集客ブログ記事の書き方・添削・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン方法などを教えるDTPデザイナー歴20年以上のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン相談など、文章の書き方とデザイン方法をメインに教えています。

集客作業でのブログ記事の書き方・構成・デザインをサポートします@デザインコンサルタント秋山アキラ

【個別相談の詳細と料金】について

秋山アキラの個別相談の詳細と料金について

個別相談の時間内であなたの悩みと真剣に向き合い、あなたの今の悩みの解決方法をあなたと一緒に私が探し出します。

  • 集客ブログ記事の書き方・添削・再構成
  • 集客ブログのSEO対策
  • 起業や副業での悩み
  • コンサルタントや起業塾に大金を払っても元が取れない悩み
  • キラキラ起業女子に騙された人
  • 占い師さんのメール鑑定の書き方やリピートされる鑑定結果の書き方
  • チラシやカタログ、ブログやホームページなどのデザイン方法
  • 撮影方法や画像加工方法
  • 個人事業主やフリーランスの悩み
  • 私のブログを読んで相談したことがあれば何でも

記事や文章の書き方、SEO対策方法、デザイン方法、起業・副業での悩みなどの個別相談を行なっています。

 

私の個別相談は、単回または2回のものしかありません。継続コンサルで数十万円を要求するコンサルタントは多いですが、高額な継続商品の勧誘は一切ありません。

その上、1回の個別相談で結果や成果が出るお客様も多いため、払った金額以上の成果が期待できます

お客様レビューを読んでもらえばわかりますが、今すぐ誰にでも簡単に取り組めることだけを教えています。

関連記事→ お客様レビュー一覧

関連記事→ お客様の実績・実例・感想など

関連記事→ お客様からのよくある質問

 

今までのご相談者様

相談者の年齢は20代から70代まで幅広く、100以上の職業についての相談にマンツーマンで応じ、2020年6月から現在まで600人以上の男女の相談に対応しました。

日本国内だけでなく、海外からのお客様も多数ご相談いただいています。海外からのご相談の場合、時差等は考慮しますので、お申し込みフォームの「希望日時と相談内容」にご希望の時間をご記入ください。

 

バイリンガル育児、結婚相談所、がん専門カウンセラー、教師専門カウンセラー、心理カウンセラー、ヨガ・顔ヨガ講師、書くヨガ講師、インド哲学講師、ピラティス講師、姿勢矯正トレーナー、美容整骨、指圧治療院、整体院、レイキヒーラー、バッチフラワーセラピー、アニマルコミュニケーター、スピリチュアルメッセンジャー、絵本紹介セラピスト、コーチング、イメージコンサルタント、集客コンサルタント、起業コンサルタント、片付けコンサルタント、マナー講師、コミュニケーション講師、日本語教師、話し方レッスン講師、起業・経営コンサルタント、コンサルタント、ライター、パーソナルスタイリスト、フラワーアレンジメント教室、曼荼羅アート作家、園芸療法師、乳児栄養アドバイザー、発達支援トレーナー、無農薬お茶農園、茶道具卸、アートディレクター、アーティフィシャルフラワー、リフレクソロジー、マツエクサロン、痩身サロン、耳つぼダイエットサロン、ネイルサロン、ネイルスクール、エステサロン、ヘアメイクサロン、タイ古式マッサージ、新体操オンラインレッスン、ダンススクール、サロン経営コンサルタント、FXと株の講師、海外の株式投資のサポート、不動産投資家、異業種交流会、人材紹介業、夫婦問題カウンセラー、結婚カウンセラー、カウンセラー養成所、手相心理カウンセラー、パーソナルスタイルリスト、メイクレッスン教室、美容師、理容師、お菓子教室講師、ドイツお菓子教室、手ごねパン教室、化粧品販売会社、レンタルスペース運営会社、ハウスクリーニング養成会社、一級建築士、設計事務所、インテリアコーディネーター、ピアノ講師、ピアノ教室、和装塾、英会話講師、姓名判断鑑定師、手相、算命術師、九星気学鑑定士、西洋占星術師、タロット占い師、卍易風水師、気功師、カラーセラピスト、アロマセラピストなど

 

個別相談料金のご案内

初めての人にオススメ!かなりお得なプランです!
【個別相談:メール相談付きプラン】

22,000円 / 60分の個別相談(10日間のメール相談付き)

44,000円 / 120分の個別相談(20日間のメール相談付き)

  • 60分はオンラインのみ。120分では対面とオンラインが選べます。
  • オンラインはZOOMを使用します。
  • 60分はご相談後10日間、120分はご相談後20日間のメール相談が付きます。
  • メール相談期間中は何度でもメールで相談や質問ができます。
  • 対面の場合は、入金確認後に場所を予約します。
  • 相談後にすぐ行動に移せる「やることリスト」をメールで送ります。
  • 必要がある場合のみ記事や投稿画像、プロフィールの添削または再構成も行います。
  • 平日、土日祝日問わず予約できます。
  • 60分の個別相談は15分ごと30分まで延長が可能です。(55,00円 / 15分)

初めての人にオススメの理由:
60分または120分のどちらの個別相談にもメール相談が付いてくるので、個別相談後に質問や追加で相談したいことが出てきた場合、メールですぐに回答がもらえます。

 

一度試してみたい人やリピーターにオススメ!
【ショート個別相談30分】

11,000円 / 30分の個別相談(メール相談なし・記事添削なし)

  • 30分のオンライン(Zoom)のみです。
  • 相談後のメール相談はなし、記事の添削や再構成もなし、延長もなしとなります。
  • 延長はなしですが、その場で入金が確認できる方のみ他のプランへの途中切り替えは可能です。
  • 平日、土日祝日問わず予約できます。
  • 銀行での振込手数料はお客様負担となります。

一度試してみたい人にオススメの理由:
30分で相談終了となるため、お試しで相談したい人にはオススメです。メール相談期間中に、直接相談したくなったお客様にもオススメします。

追記:
メール相談なしの120分個別相談もあります。詳しくはコチラ

 

お支払い方法

  • お支払いは、銀行振込・クレジットカードがお選び頂けます。
  • 銀行の振込手数料はお客様負担となります。
  • クレジットカード払いの詳しい内容は、よくある質問をお読みください。
  • 個別相談前までに事前にお支払いください
  • お客様都合のキャンセルは、一切不可とさせて頂きます。 

 

個別相談ご提供までの流れ

お申し込み(メールフォームにて)

日時(と開催場所)の調整(メールにて)

日時(と開催場所)の確定(メールにて)

入金口座のご案内または決済URLの送信(メールにて)

入金の確認連絡(メールにて)

ミーティングID連絡または開催場所のご案内(メールにて)

個別相談の実施(対面 or オンラインにて実施)

 

お申し込みいただいた方には、24時間以内に日程調整のメールをお送りします。

私が送ったメールが迷惑メールフォルダに入ることもあるため、24時間経っても返信がない場合は、迷惑メールフォルダをお確かめください。

 

お申し込み

個別相談をご希望される方は、
今すぐ以下のお申し込みフォームからお申し込みください。
「24時間以内に」ご返信させて頂きます。

ws.formzu.net

 

