集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログは毎日更新しなくていいと言うとホッとする人が多い

「ブログは毎日更新しないとダメだと言われています。」と、誰かにブログの毎日更新を強要されたり、自分に毎日更新を課しているお客様が一定数でいます。まさに苦行です。

 

そういうお客様に「ブログは毎日更新しなくてもいいですよ。」と言うと、皆さんホッとした顔になります。

 

実際、ブログを毎日更新してもあまり意味がありません。なぜなら「毎日更新することだけ」に意義を見いだしているからです。毎日更新の呪いをかけられている状態です。

 

毎日更新している人のブログ記事を読むと、内容のないブログ記事を量産しています。そのため、記事数は多いのですが誰にも読まれていないですし、集客もできていません。

 

書くことが毎日あるなら書いても問題ないですが、書くことがないなら書く必要はありません。

 

毎日更新よりも大事なのは、「読まれる記事を書くこと」です。

 

読まれる記事とは、SEO対策をした上で、お客様の悩みに沿った記事やお客様の知りたいことや知らないことが書かれた記事です。

 

SEO対策をしてGoogleでの検索順位を上げ、その上で記事の内容がお客様の知りたいことであれば、必ず読まれます。そういう記事を書いていれば、毎日更新する必要はありません。

 

ブログの更新は1週間に一度でもいいですし、1ヶ月に数記事でも問題ありません。ブログ記事は書くことがある時に書けばいいだけです。

 

という話をお客様にすると、皆さんホッとした顔になりますし、ブログ記事を書く苦痛から解放されて、楽にブログ記事が書けるようになります。そして結果も出やすくなるのです。

 

毎日更新しなくても大丈夫です。どうすれば読まれる記事が書けるようになるのかを私が教えるので、いつでも相談してください。

blog.akira-workshop.com