集客の悩み相談室|集客のブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、販促用のチラシやパンフレットの作り方やデザイン方法を男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

個別相談

私のブログに書かれている内容を読んで相談したいことがあれば、何でもご相談ください。チラシやカタログ、ホームページなどのデザイン相談にも乗っています。今まで相談してくれたお客様レビューはこちらをご覧ください。

11,000円 / 60分(税込)

16,500円 / 90分(税込)

22,000円 / 120分(税込)

  • 60分、90分、120分からお選びいただけます
    ただし60分と90分の場合はキッチリ予定時刻で終了します。
  • 振込手数料と決済手数料は、お客様負担でお願いします。
  • ご相談後3日間はメールでご質問を受け付けます。
  • お客様都合のキャンセルは、一切不可とさせて頂きます。 

いきなり申し込むのが不安な場合は「事前カウンセリング(無料)」も開催しています。カウンセリングを受けても、個別相談に申し込む必要はありません。お試しの気持ちで、ぜひご利用ください。

→ 事前カウンセリングはコチラ:秋山アキラ個別相談前の事前カウンセリング(無料)

 

私の商品やサービスの料金は最高で22,000円(120分/1回限り)です。そのため、数十万円もする高い商品を買わせる等の勧誘は一切ありません。すべて一回限りです。


リピートは何度でも歓迎ですが、リピートの勧誘も一切していません。


高額な商品を私から買わされたり勧誘される心配は無用です。その時間を使って本気であなたの悩みと向き合い、今の悩みの解決方法をあなたと一緒に探し出します。

 

お支払い方法

銀行振込・PayPal決済をお選び頂けます。
※銀行での振り込み手数料とPayPalでの決済手数料はお客様負担でお願いします。

 

個別相談お申し込み方法

個別相談をご希望される方は、
今すぐ以下のお申し込みフォームからお申し込みください。
「24時間以内に」ご返信させて頂きます。

ws.formzu.net

 

2020年6月からブログ集客やWeb集客のご相談に乗ってきました。相談者の年齢層は20代から70代まで幅広く、1年10ヶ月で相談に乗った職業は軽く100を超え、200名以上の相談にすべてマンツーマンで乗りました。

 

【今までのご相談者様】
バイリンガル育児、結婚相談所、がん専門カウンセラー、教師専門カウンセラー、ヨガ・顔ヨガ講師、書くヨガ講師、ピラティス講師、姿勢矯正トレーナー、美容整骨、指圧治療院、整体院、レイキヒーラー、バッチフラワーセラピー、アニマルコミュニケーター、スピリチュアルメッセンジャー、絵本紹介セラピスト、コーチング、イメージコンサルタント、マナー講師、コミュニケーション講師、起業・経営コンサルタント、コンサルタント、パーソナルスタイリスト、フラワーアレンジメント教室、曼荼羅アート作家、園芸療法師、発達支援トレーナー、無農薬お茶農園、茶道具卸、アートディレクター、アーティフィシャルフラワー、リフレクソロジー、マツエクサロン、痩身サロン、耳つぼダイエットサロン、ネイルサロン、エステサロン、ヘアメイクサロン、タイ古式マッサージ、新体操オンラインレッスン、ダンススクール、サロン経営コンサルタント、FXと株の講師、海外の株式投資のサポート、不動産投資家、異業種交流会、人材紹介業、カウンセラー、カウンセラー養成所、パーソナルスタイルリスト、メイクレッスン教室、美容師、理容師、お菓子教室講師、手ごねパン教室、化粧品販売会社、レンタルスペース運営会社、ハウスクリーニング養成会社、一級建築士、設計事務所、ピアノ講師、英会話講師、姓名判断鑑定師、九星気学鑑定士、西洋占星術師、タロット占い師、気功師、カラーセラピスト、アロマセラピストなど

→ 関連記事:お客様レビュー一覧

→ 関連記事:お客様の実績・実例・感想など

 

【指導実績】

  • 導線を変えるように伝えただけで数日後に2件の申し込みが入った設計会社
  • インスタからプロフィールを変えて集客するように伝えただけでフォロワーが増えた経営コンサルタント
  • Web集客の仕組みの作り方を伝えただけで体験レッスンの予約が入るようになったピラティス講師
  • ホームページとブログのタイトルを変更しただけでGoogle検索1位になったサロン
  • SEO対策をして新規顧客を獲得した診療所
  • ストアカの教室と講座ページの内容を見直しただけで講座公開1週間で受講者が入った園芸士
  • 一度の相談だけで「その資料もらえませんか?」と言われるほど資料作りが改善したサラリーマン
  • 半年ブログを書いても集客できなかったが、個別相談を受けた後、2ヶ月でブログから集客できたダンススクール
  • 個別相談後すぐにブログを書き直すと、新しく書いた記事がすべてアメブロでランキングされたヘアメイクサロン