個別相談をいきなり申し込むことが不安な人は、「秋山と喋ってヤロー会(無料)」にご参加ください。私がどんな人なのかを事前に確認できます。

 

リピーター様向けプランもご用意しています。初めてのお客様もご利用いただけます。

 

メール相談(15日間/30日間)のみも行っていますので、メールで気軽に相談したい場合はご利用ください。

 

対面個別相談の開催場所、レンタル料金、交通費について

大阪市内の場合:

対面相談の開催場所は大阪市内(梅田〜難波付近、難波〜阿倍野付近)となります。

対面の個別相談は、感染対策も兼ねレンタル会議室またはレンタルスペースで開催します。利用したい場所があればご指定ください。ご指定がない場合は、こちらで指定します。予約は私が行います。カフェでも開催可能です。

テレワークに最適な貸し会議室・レンタルスペース -関西- 

インスタベース|貸し会議室検索

  • レンタル会議室の料金3,000円/2時間を超えない場合、お客様負担はありません。超えた料金のみお客様がご負担ください。

大阪市内(梅田〜難波付近、難波〜阿倍野付近)以外の場合:

大阪市内(梅田〜難波付近、難波〜阿倍野付近)以外でも、交通費を全額お支払いいただける場合は、私がお伺いします。大阪市内以外や大阪府以外でも出張料金(交通費の全額)をお支払いいただければ、出張で個別相談を行います

開催場所は、大阪市内の場合と同じくレンタル会議室またはカフェでの開催となります。ご指定の場所があれば、ご連絡ください。予約は私が行います。

テレワークに最適な貸し会議室・レンタルスペース | お気軽会議室公式サイト

インスタベース|貸し会議室検索

  • レンタル会議室の料金3,000円/2時間を超えない場合、お客様負担はありません。超えた料金のみお客様がご負担ください。

対面の個別相談は感染対策として、私はマスクを着用しお話しさせていただきます。

 

個別相談はこんな悩みがある人にオススメです

【ブログやWeb集客に関する悩み】

  • ブログ記事をアップしても誰にも読まれていない。
  • ブログから集客したいけどできない。
  • ブログに何を書いて良いのかわからない。
  • 読まれるブログ記事が書けるようになりたい。
  • アメブロからでも集客できるようになりたい。
  • 本気でブログから集客したい。
  • ホームページにアクセスがほとんどない。
  • ワードプレスの使い方がわからない。
  • ブログやホームページの構築方法を知りたい。

【起業や副業に関する悩み】

  • 副業や起業を考えているが何を最初に始めればいいのかわからない。
  • やりたいことはあるが、どのように集客すればいいのかわからない。
  • やりたいことに需要があるのかがわからない。
  • サラリーマンや会社員でも副業をはじめてみたい。
  • Webを使った集客の方法がよくわからない。
  • 自分のビジネスや自分に合った集客方法を見つけたい。
  • 売り上げゼロの状態から脱却したい。

【起業塾やコンサルタントに関する悩み】

  • 起業コンサルや集客コンサルに相談したけど成果が出ない。
  • 起業塾で学んだことを試してみたが成果が出ない。
  • ノウハウや集客ツールの使い方を教えてもらったが集客できない。
  • セミナーや講座で学んだことを試してみたが成果が出ない。
  • 無料や低価格の講座を受けても成果が出ない。
  • 専門用語ではなく、もっとわかりやすく説明してくれる人が欲しい。
  • 色々な集客方法や他人の情報に振り回されたくない。
  • 自分の力だけで集客できるようになりたい。
  • すぐに儲かるという甘い言葉は信じられない。

【その他の悩み】

  • チラシやカタログの作り方がわからない。
  • デザイナーに頼んだデザインがイマイチなので相談に乗って欲しい。
  • カタログやチラシを作っても誰からもお問い合わせがこない。
  • ストアカやYouTubeのサムネイルを自分で作りたい。
  • Canvaの使い方がわからない。
  • 占い師だけど無料メール鑑定の文章から有料鑑定に繋がらない。
  • 占い師だけどメール鑑定の文章の書き方がわからない。
  • メールの書き方が悪くて相手を怒らせてしまう。
  • 女性に悩みを聞いてもらいたい男性。

あなたの目的やレベル・ペースをお伺いしたうえで、ご希望や好みに合わせて、個別相談を行っています。

 

1回の個別相談でのお客様の成果

  • 半年ブログを書いても集客できなかったが、個別相談を受けた後、2ヶ月でブログから集客できたダンススクール
  • 導線を変えるように伝えただけで数日後に2件の申し込みが入った設計会社
  • 個別相談後に記事のリライトと新規記事の書き方を変えて、遠方からのお客様が増えた和装塾
  • インスタにアップする内容を変えただけで、2件の依頼が入ったタロット占い師
  • 個別相談後すぐにブログを書き直すと、新しく書いた記事がすべてアメブロでランキングされたヘアメイクサロン
  • インスタからプロフィールを変えて集客するように伝えただけでフォロワーが増えた経営コンサルタント
  • Web集客の仕組みの作り方を伝えただけで体験レッスンの予約が入るようになったピラティス講師
  • ホームページとブログのタイトルを変更しただけでGoogle検索1位になったマツエクサロン
  • SEO対策をして新規顧客を獲得した診療所
  • ストアカの教室と講座ページの内容を見直しただけで講座公開1週間で受講者が入った園芸士
  • 知り合い以外のお客様がいなかったが、アメブロを書き直しただけで初見のお客様を集客できるようになったスピリチュアルメッセンジャー
  • アメブロのタイトルとプロフィールを書き直しただけで、すぐにアメブロにランキングしたカウンセラー
  • 記事の書き方を変えただけで、ブログのアクセス数が前日の3倍になったコンサルタント
  • 一度の相談だけで「その資料もらえませんか?」と言われるほど資料作りが劇的に改善したサラリーマン
  • 他多数 / 1回の相談で結果が出たお客様の実績だけを載せています。

 

個別相談でできること

  • 起業や副業に向けての具体的なアドバイス
  • 集客のためのブログ記事の書き方や文章の書き方のアドバイスと指導
  • ブログ集客や文章からの集客に対するアドバイスと指導
  • 占い師のための集客相談とメール鑑定の書き方指導
  • サーチコンソールやアナリティクスを一緒に設置する作業
  • サーチコンソールやアナリティクスの使い方の説明
  • キーワードプランナーを一緒に設定する作業
  • ラッコキーワードやキーワードプランナーの使い方の説明
  • SEO対策の実践的な方法のアドバスと指導
  • ワードプレスの使い方の説明、操作方法の説明と指導
  • アメブロとはてなブログの使い方の説明
  • プレゼン資料の作り方
  • 製品カタログやチラシの作り方や見せ方
  • デザインソフト(Photoshop、Illustrator、InDesign、Canva等)の使い方
  • CMS(ワードプレス、kintone、SharePointオンライン等)の使い方
  • その他、ニーズにあわせた具体的なコツやアドバイス

ブログやホームページの作り方や書き方の悩み、占いのメール鑑定での文章の悩み、デザインでの悩み、集客や起業での悩みの相談に乗っています。

私がご相談に乗れることは何でも受け付けています。ご要望にあわせて相談に乗りますので、お気軽にご相談ください。

上記以外の相談も歓迎します。

 

なぜ個別相談を高い価格に設定しているのか?

