集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン方法などを教えるDTPデザイナー歴20年以上のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン相談など、文章の書き方とデザイン方法をメインに教えています。

集客作業でのブログ記事の書き方・構成・デザインをサポートします@デザインコンサルタント秋山アキラ

五星三心占いの命数下一桁の数字の欲望の種類が当たりすぎている話【エッセイ】

ゲッターズ飯田の五星三心占い 2023 銀のインディアン座を買ってみた。

 

初めて、ゲッターズ飯田の占い本を読んで、私が命数19の「銀のインディアン座」であることを知った。

 

なんでも命数19のタイプは「小学生芸術家」だそう。「小学生芸術家」の基本的性格は「好きなことと妄想に才能を見せるあまのじゃく」とのこと。

 

当たっているといえば、当たっている。

 

それよりも「当たっている!」と感じたのが欲望の種類。命数の下一桁の数字は欲望の種類だそうで、私は「9」。

 

9と0の人は、才能を発揮したい「創作欲」タイプらしい。命数の下一桁の数字によって、持っている欲望の星が決まっている。

 

私は「9」なので、持っている星は以下になる。

  • 変態の星
  • 自由人の星
  • 芸術家の星
  • 心が子どもの星
  • 束縛が嫌いな星
  • 言い訳する星
  • 異性を見る目がない星
  • 人に興味が薄い星
  • 熱しやすく冷めやすい星
  • 新しいことが好きな星

 

特に太字にした箇所は当たっている!

 

変態な上に、異性を見る目がなく、束縛されるのが大嫌いで、人への興味が薄く、新しいことが好きなのに、すぐに飽きてしまう、芸術家肌の自由人。(心が子どもなので言い訳もします)というのが私をよく表現している。

 

この欲望のタイプ別が、五星三心占いで一番面白かった。

 

九星気学では、私は「九紫火星」なので2023年は「本厄」となり、年廻りが悪い。けど、五星三心占いでは「銀のインディアン座」なので、年廻りが非常に良い。ちなみに西洋占星術では「双子座」になるため、こちらも年廻りが良くないかも?

 

色んな占いを勉強していると「占いって勉強すればするほど、よくわからないな。」と感じる。

 

私のプロフィールやエッセイを読んでもらえれば「変態な上に、異性を見る目がなく、束縛されるのが大嫌いで、人への興味が薄く、新しいことが好きなのに、すぐに飽きてしまう、芸術家肌の自由人」ということがよくわかるので、興味ある人はぜひ一度お話ししましょう

© AkiRa Workshop 当サイトの情報を転載、複製、改変等は禁止いたします