 

メニュー:

個別相談

11,000円 / 60分(税込)

22,000円 / 120分(税込)

  • 時間は60分と120分からお選びいただけます。
  • 60分(11,000円)のご相談も可能です。ただしキッチリ60分で終了となります。
  • 詳細は以下をクリックしてください。

blog.akira-workshop.com

ブログ添削サービス

ブログから集客できない方は、添削サービスをお勧めいたします。

通常価格 16,500円(税込)

11,000円(税込)

  • サービスのご提供はPDFと動画になります。
  • 詳細は以下をクリックしてください。

blog.akira-workshop.com

ブログ記事や文章の再構成サービス

ブログ記事、チラシ、パンフレット、プロフィール、ストアカの教室ページ・講座ページ、ランディングページ、メルマガ、ホームページ、占い師の方のメール鑑定内容など、文章の再構成サービスをしています。

 

再構成をしてほしい文字数で料金が決まります。ページ数は関係ありません。文字数の計算はコチラをご使用ください。(空白抜きの文字数で計算します)

3000文字まで:5,500円(税込)

5000文字まで:7,700円(税込)

10000文字まで14,300円(税込)

10000文字以上:別途ご相談ください

詳細は以下をクリックしてください。

blog.akira-workshop.com

プレゼン資料添削・再構成サービス

プレゼン資料作りが苦手な方は、添削・再構成サービスをお勧めいたします。

添削:550円/1ページ(税込)

再構築:1,650円/1ページ(税込)

詳細は以下をクリックしてください。

blog.akira-workshop.com

 


 

それまでは外資系医療機器メーカーでマーケティング・コミュニケーションという部署で内勤デザイナーとして16年働き、印刷デザイン会社で2年働き、法律特許事務所で5年働きました。前職ではデジタルマーケティングも担当していました。

DTPデザイナー(印刷関係のデザイナー)歴は20年です。

 

医療機器メーカーで私が作ったチラシとカタログ、手術手順書などの紙媒体のデザインは約1000件を軽く超えます。

プレゼン資料の手直しや社外・社内資料をすべて私が手直ししていました。

 

会社員時代にタロット占い師として自分のアメブロ、WordPress、YouTubeを徹底的にSEO対策したお陰でWeb集客に成功し、2年間メール鑑定のみを行い、文章だけでリピーターのお客様を数多く獲得しました。

 

合計するとかれこれ25年ずっと文章に関わる仕事をし続けています。人に文章の文字校正や構成や添削、ブログ記事やホームページ内容の再構成や添削、プレゼン資料の作り方を教えを行っています。

 

人と話したり、人が書いた文章を読むだけで「その人が言いたいこと」を読み取ることができます。その能力を活かして私の作った印刷物が今も世界一になっています。

私の職歴についてはコチラも参考にしてください。長所についてはコチラ

 

色んな方がブログやホームページ、プレゼン資料での文章の悩み、集客や起業での悩みの相談に来られます。

  • ブログから集客したいけどできない
  • ブログに何を書いて良いのかわからない
  • コンサルタントに相談したけど成果が出ない
  • ランディングページを作ったけど誰からも申し込みがない
  • ワードプレスの使い方がわからない
  • チラシやカタログの作り方がわからない
  • ストアカやYouTubeのサムネイルを自分で作りたい
  • ブログやホームページの構築方法を知りたい
  • デザイナーに頼んだデザインがイマイチなので相談に乗って欲しい
  • 占い師だけど無料メール鑑定の文章から有料鑑定に繋がらない
  • 占い師だけどメール鑑定の文章の書き方がわからない
  • メルマガを配信しているけど何を書けば良いのかわからない
  • プレゼン資料を作っても採用されない
  • プレゼン資料の作り方自体がそもそもわからない
  • カタログを作っても誰からもお問い合わせがこない
  • メールの書き方が悪くて相手を怒らせてしまう
  • 起業したけど何からはじめて良いのかわからない
  • やりたいことはあるけど1人では形にできない
  • 外資系企業で働いているけどこの先が不安でしょうがない
  • 親の介護や相続問題で悩んでいる
  • 女性の人に恋愛の悩みを聞いてもらいたい
  • 奥さんに不倫がバレて悩んでいる
  • 誰かに話を聞いてもらってスッキリしたい