今は安い講座や安いセミナー、無料の個別相談まで大量にありますが、ほとんどが後から数十万円や数百万円の高額コンサルや継続コンサルを買わせるため、最初は安い価格に設定しています。

初回の安い料金で相談した後で「これ以上知りたい場合は、高額の商品を買ってください」と勧誘されます。私のお客様でも最高で100万円の商品を勧誘された人もいます。

 

ですが、私の個別相談は違います。初回から私の知識や経験、知恵を出し惜しみなくあなたにすべてお伝えするため、高い価格に設定しています。

私の個別相談やサービスの料金は最高で110,000円です。そのため、後から数十万円もする高い商品を買わせる等の勧誘は一切ありません。高額な商品を私から買わされたり勧誘される心配は無用です。

 

あなたの話を聞きながら、その場であなたの商売の需要とあなたの売り方を一緒に考えてます。本気であなたの商売での需要を考え、まずは集客のスタート地点に立たせることが目的です。

私の個別相談を受けたお客様は、個別相談が終わった瞬間に、全員がすぐに集客のための行動に移っています。誰にでもすぐに実践できる、わかりやすくて簡単な集客方法だけを教えているからです。

個別相談の時間を使って本気であなたの悩みと向き合い、今の悩みの解決方法を一緒に探し出します。

 

私の個別相談に対象外の方

  • 転売、アフィリエイト、不労所得目的の人
  • 今のやり方にこだわってそこから抜け出せない人
  • ノウハウさえ学べれば良いと考えている人
  • 自分で行動する気持ちがない人
  • 自分から学ぶ気持ちがない人
  • 起業塾やグループコンサルで学んだことにこだわっている人
  • 誰かに依存して生きたい人
  • そもそも頑張る気がない人
  • 魔法のような集客方法があると信じている人
  • 自分のスキルを使って人を幸せにする気持ちがない人
  • 不労所得だけが欲しい人
  • ただ稼げれば何でもいいと考えている人
  • 自分のお客様を大切にする気持ちがない人
  • 営利を目的とした行為、またはネットワークビジネス、宗教などの勧誘行為、その他

関連記事:
夢見る少女じゃ集客できない
女性が本当のことを女性に言うと女性の機嫌が悪くなる

自分で行動する気持ちがある人に向けての個別相談を行なっているため、自分でやる気のない人や学ぶ気持ちがない人には意味がありません。

反対に自分でやる気がある人は、私がお伝えできることはすべてお伝えします。

今までのやり方にはこだわらずに、集客できる方法を見つけたい人や本気でやる気のある人は、ぜひ個別相談をご利用ください。

 

ここまで読んでご質問があれば、いつでもお問い合わせください。

お問合せはコチラから

 

個別相談お申し込み方法

個別相談をご希望される方は、
今すぐ以下のお申し込みフォームからお申し込みください。
「24時間以内に」ご返信させて頂きます。

ws.formzu.net

▲▲ トップへ戻る ▲▲


その他サービス内容:

15日間/30日間から選べるメール相談

オンラインまたは対面の個別相談だけではなく、メール相談も行っています。

  • 個別相談に申し込んで直接相談することに抵抗がある
  • メールのほうが気軽に相談できる
  • 個別相談のメール相談期間は終了したけど引き続きメールで相談したい

など、メールで相談したい人は、ぜひお申し込みください。

22,000円 / 15日間
44,000円 / 30日間

詳細は以下をクリックしてください。

 

ブログ記事や文章の再構成

ブログ記事、チラシ、パンフレット、プロフィール、ストアカの教室ページ・講座ページ、ランディングページ、メルマガ、ホームページ、占い師の方のメール鑑定内容など、文章の再構成をしています。

再構成をしてほしい文字数で料金が決まります。ページ数は関係ありません。文字数の計算はコチラをご使用ください。(空白抜きの文字数で計算します)

5000文字まで:11,000円
10000文字まで22,000円

詳細は以下をクリックしてください。

 

印刷系のデザインとWebコーディングとその他のお仕事

チラシやカタログのデザインが本業ですので、そちらもお客様からお願いされた場合はやっています。

Webデザインは本業ではないため基本的に受けていませんが、Webコーディングは仕事としてやっていますので、ご興味あれば、以下をクリックしてください。


デザインコンサルタント 秋山アキラ

私はこれまでの経験と実績を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策方法、ブログの構築方法、集客に効果的なデザイン手法を教えながら、ブログ記事やホームページの再構成や添削、起業や副業に関する相談に2020年6月から乗っています。

 

私は過去に法律特許事務所で5年間、印刷デザイン会社で2年間、外資系医療機器メーカーのマーケティング・コミュニケーション部署で内勤デザイナーとして16年間働いた経験があります。以前の職ではデジタルマーケティングも担当していました。DTPデザイナー(印刷関係のデザイナー)としての経験は20年以上になります。これまで25年間、文章の添削や構成に関わる仕事を続けてきました。

 

一人で悩んでいても解決策は見つかりませんが、私と話すことで「あなたの今やること」が見えてきます。ぜひ一度相談してください。

ws.formzu.net

職歴

  • 外資系医療機器メーカー マーケティング・コミュニケーション(16年勤務)
  • DTPデザイナー(23年)
  • Webデザイナー(16年)
  • タロット占い師(7年)
  • プロのイラスト作家・イラストレーター(3年)
  • 弁護士秘書/弁理士秘書(5年)
  • 印刷・イベント営業(2年)
  • 接客販売業(5年)

 

デザインコンサルタントになるまでの経緯

2018年6月にタロット占い師になることを決意。

2018年8月からタロット占い師の養成講座を受講し、8月末からアメブロを立ち上げる。

占い師になって1ヶ月でアメブロからの集客に成功し、2018年11月に集客から販売に繋げることを達成。

2018年12月よりWordPressを開設。

アメブロからWordPressに誘導することで集客人数が増加。

2019年4月よりYouTubeチャンネルを開設し、さらに集客人数が増加。

占い師になるまでWeb集客の知識は一切なく、Webデザインの経験とSEOの多少の知識のみでWeb集客を開始。

短期間にWeb集客を成功させた経験により集客方法を教えてほしいと周りから言われるようになり、本格的にブログからの集客を勉強する。

2020年6月よりブログ集客とデザインの個別相談を本格的に開始する。

 

私の特技と私の良いところ

私の友人に私の特技と私の良いところを聞いてみました。友人が書いて送っってくれたそのままを載せています。

「この人なら信用できそう」と思えばご相談ください。

 

【私の特技】

  • 顧客の話を聞いて求めているものをサイトやカタログに反映できる
  • 提供するサービスの完成度は高く、常にアップデートする姿勢
  • 顧客の経済的・事業的背景を鑑み、仕事の進め方を調整できる
  • 顧客との共存・ウィンウィンの関係を築くことができる

 

