集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削などを教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログ読者が増えないのは記事の内容がつまらなさすぎるから

ブログ読者が増えない原因ですが、記事がつまらなさすぎることが考えられます。

 

どんなに記事数が多くても記事がつまらない場合、読者は増えません。毎日ブログを更新することだけを意識している人に多い傾向です。

 

記事数は少ないよりも多いに越したことはないですが、500記事あっても全部の記事が「つまらない」「面白くない」なら読む人がいなくて当然だと言えます。

 

記事数を増やすために、1つの記事を5記事に分割している人もいますが、それが返って読者を減らす原因になっています。

 

内容が面白ければ、一気に読みたくなるのが人の心理です。マンガでも小説でも、期待せずに読んでいたら、面白すぎて止まらなくなり一気に読み終えてしまうことがあります。

 

その後、同じ作者の他の作品も読みたくなり、知らず知らずにファンになっています。

 

それと同じで、面白い記事なら長くても読まれます。逆に面白くない記事は、どんなに短くても読まれません。

 

「面白い記事」というと、勘違いする人もいるのですが、決してお笑い的な内容ではありません。素人が考えたお笑いで面白いものなどありません。

 

面白い記事とは、特定の人が興味を持つ内容です。

 

特にブログから集客したい場合、あなたのお客様となる人が「どんなことに興味があるのか」「どんなことに困っているのか」を考えて記事を書くだけで、面白い内容となり読者が増えていきます。

 

お客様のことを考えながら記事を書いていれば、いつの間にか読者は増え、それと共にお客様も来てくれます。

 

一度、あなたの記事内容を見直してください。あなたが読んで面白い記事と他人が読んで面白い記事は違います。そのことを忘れずに記事を読み返してみましょう。

 

あなたが1人では面白い記事かどうかわからない場合は、私に相談してください。面白い記事か、面白くない記事かどうかを私が教えてあげますよ。