みなさん相談に来た時は憂鬱な表情をしていますが、私に相談した後は「自分のやることがわかってスッキリしました!」と笑顔になって帰られます。

 

一人で悩んでいても答えは出ないですが、私と話をするうちに今やることが見えてきます。ぜひ一度ご相談ください。

DTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント

ママ起業コンサルは怪しいけどママ起業は羨ましい

「ママ起業 コンサル 怪しい」「ママ起業 怪しい」で検索している人がめちゃくちゃ多いです。

 

ママさんの起業をサポートするコンサルが怪しいのは周知の事実となりました。その反面、「ママ起業ってそんなに儲かるの?」と、羨ましい気持ちを持つ人が多いのも事実です。

 

安心してください。ママ起業で儲かっている人なんてほぼいません。

 

よく考えてください。何の努力もせず、起業しただけで儲かるなら、ママさんでなくても誰でも起業するはずです。

 

起業して儲かっているのは、ママ起業をサポートしているコンサルだけです。そのコンサルでさえ、儲かっているのはごくわずかです。

 

会社勤めでも、人より仕事ができるようになり、給料を上げてもらえるまで、かなりの時間がかかります。みんなが仕事で認めてもらえる訳ではありません。自分の能力を伸ばす努力をした人が、仕事でも認めてもらえます。

 

起業もそれと同じです。

 

お客様から認めてもらえるようになり、お金が入ってくるまでには、かなりの時間がかかります。起業すれば誰でも稼げるようになる訳ではありません。自分の能力を伸ばすことができた人や、運を味方にできた人が稼げるようになるのです。

 

ママ起業は忙しいママさんには甘い誘惑ですが、実際はパートしているほうが遥かに儲かります。

 

ママ起業では貯金をママ起業コンサルに巻き上げられます。ですが、パートでは給料が貰えても、勤め先からお金を巻き上げられることはありません。

 

ママ起業している人は優雅な生活をしているように見せていますが、それを見て「羨ましい!」と思う人を勧誘するためにやっているだけです。内情は火の車なことも多いので、見た目にだけで騙されないようにしましょう。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

Google検索で上位表示されるための絶対条件

SEO対策をしながら記事を書く人ほど「Googleが何を基準に順位を決めているのか」を気にします。

 

ハッキリ言うとGoogle以外は誰にもわかりません。

 

ですが、参考になる記事を見つけました。この記事を読めば「Googleが何を基準に順位を決めているのか」が、少しだけわかります。

www.seojapan.com

 

Googleで上位表示されるために、嘘か本当かわからない噂話も多いですが、この記事を読めば上位表示されるための絶対条件がわかります。

 

絶対条件とは「何について書かれた記事なのか」が、読者にもGoogleにもわかるように記事を書くことです。

 

より多くの被リンクを獲得することが大事と言う人もいますが、この記事を読むと被リンクの数は重視されてはいません。1つの被リンクでも良質な被リンクであれば、そちらのほうが重視されます。

 

それよりも、記事タイトル・記事内の見出し・記事内容に「何について書いている記事なのかが誰が読んでもわかること」が、Googleに重視されています。

 

例えば、私のブログ記事で、最近常に上位表示されている記事は、
アメブロのテーマの変更や削除や移動などの編集方法を教えてください」です。

 

この記事はアメブロのテーマの編集方法について書いています。アメブロのテーマの編集方法以外のことは、一切書いていません。文字数もかなり少なく800文字もありません。

 

それでも本家のアメブロの「テーマの追加、削除方法」の次に表示されています。

 

前からこのブログで度々書いていますが「余計なことは記事に書かない」ことが重要です。

→ 関連記事:ブログから集客できないのは余計なことを書きすぎているから

 

ほとんどの人は余計なことをブログ記事に書いているため、読者にもGoogleにも「何が言いたいのか」が伝わっていません。一番ダメな記事の書き方をしています。そのため誰にも読まれない記事になっているのです。

 

誰が読んでも「何が書いているのかがわかる」記事を書くのは、意外にも簡単ではありません。ですが、余計なことを記事に書かないようにすることは誰にでもできます。まずはそこから始めてみましょう。

 

何が余計なことなのかがわからない場合は、いつでも相談してください。誰が読んでも「何が書いてあるのかがわかる」記事にして、読まれる記事を書けるようになりましょう。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

ブログ記事に絵文字を入れたほうがいいですか?