【私の良いところ】

  • 冷静
  • 感情に流されない
  • 現実的
  • 地に足がついている
  • 物事を順序立てて直実に実行できる
  • 人の話を聞ける
  • 思いやりがある
  • 優しい
  • 倫理観が強い

 

私が提供できる知識・知見は、プロフィールでの紹介文を参考にしてください。

秋山アキラのプロフィール

ブログコンサルで失敗しないための集客ブログの基礎知識

「ブログコンサルを受けたものの、ブログの書き方を教えてもらえませんでした。」と、相談してくれるお客様がとても多いです。

関連記事→ 高額なブログコンサルほどブログの書き方を教えてくれない

関連記事→ 起業塾でSEO対策を教えてもらったことは一度もありません

 

私も色んなお客様のブログを読んできましたが、ブログコンサルにブログの書き方を教えてもらったお客様のブログは、読めたもんじゃないブログが多いです。記事を読んでいると「変なブログコンサルに引っかかったんだな」と、気の毒な気持ちになります。

 

逆に、自己流で書いているお客様のほうが、集客できているぐらいです。

 

ブログコンサル選びであなたが失敗しないため、集客ブログの基礎知識を書いてみます。もし、あなたのブログコンサルが、以下のことをやっていないなら、多分この先教えてもらっても無駄です。

  • ブログタイトルやブログ記事タイトルにSEO対策をする
  • ブログに曖昧な表現を使わない
  • 記事タイトルと記事内容を合致させる
  • 記事冒頭や記事文末にプロフィールは書かない
  • 記事内でLINEやメルマガへの登録を促さない
  • お客様の悩みを解決するための記事を書く
  • 記事文末に1つだけ導線をはる
  • 無駄なイメージ画像や絵文字を使わない
  • 「私」と「あなた」の二人称で記事を書く
  • 料金がブログに明記されている

 

書き出せば無限に書けそうですが、集客ブログで一番肝心なのは、SEO対策がされている記事を書くことと、お客様の悩みを解決するための記事を書くことです。

 

もし、あなたの選んだブログコンサルのブログが、SEO対策がされていない上に、お客様の悩みを解決する記事よりも、自分の宣伝ばかりを記事に書いているなら、ブログからの集客に失敗する可能性大です。

 

世の中にはたくさんのブログコンサルがいますが、特にキラキラ起業女子ブログコンサルと起業塾のブログコンサルは、ブログから集客したことがないのにブログコンサルを名乗っている場合が多いです。ブログから集客したことがないのに、ブログコンサルを名乗ることに違和感を覚えます。

関連記事→ ブログ集客をやったことない人がブログ集客を教える違和感がハンパない

 

まともなブログコンサルにブログ記事の書き方を教えてもらったとして、ブログから集客できるようになるまで、かなりの時間がかかります。なるべく時間を短縮するために、ブログコンサルは慎重に選んでください。

関連記事→ ブログ集客は地味で地道で自力な3G作業

 

私はブログコンサルではなくデザインコンサルですが、教えていることは集客ブログ記事の書き方なので、ブログコンサルで失敗した人は、いつでも個別相談に申し込んでください。あなたのブログコンサルよりも、まともな集客ブログの書き方を教えますよ。

集客ブログではあなたを知ってもらう前にお客様を知ることが先

ブログから集客したい人は「まずは私のことを知ってもらおう」と考え、自分のことばかりをブログ記事に書いてしまいます。

 

ですが、あなたのことを誰かに知ってもらうよりも先に、あなたにはやることがあります。あなたのお客様となる人を知ることです。

 

あなたのブログ記事が読まれるためには、お客様となる人が興味のあることをブログ記事に書かなければ読まれません。

関連記事→ 読まれるブログの作り方を教えてください

 

人が興味のあること=自分の悩みが解決する方法

です。

  • どんな悩みがあるのか
  • どんなことに困っているのか
  • どんな話に興味があるのか

 

あなたが集客ブログを書く前にやることは、あなたのお客様になる人を知ることです。あなたを知ってもらうのは、ずっと後にやることです。

 

まずは、あなたのお客様となる人のことを考え抜きましょう。その人が知りたい情報やその人の悩みが解決する方法をブログ記事として書けば、ブログから集客できるようになります。

 

ブログを書いてすぐは、誰もあなたのことを知りません。誰も知らないので、あなたのことをブログ記事に書いても、誰も興味がないので読まれません。誰にも読まれていないため、残念ながら誰もお客様にはなってくれません。

 

あなたの近況報告や苦労話を書いても、誰も興味がありません。なぜなら、その記事を読んでも何の役にも立たないからです。人は他人のブログになんて興味がありません。

関連記事→ 人が書いたブログを読みたいと思ったことは一度もありません

 

お客様が何に悩んでいて、どんなことが知りたいのかがわからない人は、いつでも私に相談してください。一人で考えるよりも私と一緒に考えたほうが早いですよ。

男性脳と女性脳の違いは本当にあるのか?

「男は地図を読むのが得意」「女は方向音痴で東西南北がわからない」といった、男女の脳の違いが取り上げられることが多い。

 

でも、産まれた時は男女の脳にほとんど差はないらしい。

wired.jp

 

私も何で読んだのか忘れちゃったけど、男女の脳の差が出てくるのは育った環境によって出てくるらしい。その環境とは「男尊女卑」だ。

 

男尊女卑が文化として根付いている国には、男女の脳による格差が大きい。いわゆる、男性脳と女性脳が生まれるということ。男尊女卑が少ない国になると男性脳と女性脳の差は少なくなる。

 

結局は先天的要素は少なくて後天的要素が大きいんだろう。それだけじゃないと思うけど。

 

今まで関わった男性も女性も「男はこうあるべき」「女はこうあるべき」と育った環境の考え方が植え付けられていた。もちろん私もめちゃくちゃ植え付けられている。

 

「男ならもっとしっかりしろよ!」と、思っちゃうもんね。

 

その「男なら」というのは、結局は社会によって作られた「男とはこういうもの」からきている。「女なら」というのも同様。

 

私たちはそういう考えの下に生きているから、男女差ができるのは仕方のないことなのだ。

 

私からすると「男性とは責任から逃げたい心が弱い人が多い」という印象がある。これも分解していくと「男性=責任を取る人」という男尊女卑の考えからきている。

 

責任を押し付けられるのは男性に多いけど、実際は男女ともに責任を取りたくない人が多いだけ。

 

だから男女平等に見てみると「男女関係なく責任を取りたくない人が圧倒的に多い」ということだと思う。

 

実際は男女脳の差より個人脳の差のほうが大きいはず。それをイチイチ研究するのは大変だから一括りにされちゃってるんだろう。グループで分けるの好きな人多いもんね。血液型もそうじゃん。

 

まあでも、最近はそういうのが息苦しいと言える世の中になってきている。日本から男尊女卑はまだまだ消えないけど、少しずつ薄められてはいくだろう。そうなるとどうなっていくのかと思う。200〜300年後ぐらいに結果が出てるかも。わたしゃその時は死んでるけどね。

私のブログ記事はあなたのためだけに書いています

私のブログ記事は、あなたのためだけに書いています。そう、今この記事を読んでいるあなたです!

