあります。

 

マーケティングをどれだけ勉強しても、お客様の気持ちがわかっていないと商品やサービスはサッパリ売れません。

 

それを教えてくれるのが、この本です。

「心」が分かるとモノが売れる鹿毛康司 (著)

 

エステー株式会社のCMを制作している鹿毛(かげ)さん独自の「売れるために何をすべきが」が書かれています。

 

たまにお客様から「マーケティングの勉強をした方がいいですか?」と、相談されますが「勉強しない方がいいです。それよりもお客様から直接悩みを聞く、もしくはお客様の悩みを考えてください。」と答えています。

 

この本を読むまでもなく、あなたの商品やサービスを買ってくれるのは人です。ターゲットではありません。人が買ってくれるのに、人の気持ちを無視している人がとても多いです。

 

心理学を勉強しているカウンセラーでさえ、人の気持ちを考えずにブログ記事を書き、集客できずに相談にきます。

 

それだけ人の気持ちや人の心と向き合うことが、できていない人が多いのです。

 

私もたまに誰のためにブログ記事を書いているのかをウッカリ忘れそうになります。そんな時は自分の過去の記事を読み返して、思い出すようにしています。

 

実は私は「ムッシュ熊雄」の大ファンです。

mushuda.st-c.co.jp

 

熊雄のCMが大好きで何度も観ていますが、「熊雄のCMを作っているのは、この人だったのかー!」と、ビックリしました。

 

エステーのCMの裏話も書かれているので、勉強になる上に面白い本でもあります。

 

マーケティングを勉強するよりも、人をじっくりと観察している方がよほど集客に役立ちます。お時間があってもなくても、読んだ方がいいですよ。