結論から言うと「集客のためのブログ記事に絵文字は必要ない」です。

 

ブログ記事はお客様に向けて書いているのであって、友達に送るメールやLINEとは違います。

 

記事を読んだ人に内容を理解してもらい、納得し、共感してもらって、はじめてお客様となる人が現れるのです。

 

アメブロでブログを書いているほとんどの女性は、記事内に絵文字を入れています。なぜ入れているのかというと「自分の語彙力のなさを絵文字で誤魔化している」のです。

 

絵文字を入れずに文章を書こうとしても、日頃からLINEのスタンプに頼りっきりなため文章として書くことができません。言語化できないのです。

 

自分で言語化できないため、「文章で書かなくても絵文字を見ればわかるでしょ」と、読み手に解釈を委ねています。

 

読み手が正しく解釈してくれるのかというと、してくれません。ブログ記事を読んでも文章で書かれていないため、何が伝えたいのかが曖昧すぎてわからないからです。

 

すべてを文章で書けたとしても、読み手に伝わっているのは10割中1割だけだと思ってください。

 

ということは、絵文字を多用している人は10割中1割も伝わっていないのです。ゼロです。読んでも内容が理解できないため、ブログから集客するのは無理ゲーなのです。

 

新聞や小説、書籍を読んでみてください。絵文字は使われていません。なぜ使われていないかというと、絵文字を使えば使うほど、誰にも内容を理解してもらえなくなるからです。

 

あなたのブログ記事に絵文字が多用されているなら、絵文字は全部消してみてください。絵文字で表現している箇所を文章に置き換えてみましょう。それだけで読まれるブログ記事になりますよ。お試しあれ。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

高額商品の作り方を教えてください

高額商品を作る前に、あなたの低額商品がどれぐらい売れているのかを考えてみてください。

 

値段が安い割に売れていないなら、高額な商品を作ったところで売れる見込みはありません。

 

人がなぜ高額な商品を買うのかというと「値段以上の見返りを求める」から買うのです。

 

高額な商品は、お客様が買った金額より倍以上の大きなリターンや期待を上回る効果がなければ「騙された」「お金を払って損した」「二度と買いたくない」と思われます。

 

人が30万円以上の高額コンサル料を払うのは、月商100万円という見返りが欲しいからです。

 

ライザップも30万円以上しますが、3ヶ月で何十キロも痩せるという効果が期待できるから買うのです。

 

上記を踏まえて、あなたの商品を再度考えてみてください。

 

20万円以上する高額な商品を作って、20万円以上のリターンや効果をお客様に提供できるなら高額商品を作るのはアリです。

 

もし、提供できないなら高額な商品を作る意味はありません。作っても売れないからです。あなたに実績がないなら、高額にしろ低額にしろどちらも売れません。

 

基本的に、人は安いものが好きです。同じ商品なら、より値段が安いものを選びます。

 

スーパーで普段よりも安く売っている商品があれば「安いので買っておこう」と、買う予定がなくてもついつい買ってしまいます。

 

その商品を使ってみて、期待通りか期待を少し上回れば「普通の値段でも買う」ようになります。

 

あなたもAmazonや楽天で何かを買う時のことを思い出してください。同じ商品なら、あえて高い金額のモノは選ばずに安い金額のものを購入しているはずです。

 

高い金額で何かを買っているなら「それなりのリターンや効果」を期待して買っています。

 

あなたのお客様も同じです。金額は安いほうが良いに決まっています。

 

安くても値段以上の効果があるなら、値段を上げても買ってくれます。そのため、実績を先に作る必要があるのです。

 

経験も実績もないのに、いきなり高額な商品を作っても売れません。まずは、あなたの商品に値段以上の価値があることを実績として積み上げましょう。そうすれば、いずれは高くても買ってくれる人が出てきます。

 

実績もないまま値段だけ高くしても、誰も買ってくれません。誰も買わないから、嘘をついて買わせるのが今流行りの商材詐欺です。詐欺師と同じ手法で商売をしないように気を付けましょう。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

メルマガを解除したのにメールが送られてくる怪奇現象

私も複数のコンサルのメルマガに登録していた時期がありました。それらをすべて登録解除したにも関わらず、メールが送られてくることがあります。悪質を通り越して、もはや怪奇現象です。

 

悪質だと思う順にあげると

  • そもそも登録を解除できない
  • 解除されずにメルマガが送られてくる
  • イベントの告知やお知らせメールだけ送られてくる

 

そもそも登録を解除できない:

メルマガには必ず「配信停止」案内をしないといけません。特定電子メール法という法律で定められているにも関わらず、「配信停止」がどこにもないメルマガもあります。

 

本当にビックリです。

 