 

ここまで読んで「私のこと?」と、ドキッとした人がいるなら、ありがたいです。

 

お客様から「秋山さんのブログには、度々『あなた』という言葉が出てきますが、あなたと書かれた秋山さんの記事を読んで『私のことだ!』と思い、個別相談に申し込みました。」と、お客様から言われたことがあります。

 

集客ブログは、必ず「私」と「あなた」の二人称で書きます。集客ブログは、大勢の人に向けて書くよりも、たった一人の人に向けて書くほうが、集客できる記事になります。まさに、あなたのために、私はこの記事を書いているのです。

 

例えば、「集客ブログが書けない人のために、ブログ記事を書いています。」と、誰が誰に向けて書いているのかわからない文章では「これは私のために書かれている記事だ」と、読んだ人から思ってもらえません。

 

ですが、「私は集客ブログが書けないあなたのために、あなたの役に立つブログ記事を書いています。」と、一人の人に向けて書けば、「これは私のための記事だ」と思ってもらいやすくなります。

 

悩んでいる人に向けて記事を書くことが集客ブログの基本ですが、大勢の悩んでいる人ではなく、たった一人の悩んでいる人に向けて記事を書くことで、自分ごととして捉えてもらいやすくなるのです。

 

ブログ記事を読む場合、スマホやパソコンを使い一人で読みます。一人で文章を読むということは、いわば密室の中に一人でいるのと同じです。

 

「私はあなたのために記事を書いています」と記事に書けば、密室の中に「私」を登場人物として加えることができる上に、「私はあなたのために」と「あなた」を書くだけで、読んだ人は「自分自身」も登場人物の一人として感じられるようになります。密室の中に二人っきりの状態になる訳です。

 

二人っきりの状態で、読者の悩みに対する回答をすれば「この記事を書いた人は、まるで私のことを知っているみたいだ!」となり、集客に繋がるのです。

 

タロット占い師用のブログでは「記事を読んで私のことだと思いました!」と、依頼メールに書かれていることが度々ありました。まさに、悩んでいるたった一人のあなたに向けて記事を書いていたため、「私のことだ!」と思ってもらえたのです。

 

同じことで悩んでいる人は多いのですが、多いからといって「同じ悩みを持つ人」と一括りにされたくないのが人なのです。似たような悩みであっても、あなたの悩みはあなただけの悩みです。あなただけの悩みを解決できる人が、お客様から選ばれるのです。

 

ということで、私はあなただけの悩みを解決するためにマンツーマンで相談にのっています。あなたの悩みは他の人と同じではありません。あなただけの悩み相談に私がのりますよ。

集客に繋がる記事は読んだ後に行動したくなる記事

集客に繋がる記事を書くことに誰もが苦労していますが、集客に繋がる記事は読んだ後に行動したくなる記事です。

 

裏を返せば、集客に繋がらない記事は、読んだ後に「へー、そうなんだ。」で終わり、行動に繋がらない記事です。

 

私の個別相談に申し込んでくれるお客様の話を聞いていると「記事を読むより相談したほうが早いと思ったので申し込みました」と言ってくれるお客様が多いです。

関連記事→ ブログを読んで音声配信も聞いていましたが相談したほうが早いと思い申し込みました

 

私の記事は1記事の文字数が少ない上に、誰にでもすぐに実践できる内容が書かれています。そのため「これなら私にもできるかも」と思い、実践してみようと思っても、実際にやってみるとわからないことのほうが多いので、直接相談したほうが早いと考え、個別相談に申し込んでくれます。

 

そして、ここが重要なのですが、実際に私に相談した人の感想や実績を読んでから、個別相談に申し込んでくれる人が大多数です。

 

私の記事を読んでから、申し込みまでの流れは、

1. 記事を読んで「私でも簡単にできそう」と思う

2. 他の人の感想や実績を読んで「私でも成果が出せそう」と思う

3. 記事を読むよりも相談したほうが早いと思い申し込む

となります。

 

誰でも簡単にできることしか記事には書いていません。お客様からの感想も「相談して良かった」「他のコンサルとは違う」など、ポジティブな意見が多いです。そのため、記事を読み、レビューや感想を読むと、「私も同じようになれるかも」と、行動を起こしたくなります。

 

以前の記事にも書きましたが、豆知識やお役立ち記事は読んだらすぐに悩みが解決するため、集客に繋がりません。お役立ち情報や豆知識で解決するなら、そもそもそこまで悩んでいないため、どれだけ記事を書いても悩みを解決するために行動する気持ちになりません。

関連記事→ ブログに豆知識やお役立ち情報を書いても集客には繋がらない理由

 

「記事を読むより直接相談したほうが早いな」と思わせる記事を書くようにしましょう。お役立ち記事ばかりでは、人は行動したくなりません。記事に何を書けば行動したくなるのかを知りたい人はいつでも相談してください。

ブログ記事内の「これ」「それ」「あれ」って一体どれ?

ブログ記事を書く場合「これ」「それ」「あれ」や「この」「その」「あの」と書き、文章を省略して書く人が多いのですが、「『これは』の『これ』って一体どれ?」と、記事を読んでもどこを指し示しているのかが分かりません。

 

実は、書いている本人さえも、どこを指して「これ」「それ」「あれ」や「この」「その」「あの」と書いているのかをわかっていません。

 

書いている人は「わかっているつもり」で書いていますが、「これって何を指してます?どういう内容なんですか?」と、私が質問すると「自分で読んでもわかりません」と答える人が大半を占めます。あなたが読んでわからないなら、あなた以外の人がわかるはずもありません。

 

普段の会話で「これ」「それ」「あれ」や「この」「その」「あの」をよく使っているため、「説明しなくても通じるだろう」と誰もが思いがちです。

 

家族や親しい友達との会話では「これ」「それ」「あれ」で通じますが、親しくない人に伝える場合や生徒さんに教える場合、「これ」「それ」「あれ」や「この」「その」「あの」は、会話の中でも通じていません。「この人は説明が下手な人なんだな」と人から思われています。

 

会話の中では、後から言葉で補足できますが、文章内で「これ」「それ」「あれ」や「この」「その」「あの」を使った場合、補足できません。

 

特にブログ記事は、書いてある内容を読者が読んだら終わりです。そのため、読者が記事を読んでいる途中でわからない箇所があっても、書き手がその場で補足することはできません。良くも悪くもブログ記事は一発勝負なのです。

 

一発勝負だからこそ、指示語の「これ」「それ」「あれ」や連体詞の「この」「その」「あの」は、なるべく使わず、「それ」で省力せずに、「それ」が指し示す内容を文章で書いてください。

 

私も自分の過去記事を読み返すと「それが」を使っている箇所もあるため、見つけるたびに文章を書き足しています。

 

あなたのブログ記事も読み返せば「これ」「それ」「あれ」や「この」「その」「あの」を使いまくっているはずです。見つけたら「これ」「それ」「あれ」や「この」「その」「あの」を使わずに文章で書いてください。きっと今の記事よりも、読みやすい記事になります。

 

ただ、自分で読んでも「これ」「それ」「あれ」や「この」「その」「あの」は見過ごしてしまいがちです。私は「これ」「それ」「あれ」や「この」「その」「あの」を見つけるのが得意なので、読みやすい記事やわかりやすい記事にしないなら、いつでも相談してください。あなたのブログ記事を添削しますよ。

