集客ブログ記事の書き方・添削・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン方法などを教えるDTPデザイナー歴20年以上のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン相談など、文章の書き方とデザイン方法をメインに教えています。

集客作業でのブログ記事の書き方・構成・デザインをサポートします@デザインコンサルタント秋山アキラ

ブログ記事を読む前にプロフィールを読む人はいない

お客様のブログ記事を読んでいると、ほとんどの人がブログ記事よりも前にプロフィールを書いたり、プロフィールページのURLを貼り、プロフィールページに誘導しています。

 

記事を読む前に、その記事を書いた人のプロフィールを読む人なんていません。

 

どんな人が書いたのかを先に知ってからでないと、記事が読み進められない人は、よほど時間が有り余っている人か、よほど神経質な人です。「どんなヤツが書いたのか知ってからでないと、記事を読んでやらないぞ!」という人に、私は今まで会ったことがありません。

 

あなたの記事を読むまでには、

1. GoogleやYahoo!で検索

2. 上位表示されている気になるタイトルをクリック

3. 記事を読む

という道順を辿ります。

 

記事を読む前にプロフィールに誘導するということは、「気になるタイトルをクリック」した直後、記事を読むよりも前に、あなたのプロフィールを読ませようとしているのです。

 

果たして、あなたのプロフィールが読まれるのかと言えば、読まれません。

 

タイトルをクリックしたにも関わらず、記事を読ませてもらえない上に、あなたのプロフィールを読むようにゴリ押しされるため、記事から離脱されるのがオチです。

 

素晴らしいプロフィールなら読ませたくなる気持ちもわかりますが、そこまですごいプロフィールを書いている人に出会ったことがありません。

 

人のプロフィールなんて、所詮その程度です。

 

読まれることもあれば、読まれないこともあります。プロフィールが気になる人もいれば、プロフィールなんて気にならない人もいるのです。

 

そして、人があなたのプロフィールを読むのは、記事を読んだ後です。「この記事を書いた人はどんな人だろう?」と思ってもらえるのは、記事の内容に興味を持った後です。

関連記事→ ブログの最初の記事にプロフィールを書いても誰にも読まれていない

 

そのため、どうしてもプロフィールを読ませたいのであれば、記事の最後にプロフィールへ誘導してください。記事を読んだ人が、あなたの記事に興味を持てばプロフィールまで読んでくれる確率は高いです。アメブロのプロフィールは結構読まれています。

関連記事→ アメブロのプロフィールはかなり読まれている

 

本を読む際も同じで、内容が良さそうな本があれば著者を気にせずに読みますが、「この本を書いた人どんな人だろう?」と思うのは、本を読んでいる最中か読了後です。ですが、内容が悪ければ著者のプロフィールは読みません。

 

ちなみに、私は記事内にプロフィールページへの誘導はしていませんが、個別相談に申し込んでくれるお客様は、かなりの確率で私のプロフィールページを読んでくれています。記事に興味を持ってもらえれば、プロフィールをゴリ押ししなくても読まれます。

 

記事の冒頭でプロフィール情報を載せるのはやめましょう。せめて、記事を読み終わってからプロフィールページへ誘導してあげてください。あなたの記事をじっくり読ませてあげましょう。

© AkiRa Workshop 当サイトの情報を転載、複製、改変等は禁止いたします