登録を解除できないため、メールやホームページから直接「解除したいので解除してください」と連絡しないといけません。マジで腹が立ちます。

 

解除されずにメルマガが送られてくる:

メルマガに「配信停止」案内はないけれど、ホームページ上に「メルマガの解除」を載せています。ホームページから「配信停止」をしたにも関わらず、メルマガがジャンジャン送られてきます。

 

すごくムカついたので「ホームページ上で配信停止をしているのにメルマガが送られてきます。解除してください。」とメールでお願いしました。

 

そうしたら「解除しました」とだけ返信が届きました。態度が悪すぎて二度ムカつきました。

 

この人、1時間で30万円も料金を取るコンサルタントでした。メルマガに登録して初めて料金を知ってビックリしました。絶対に詐欺です。

 

イベントの告知やお知らせメールだけ送られてくる:

これが一番多いです。メルマガは解除されているけど、イベントの告知やお知らせメールだけ送られてきます。いやいや、メルマガ解除したらメール送ったらダメでしょ。きっと法律を知らないのでしょう。

 

「メルマガを解除しているのでメールを送ってこないでください。」と直接メールを送って配信を解除してもらっています。正直、本当に面倒臭いです。

 

メルマガ配信するなら特定電子メール法をもっと勉強してから送って欲しいです。そうでないと解除する際に私の手間が増えるだけです。気分も悪いし。

 

「何としてでもメールを送って高額商品を買わせたい」という執念が伺えますが、解除した時点であなたには興味ないのだから、メールを送られても迷惑なだけだと気付かないことに、頭の悪さを感じます。

 

メルマガを解除できなくしている人やメルマガに配信停止を設けていない人は注意してください。あまりにも悪質すぎると訴えられる可能性もあります。

 

メルマガもLINEもやらないほうがいいと私は思います。誰も真剣に読んでいないからです。それよりもブログやSNSに読まれる内容を載せてください。そのほうが面倒臭くないし、後腐れもなくて良いです。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

無名だった頃のダウンタウンの話【エッセイ】

私のプロフィールにも書いてあるけど、私はほぼ無名時代からダウンタウンのファンだ。

 

どちらかというと、熱心なファンだったのは「4時ですよーだ」に出る前までで、アイドル並みに人気が出てしまってからは遠い存在になった気がして、ヒッソリと応援している。

 

私が一番最初にダウンタウンを知ったのは、テレビで横山やすし・西川きよしと桂三枝(今の桂文枝)が司会をやってた演芸番組だった。

 

ダウンタウンだけじゃなく、今は解散した漫才師の銀次・政二の政二を含めた3人での「妖精コント」で知った。今の政二は「ごぶごぶ」のスタッフとして、たまに見ることができる。

 

浜田と政二がハイキングしていると、妖精の松本が笛を吹いている所に遭遇する。そこで二人が「妖精さん、こんにちは!」と挨拶をしながら、妖精の前を通ると妖精にボコボコにしばかれる。というコント。

 

このコントが終わった後が面白かった。

 

司会の横山やすし・西川きよしと桂三枝の三人がポカーンっとした顔でボーゼンとしていた。三人とも目の前で何が起きたのかまったく理解できないといった感じ。

 

そこで西川きよしが「今の何や!?」とビックリして聞くと、「何なんでしょうね。」と、不適な笑みを浮かべた松本が返事をしていた。

 

私はこれに衝撃を受けて、ダウンタウンの大ファンになってしまった。

 

横山やすし・西川きよしと桂三枝の気持ちが今でもよくわかる。本当に今まで見たことがないコントに「今の何!」と、私もビックリした。

 

そんなに面白いダウンタウンだけど、当時は死ぬほど売れていなかった。

 

テレビにもほとんど出させてもらえず、唯一の理解者だった島田紳助から「今はワインが売れていない、日本酒が売れている。けど、お前たちには美味しいワインを作り続けてほしい。いつかワインが売れるようになるから。」と言われていた。(日本酒とワインが入れ替わって覚えているかも、、)

 

浜田なんかは「松本はお笑いの才能があるけど、俺はないから、ピアノとかパントマイムをやろうと思ってます。」と、話していた時もある。それほど売れてなかったのだ。

 

ダウンタウンは大阪の深夜番組「今夜もねむれナイト」や「なげやり倶楽部」にたまに出ていた。いつ出るのかはわからないので、すべてビデオに録画していた。

 

ラジオも生で聴いた上で、全部録音していた。懐かしー。当時のダウンタウンのマネージャーの新田が、私の友達の家庭教師をやっていたと2年前ぐらいに知って驚いた。

 