人が言ったことを信じているだけでは成功しない

「〇〇さんが、この方法が良いと言っていました。」

「▲▲さんに、これが良いと言われました。」

と、誰かの言葉を鵜呑みにし、信じ込んでいるお客様がたまに相談に来られます。

 

「〇〇さんが言っていた」という人に限って、自分の頭を使って考えるということをしていません。その上、言われたことを試してもいません。自分で考えて行動するよりも、人の言葉を信じるだけのほうがラクができるからです。

 

人が言ったことを信じているだけでは、成功しません。なぜならあなた自身が試してみないと本当の結果は出てこないからです。

 

そのため、「〇〇さんに言われた通りにしましたが、結果が出ませんでした。」と、言われた通りにやることをやっていたお客様のほうが、個別相談後に結果が出やすいです。

 

信じるだけなら簡単ですが、信じたことを結果が出るまでやり続けることは簡単ではありません。

 

試してみた期間にもよりますが、何かしらの結果が出るまでやったなら、それで十分です。その方法では結果が出ないことがわかっただけでも儲けものです。

 

それなら別の方法を試せば良いだけです。

 

〇〇さんや▲▲さんがどこまで信用できるのは知りませんが、「絶対」という保証はどこにもありません。

 

試してみて結果が出ないなら、何かがあなたには合っていないのです。

  • あなたにはその方法が合っていない
  • その方法が時代と合わなくなっている
  • そもそもその方法自体が間違っている

 

色々と理由は考えられますが、実際にやってみて「何かが違っている」ということに、自分で気付けた人のほうが断然成功する確率が上がります。

 

言われた通りのことをやることができる人は、徐々にでも成功に近づくことができます。人が言ったことを信じているだけでは成功はしません。言われたなら、何でも試してみてください。それだけで次の行動が見えてきます。

 

私に相談してくれたお客様には、すぐに取り掛かれることだけを教えています。私が言ったことを聞くだけではなく、言ったことをすぐに行動に移してもらうことを重視しています。そのため何らかの結果が出やすいのです。

 

信じるよりも、まずは取り掛かってみたい人はいつでも相談してください。それだけで他の人と差がつきますよ。

わかりやすい文章を書くために自分でできることって何ですか?

「わかりやすい文章を書くために、できることって何でしょうか?」と、女性のお客様に相談されました。

 

私は印刷物のデザイナーという仕事柄、わかりやすい文章を書くことが必須でした。

 

わかりやすい文章を書くために、意識せずに私が普段からやっていることを書き出してみます。

  1. 知らない言葉を見つけたら、ネットの国語辞典ですぐに調べる
  2. 自分の書いた文章が読んでしっくりこないなら、類語や反対語を探し、他の言い回しがないか調べる
  3. 自分が書いた文章は、次の日や数日後に読み返して書き直す

 

この3つは文字校正や印刷物を作る、またはブログや文章を書く時に必ずやっています。文章を書くことにたずさわる仕事をしている人は、皆さんやっていると思います。

 

辞典を使って言葉を調べることは、基本的なことなのでやっているレベルに入らないと思っていましたが、お客様から話を聞くと、ほぼ全員がやっていませんでした。それほど辞書を使って言葉を調べない人が多いということです。知らない言葉は知らないまま放置している人が大多数なのです。

 

類語辞典の話をすると「こんなのがあるとは知らなかったです!」と言われます。類語辞典は、同じような意味を持つ言葉を探すのに便利です。私はかなりの頻度で類語辞典を使い、読者が読んでもっとわかりやすい言葉がないかを調べています。

 

国語辞典(大辞林)と類語辞典はネットですぐに出てきます。

kotobank.jp

renso-ruigo.com

 

言葉を調べるだけでもかなり勉強になります。

 

そして調べた後は、すぐにどこかで使うようにしてみてください。インプットしたものはすぐにアウトプットしないと身に付きません。

 

「私は語彙力がありません」と言う人が多いのですが、実は私も語彙力がありません。どちらかというと難しい言葉を知らないので、誰でもわかるように書くことだけを意識しています。

 

普段あなたが使っている言葉だけで十分にわかりやすく伝わる文章を書くことができます。

 

文章を書くことは難しいと思われがちですが、あなたは作家でもWebライターでもありません。上手く書こうと思わずに、わかりやすく書くことに意識を向けてください。

 

わかりやすい文章の書き方を知らない人は多いですが、簡単に誰にでもできます。私にもできるので、あなたなら絶対にできます。安心してください。

 

わかりやすい文章が書けるようになりたい人は、いつでも私に相談してください。わかりやすい文章は、ブログ記事、メール、履歴書など、何にでも役に立ちますよ。

アメブロのコンサルに集客方法をコンサルティングしてもらっても効果が出ませんでした

最近、アメブロにいるコンサルから集客方法をコンサルティングしてもらっても、まったく効果が出ないお客様から立て続けに相談を受けました。

 

なぜコンサルの効果が出ないのかというと、アメブロにいるコンサルタントが教えている集客方法は、10年以上前のアメブロでの集客方法だからです。アメブロでブログ集客をする人が爆発的に増えた今となっては、まったく効果が出なくて当然です。

関連記事→ アメブロにいるコンサルの教える集客方法が古いだけでアメブロ集客が古い訳じゃない

 

目立つ記事をアップすれば、アメブロユーザーの目に止まり、アメブロユーザーの中からお客様になってくれる人が昔はいましたが、今はいません。

 

そのため、アメブロのコンサルはブログ集客を教えているのではなく、アメブロ内で目立つ方法を教えているだけです。アメブロ内で人よりも目立てば昔は集客できていましたが、昔のやり方ではアメブロ内でさえ集客できなくなっています。

 

教えている内容は以下です。

  • ブログ記事にイメージ画像や絵文字をたくさん入れろ
  • 読んで面白い(笑える)内容を書け
  • 記事タイトルの重要な部分は【 】で囲め
  • 大きな文字や色文字を使え
  • 自分の恥ずかしい過去や人に言いたくない過去を書け
  • アメブロユーザーにいいねやフォローをし続けろ
  • プロフィールや宣伝文をすべてのブログ記事の冒頭と文末に書け
  • とにかくLINEに登録させろ

 

書き出してみるとわかりますが、とても集客できるとは思えません。どうやれば他の人よりも目立つのかを教えているだけです。

 

お客様に「SEO対策はしていますか?」と質問すると、SEO対策のことはほとんど知りませんでした。もちろんブログにSEO対策もしていませんでした。

 

コンサルタントから「キーワードを散りばめろ」「キーワードを入れろ」と言われたらしいですが、具体的に「どこに」「どんな」キーワードを入れるのかは教えてもらっていませんでした。

 

集客するために、まず最初に考えるのは「お客様がどんなことで悩んでいるのか」です。人は悩みを解決するためにお金を払ってくれます。

 

占い師でもカウンセラーでもセラピストでも、考えないといけないのはお客様の悩みです。

 

ですが、ほとんどの人が自分の日常をブログに書き、必死で読者に「面白い人」アピールをしています。お笑い芸人でもない人が書いた記事が面白い訳がありません。むしろ寒いです。

 

アメブロのコンサルに教えてもらったけど、教えてもらっている内容に疑問を持つようになり、私のブログを見つけて相談してくれたのです。

 

疑問を持つ人は正常な考えをしています。そんなブログで集客はできません。

 

商売の需要も考えず、お客様の悩みも考えず、SEO対策もせず、ブログから集客できる訳がありません。

 

そろそろアメブロユーザーにも「この人にコンサルをお願いしても無駄だな」とバレそうなものですが、未だにアメブロにはコンサルがたくさんいるので、信じる人がまだまだいるようです。

 

アメブロのコンサルに疑問を持ったら、いつでも相談してください。まともなブログ集客方法だけを教えています。アメブロのコンサルトとは真逆のことを教えているので興味がある人はぜひ相談してください。

秋山さんはブログ記事を書くことが好きじゃないんですか!?