そんな売れない時期を脱して、徐々に人気が出てきたところで「4時ですよーだ」が始まり、あっという間に大スターになってしまった。

 

売れて嬉しいけど、本当に信じられないぐらい売れたよね。

 

先日、吉本興業創業110周年特別公演「伝説の一日」で、ダウンタウンが漫才をやったらしいけど、私は残念ながら観てません。観てないから、舞台袖からダウンタウンの漫才を観てた芸人さんの話をYouTubeで聴いて一人興奮している。

 

ちなみに松本が監督をした映画は全部映画館で観ています。これでもまだファンなもんで。

エッセイ記事一覧

コンサルのYouTube動画が早口すぎて理解できません【音声配信】

「色んなコンサルがアップしているYouTube動画は、どれも早口すぎて内容が頭に入ってこず、理解ができません。」と、女性のお客様に相談されました。

 

そこで、たまたま見つけた私の「アキラじお」を聴いて、「話し方がゆっくりで内容が理解しやすい」と、事前カウンセリング個別相談に申し込んでくれました。

 

YouTube動画が早口な理由をお話ししています。

anchor.fm

再生時間:11分49秒

 

今のYouTubeの動画は10分前後におさめないと視聴されません。そのため「間(ま)」が少しでもあくと、その部分はカットします。

 

不必要な隙間をカットし、繋ぎ、10分以内にテンポ良くおさめるためにも早口で喋ります。

 

短い動画をできるだけ数多く視聴したいのが、今の人の欲求です。

 

YouTubeやTikTokに慣れている世代には、早口のほうが好まれます。そのため早口で間がない動画が量産されているのです。

 

それとは逆で40代〜60代は早口に慣れていないため、早口の動画に思考が追いつきません。

 

その上、動画を観ながら音声も聴く必要があるYouTubeは、苦手な人もいるのです。

 

あなたのお客様の年齢層を考えてみてください。10代や20代なら早口な動画が好まれますが、30代半ば以上になると好みが分かれます。

 

私の場合、早口で喋ることが苦手な上に動画の編集も面倒なので、YouTubeはほぼやりません。そのため音声配信をやっています。

 

私の独特の話し方や独特の間を編集せずに、そのまま配信しています。それが返ってリスナーに喜ばれています。

 

YouTube動画でも同じです。早口で喋るよりも、あなた独自の話し方や間を研究したほうがウケる場合もあります。

 

他の人と同じことをやっていては誰にもウケません。それよりも「この人の話をもっと聞いてみたい」「この人と話してみたい」と思われる話し方を研究してください。あなた自身に興味を持ってもらえたほうが集客に繋がります。ぜひ参考にしてください。

アキラじお(音声配信)記事一覧

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

ブログ内で読んだ本の紹介をしたいのですがどうすればいいですか?

「本を読むことが好きなので、自分のブログ内で読んだ本を紹介したいのですが、どうすればいいですか?」と、女性のお客様に相談されました。

 

この相談は女性のお客様から結構されます。

 

そういう時こそアフィリエイトの機能を使えばいいのです。アメブロでも、はてなブログでもアフィリエイトの機能があります。

 

アメブロなら、Ameba Pick

はてなブログやワードプレスなら、もしもアフィリエイトがオススメです。

 

私も読んだ本をブログ内で紹介していますが、もしもアフィリエイトの機能を使って紹介しています。

→ 関連記事:結局、自分を救えるのは自分だけという話【エッセイ】

→ 関連記事:会社を辞める前に読むと後悔する本【エッセイ】

→ 関連記事:小説「死ねばいいのに」の話【エッセイ】

 

「Ameba Pick」も「もしもアフィリエイト」もブログの審査が必要になりますが、落ちることはほぼないと思います。

 

本の紹介をする場合、内容の事細かい解説を入れる人がいるのですが、それはAmazonの商品ページを読めば書かれているので不要です。本を紹介するはずが、読書感想文になっている人もいます。

 

本の内容の説明は2〜3行ほどで済ませてください。

 

それよりも、本を読んだことで

  • どんなことが勉強になったのか
  • 本から得られるメリットとデメリット

などを書くと、興味を持ってもらえます。

 

私のブログ記事で本を紹介すると、たまにそこから本を買ってくれる人がいます。記事を読んで、本に興味を持ってもらえているということです。

 

本以外の紹介にも使えるので、とりあえず審査だけ通しておいても損はありません。もしもアフィリエイトの始め方の記事を貼り付けておきますので、参考にしてください。

www.conoha.jp

 

ここで注意があります。集客ブログはブログからお客様を集めることが目的であって、アフィリエイトから収入を得ることが目的ではありません。

 

本を紹介するのは、あなたのお客様の役に立つ情報だから紹介するのです。

 

ブログから集客できない人が、たまにアフィリエイトに方向転換する人がいます。

 

そもそもブログから集客できていないということは、誰にもブログが読まれていません。そんなブログをアフィリエイトにしたところで収益は上がりません。そこをくれぐれも忘れないでください。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

ブログやSNSから1件でもお申し込みが入ればスゴイこと

「Webからお申し込みが入りません」と相談されることが多いですが、そもそもブログやSNSからお申し込みが入るほうが珍しいのです。

 

ほとんどの人がブログやSNSをどんなに頑張ってもお申し込みが入らずに悩んでいます。それだけWebから集客することは難しいのです。

 

Web上から1件でもお申し込みが入れば、それはスゴイことです。自信を持ってください。

 

ブログやSNSを数年頑張っても、1件もお申し込みが入らないのが普通です。

 

もし、あなたがブログやSNSから1件でもお申し込みが入ったことがあるなら、それはスゴイことです。

 

お申し込みが入ったなら、申し込んでくれたお客様に

  • ブログやSNS何を見て申し込んでくれたのか?
  • 何を気に入って申し込んでくれたのか?

この2つを必ず聞いてください。そこに次の集客に繋がるヒントがあります。

 

何が良くて申し込んでくれたのかがわかると、その部分をWeb上でどんどん出せば次の集客に繋がります。

 

それを繰り返していくと徐々にWebから集客できるようになっていきます。

 

何度も言いますが、Webから1件でもお申し込みが入ればスゴイことです。「1件しか入らなかった」と落ち込むよりも「一人でも理解してくれる人がいた」ことを喜びましょう。

 

一人のお客様の後ろには同じような人がたくさんいます。そういう人に読んでもらえるブログやSNSにしましょう。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

ブログ記事が書けないのは上手くキレイに書こうとするから

ブログ記事が書けなくて悩んでいる人は多いです。何を隠そう、私も記事が書けずに悩んでいた時期がありました。

 

ブログ記事が書けなくなるのは、上手くてキレイな文章を書こうとするからです。頭で考えているうちは書けるようにはなりません。

 

私が集客ブログを書き始めたのはタロット占い師になってからですが、最初はとにかく何でもいいので毎日書き続けました。

 

集客ブログは書いたことがなかったので、書き方もわからず本当に苦労しました。ブログの書き方を教えてくれる人がいなかったので、売れていそうな占い師さんのブログ記事を読み漁って参考にしました。

 

そして、3ヶ月ほどブログ記事を書いた後に、ブログを読み返し、今度は書き直し続けました。

 

3ヶ月経ったところで、占いの先生にやっとブログを添削してもらえた時は、記事の書き方をダメ出しされ、言われた通りに書き直し続けたのです。

 

そうすると、徐々に集客ブログの書き方が身についてきました。

 

今読み返しても、占い師の時のブログ記事の文章は酷いです。あんな文章でよく集客できていたなと思いますが、依頼してくれたお客様からは「ブログを読んで私のことだと思いました!」とか「他の占い師さんとは書いていることが全然違いました!」などの感想をもらえました。

 

私の占いのブログを読んでくれていた人は、私の文章が上手いから読んでいたのではありません。私が悩んでいる人の気持ちを真剣に考えて、それをブログ記事に書いていたから、読んでくれていたのです。

 

最初から上手い文章が書ける人は、そんなにいません。私もいまだに上手く書けません。ですが、なるべくわかりやすい文章や誰が読んでもわかる文章を書こうと心掛けています。

 

ブログ集客には文章の上手い下手はあまり関係ないです。下手でもお客様の気持ちを真剣に考えて書いていれば、誰かが読んでくれて、お客様になってくれます。人が読みたくなる内容を書くことが1番重要です。

 

上手くキレイに書こうとする前に、箇条書きでも殴り書きでもいいので、お客様の悩みを書き出してみましょう。とりあえず、それをそのままブログ記事にしても大丈夫です。誰も読んでいないので気にしなくていいです。

 

最初は誰でも下手なのでそんなことを気にするよりも、お客様の悩みを考えて、それをブログ記事に書き続けましょう。3ヶ月も書いていれば、なんとなく書き方のコツがわかってきます。 上手く書こうと思わないことが、ブログを上手く書くコツです。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

会社を辞める前に読むと後悔する本【エッセイ】

前からちょっと気になっていた本を読んでみた。

 