私がブログ記事の書き方を教えているからといって、私はブログ記事を書くことが好きではありません。

 

この話をお客様に話すと、決まって「好きだと思ってました!ビックリです!」と、驚かれます。

 

勘違いしている人も多いのですが、私はブログ記事を書くことでは好きなのではなく、人が書いた文章を添削することや再構成することが得意なだけです。まあ、文章添削や文章再構成の変態ですね。

関連記事→ 人が書いた文章やプレゼン資料を手直しすると興奮する(つまり変態)【エッセイ】

 

私が嬉々として記事を書いているようにお客様からすれば見えるようで、たまに「私の記事も書いて欲しい!」とお願いされるのですが、基本的に記事を書くのは、仕事のために書いているだけで、喜んで書いている訳ではありません。本当に好きなら今頃はライターになっています。

 

ブログ記事を書かなくても集客できるなら、きっとブログなんてやっていません。SNSに至っては嫌いなので、もっぱら見るだけです。LINEなんて存在自体が嫌いなので、アプリをインストールしたことさえありません。

 

私的には集客のための記事は仕事なので書けますが、私自身がブログに書きたいことなんてありません。

 

なので、自分のことばかりをブログ記事に書いている人のブログを読むと「よくこれだけ自分のことばかり書けるな」と、逆に感心します。

 

集客の記事が書けることと、記事を書くことが好きなことは、イコールではないのです。その証拠に、ブログ記事を書くことが好きな人ほど、集客の記事は書けない人が多いです。主観的な人よりも、客観的な人のほうが集客記事が書けます。

関連記事→ ブログに自分のことは書けますがお客様のことは書けません

 

「ブログ記事を書くことが好きでないとブログ集客ができない」と思い込んでいるお客様もいるのですが、全然そんなことはありません。ブログ記事を書くのではなく、「お客様の役に立つ情報を書いている場所がたまたまブログなだけ」と思い、記事を書いてください。

 

私はブログ記事を書くことは好きではありませんが、記事の添削や再構成は変態的に得意です。得意なことは得意な私に任せてください。あなたの記事を読まれる記事や集客できる記事に一緒に変身させましょう。

面白くない記事は読んだ人の頭では理解できない記事

「秋山さんの記事は読んでいて面白いです!」と、お客様から感想をいただくことが多々ありますが、私の記事を読めばわかりますが、面白い話は一切書いていません。

 

記事の中にギャクも書いていませんし、変顔の写真も載せていません。笑いを取ろうと思って書いた記事は1記事もありません。

 

それでも、私の記事を読んだお客様は「面白い!」と、言う人が多いです。

 

なぜ私の記事が面白いと思われるのかと言えば、「誰が読んでもわかりやすく書かれていて、読んだ人の頭で理解できる記事」だからです。

 

難しい話を専門用語を使って話すことは簡単ですが、難しい専門用語だらけの話を聞いた人の多くは「難しくてわからない」「難しいから面白くない」と感じます。なぜなら、自分の頭で考えても理解できないからです。

 

例えば、高校時代、私は古文が嫌いでした。なぜ嫌いだったかと言えば、古文の先生が、生徒にわかりやすく古文を教える気がなかったからです。ただ、先生だけは楽しそうに専門用語を使い一人で喋っていて、生徒は「何が面白いのかわからない」状態で置いてけぼりにされていたのです。

 

自分の頭で考えても理解できないことを、人は面白いとは感じません。苦痛に感じるのです。

 

難しい話をわかりやすく伝えることで「なるほど!今までわからなかったけど、すごくわかりやすくなった!理解できるから面白い!この人すごい!」と、人に思ってもらえます。

 

人は難しい話でも自分の頭で理解できるようになると「面白い!」と感じるのです。特に、興味はあるけど、今まで誰もわかりやすく教えてくれる人がいなかった場合は、「面白い!」だけではなく、自分で学ぶ気持ちが湧いてきます。

 

なぜなら「こんなにわかりやすく説明できる人が教えてくれるなら、私でも簡単にできるかも」と思ってもらえるからです。

 

そのため、自分のことばかりを記事に書く人や専門用語で記事を書く人、ポエムのような記事を書く人、わざと笑いと取ろうとして変顔の画像を記事に貼る人の記事を読んでも、面白くない上に何が伝えたいのかがわかりません。そんなブログ記事から、お申し込みが入るはずもありません。

 

ということを私は理解しているため、誰が読んでもわかりやすい記事を書くことだけを心掛けた結果として「面白い!」と記事を読んだ人に思われ、「この人に教えてもらえば、私にもできるかも!」と思った人が、ブログから私の個別相談に申し込んでくれます。

 

自分の話ばかりを書く人や専門用語で記事を書く人のブログが、読んでも一番面白くないです。我慢して最後まで読んでも「本当につまらない記事で読んで損した」と思います。

 

面白くない記事ばかり書いていた人は、今からでも面白い記事が書けるようになります。誰にでもできるので、いつでも私に相談してください。あなたでも、わかりやすくて面白いと思ってもらえる記事が書けるようになりますよ。

お客様の視点と自分の視点がズレていることに気付けました

「頭の中では、秋山さんがブログで書いていることを理解しているつもりでしたが、実際に秋山さんと話して、秋山さんから色々と質問されると、お客様の視点と私の視点がかなりズレていたことに気付けました。」と、男性のお客様から感想をいただきました。

 

お客様と同じ視点に立たないと集客はできません。お客様が何に悩み、何を不安や不満に思っているのかを考えないと、あなたの商品は売れません。

 

売れる商品を持っているのに売れていない人は、お客様視点で物事を考えることができていないから売れていないだけ、ということもあります。

 

一人で考えていると、どうしても客観視ができなくなります。そのため、他の人に客観的に見てもらい「今のままだと何がダメなのか」「どこを直せばいいのか」を教えてもらわないと、集客できないままとなります。

 

一番のオススメは、お客様に直接教えてもらうことです。

  • どんなことで悩んでいたのか
  • どうして私の商品を使おうと思ったのか
  • 申し込む際にどこがわかりにくかったのか

お客様視点で物事を考える際、お客様に直接話を聞くのが一番早いです。私も個別相談に来てくれたお客様に直接聞くようにしています。

 

お客様に直接聞くことが難しい場合は、私に相談してください。私が客観的な視点からあなたが集客できない原因をあなたに伝えますよ。

お客様に教えるよりもお客様から学ぶことのほうが多いと実感する話

「生徒に教えるよりも生徒から学ぶことのほうが多い」と、教師が言っている話を聞いたりするけど、私も本当にその通りだと思う。

 

実際に、個別相談でお客様と接していると、私とは違う考え方をしているお客様が多いため「どうしてそう考えるのか」と、お客様の視点で物事を考えることが増えた。

 

私とは違う考え方の人の話を聞くと、私自身がそのことについて考える時間が増え、結果として、私とは違う考えに至る過程を考えることで色々と学ぶことが増える。

 

それにお客様と話しているだけで「そういうことか!」と、ずっと考えていた謎の答えに辿り着くことも度々あり、ヒラメキがお客様から貰えたりする。

 

お客様から学んだことを記事に書けば、仕事にも繋がるし、他のお客様に伝えることも増えるため、良いことしかないなと思う。

 

これが、サラリーマン時代だと、人から学ぶということを実感できる出来事は今よりも少なかった。

 

サラリーマンの仕事って、自分のできることをやるだけのことが多いし、私以外の人に私の技術を教えるよりも「自分でやったほうが早いな」と仕事の効率を考えてしまう。

 

それに、こちらが必死で教えようとしても、相手に学ぶ気持ちがなければ、教えたところで何にもならない。

 

でも、個別相談のお客様は違っていて「教えて欲しい!」と学ぶ気持ち満々で相談してくれるので、私としても教え甲斐があって嬉しい。

 

人によって教えたことをすぐにできる人とできない人がいるけど、それはその人のペースなので、私としてはお客様のペースについて行くだけだ。

 

私に相談してくれるお客様がいるだけで本当にありがたいですよ。

 

辛口で辛辣な私の言葉を素直に聞いてくれる人がお客様として来てくれることに日々感謝しかないです。

 

「人に教えるって実際は私が学ぶことなんだな」と、会社を辞めてフリーランスになってから日々実感しとります。

 

まるで菩薩のような心境だけど、実際は菩薩ではなくガサツな私です。なんつってー。

SEOに強い集客ブログにするにはどうすればいいですか?

まず、SEOに強いブログにするには、「ブログ記事に余計なことは書かない」ようにすればSEOに強いブログにすることができます。

 

私のブログで度々書いていますが、お客様のどのブログを読んでも余計なことしか書かれていません。

関連記事→ ブログから集客できないのは余計なことを書きすぎているから

 

私のブログ記事はGoogleで検索上位を取っている記事がゴロゴロあります。それはなぜかというと、余計なことが書かれていないからです。

 

「記事タイトル」と「記事タイトルに沿った記事内容」だけを書けば、Googleで検索上位を取ることはそこまで難しくはありません。

 

ですが、ただ単にSEOに強いブログにしたところで、ブログから集客できるかは別問題です。

 

SEOに強いブログが集客に強いかというとそうではありません。なぜなら、読むのは人だからです。SEOはGoogleへの対策ですが、ブログから集客したいなら人の気持ちへの対策も必要です。

 

何を書けば興味を持ってもらえるのか、どういう書き方をすればお問い合わせやお申し込みがもらえるのかを考えなければ、どれだけSEOに強いブログにしても集客はできません。

 

何を書けば人に共感してもらえるのか、どんな書き方をすれば人に納得してもらえるのかなど、人の気持ちになって考える必要があります。

 

人の気持ちになって考えることが苦手な人はとても多いです。人の気持ちになって考えることが苦手な場合、あなた自身がどんなブログ記事を読んで「なるほど!」と思ったのかを思い出してみてください。

 

思わず連絡したくなったブログ記事やお問い合わせしてしまったブログ記事には、集客のヒントがたくさん詰まっています。そういうブログ記事を真似してみると、徐々にブログから集客できるようになります。

 

一人ではSEOに強い集客ブログ記事が書けない人や、人の気持ちが考えられない人はいつでも相談してください。私があなたと一緒に考えますよ。

考えることが苦手な人は多面的な視点で物事を考えていない人

「自分ですごく考えたんですけど、考えてもわかりませんでした。なので、教えてください。」と、個別相談後のメール相談で、お客様から「教えて欲しい」と、お願いされることが度々あります。

 

もちろん、わからないことを質問してくれれば答えますが、私が気になるのは、本当に考えたのかどうかです。

 

「自分で考えた」の考えたの部分ですが、私からすると「考えた」のではなく、ただ単に「時間をかけて悩んだだけ」に見えます。

 

悩むことと、考えることは全然違います。

 

悩むとは、一方向の視点だけで物事を考えることです。一方向の視点でしか物事を捉えられないため、どれだけ考えても同じ答えしか浮かびません。そのため、出てくる答えはいつも同じだから、同じことで悩むのです。それは時間をかけて悩んだだけです。

 

一方で、考えるとは、多面的な視点で物事を考えることです。一方向からでは同じ答えしか出てこないため、別の方向から視点を変えて物事を捉えることで、違う答えが浮かんできます。

 

できるだけ多くの視点を持てば持つほど、考える時間も長くなるため、時間をかけて考えたことになります。

 

例えば、最近お客様から、「貧しい 子供」について記事を書いたけど、どれだけ考えても良いタイトルが浮かばないと相談されました。

 

まず、考えて欲しいのは、本当に「貧しい子供」と表現するのかどうかです。

 

子供は自分で稼ぐことができません。そのため、子供自身が貧しいのではなく、親が貧しいまたは家庭が貧しいのです。子供が貧しいのではなく、親や家庭が貧しいので、「貧しい子供」ではなく「親が貧しい家の子供」や「貧しい家庭の子供」という表現が適当になります。

 

何が貧しいのかをもっと詳しく伝えたいなら、「貧乏な家庭の子供」という表現のほうが、お金がなくて貧しい暮らしをしている子供だと、読者に分かってもらえます。

 

「貧しい子供」という文字を眺めているだけでは、何も浮かびません。その子供はどんな状況で、周りの環境はどうなっているのかなど、視点を変えて考えると、他の表現方法が思い付きます。

 

この多面的な視点で物事を考えることは、才能ではないため、学習することができます。一番簡単なのは、私の考え方や記事タイトルの付け方を真似することです。「秋山さんならどういう表現をするだろう」と、私の個別相談を受けてくれたお客様には考えて欲しいです。

関連記事→ 憧れている人の能力や才能は真似できないけど技術や考え方なら真似できる

 

なんて偉そうに書いていますが、私も悩みます。私一人で考えても答えが出ない時は、誰かに相談したり、お金を払って何かのプロに一緒に考えてもらいます。ですが、人に考えてもらった答えをもらうだけでなく、その人の考え方までキッチリといただきます。

 

とうことで、自分一人で悩んでも同じ答えしか出ないと悩んでいる人は、いつでも私に相談してください。あなたの悩みを多面的な視点で考えて、あなた一人では出せない答えを一緒に考えますよ。

© AkiRa Workshop 当サイトの情報を転載、複製、改変等は禁止いたします