著者は、会社員だけど副業でイラストレーターもやっている。40代を目前にして会社を辞めた話が書かれている。

 

あやうく一生懸命生きるところだったハ・ワン  (著), 岡崎 暢子 (翻訳)

 

私も40代で会社を辞めたので、内容に関しては共感しかない。その上、著者と生活環境が似ているので、私も会社を辞めた後、同じような感じで過ごしている。

 

誰しも「このまま会社で働いていて本当に大丈夫なのか?自分の人生を生きれているのか?」と、考える時がある。

 

「会社辞めようか」と悩んでいる時にこの本を読んでしまうと、本の影響を受けて「私も(俺も)こんな生活できるかも!」と思い、会社を辞めて後悔することになる。

 

まず、著者は40代の独身男性。扶養する家族がいない。その上に、副業とも本業とも取れるイラストレーターの仕事がある。そのため、会社を辞めても何らかの収入を得る手段を持っている。

 

そして、給料は高くなくてもずっと貯金をしていたので、蓄えがある。副業の収入と貯金があるので、当面の間は生活には困らない。

 

会社を辞めても生活していけるので、会社を辞めている。という前提条件がある。

 

この本を読んで、著者の生活に憧れたとしても誰でも同じ生活ができる訳じゃない。そのため、会社を辞める前に読むのはオススメしない。

 

読むなら会社を辞めた後に読んでほしい。

 

本当にこんな生活ができる人はそんなにいない。実家暮らしならそれも可能だと思うけど、一人暮らしで貯金がない人や手に職がない人は無理だと思う。扶養する家族がいるならもっと無理。

 

なので、この本を読むことをオススメするのは、40代以上でそこそこ蓄えがある独身女性か独身男性。会社員生活に疲れて会社を辞めた人が読むにはちょうどいいかも。

 

会社辞める前に読んじゃダメよ。

エッセイ記事一覧

アメブロでフォロワーもアクセスも少ないのにまたランキングしました!

「ブログ記事タイトルを付け直したところ、ブログがまた持ち直しました。フォロワーが50人くらいしかいないし、アクセスも少ないのにランキング入りしました!」と、女性のお客様からメールでご報告をいただきました。

 

同じような記事タイトルが多かったので、付け直してもらったら、最近書いた記事のほとんどが人気記事にランキングしました。

 

公式ジャンルのランキングも直近の最高では53位になっています。もちろん、他の人をフォローしたり、いいねしたりは一切していません。

 

フォロワーが多い人やいいねが多い人のブログのアクセスが多いのかというと、多くはありません。

 

一時的にアクセス数が上がることはありますが、ほとんどの人は記事の内容まで読んでいません。いいねしたら、記事を読まずに去っています。

 

私のお客様がランキングした理由ですが、記事ページへの滞在時間が長いことが1つの目安になっているのではないかと私は推察しています。

 

アクセスが多くても読者が数秒しか滞在していない場合は、内容まで読んでいない人が多い記事です。アクセスが少なくても読者が長い時間滞在している場合は、内容まで読まれている記事です。

 

そのためアメブロは、キッチリと内容まで読まれている記事をランキングさせているのではないかと思います。

 

アメブロは「いいね」だけしている記事へのアクセスを除外しているため、滞在時間を計測して、それをランキングに反映させているのではないかと私は考えています。あくまでも推察ですが。

 

フォロワーが多くてもそれは上辺だけの数字です。それよりも実際に記事を最後まで読んでくれる読者がいたほうが集客には繋がります。

 

アメブロのフォロワーが2000人で1記事につき500のいいねをもらえている人が、「3年経ってもブログから一人も集客できません」と、私に相談に来たことがあります。

 

それだけ、フォロワーといいねはあてにならないということです。

 

フォロワーといいねを増やすよりも、読まれる記事を書いたほうが確実に読者はつきますし、集客にも繋がります。

 

アメブロで読まれる記事を書きたい人はいつでもご相談ください。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

Googleアナリティクスで初心者が見るべき5つの箇所

120分の個別相談を申し込んでくれたお客様に限って、Googleアナリティクスの設定を一緒にすることがあります。

 

どこを見ればいいのかも説明していますが、時間の関係上じっくりと説明することができません。

 

そこで、Googleアナリティクスで初心者が見るべき箇所を5つ書き出してみます。

 

  1. ユーザー → 概要
  2. ユーザー → ユーザー属性 → 年齢
  3. ユーザー → ユーザー属性 → 性別
  4. ユーザー → 地域Japan
  5. 集客 → すべてのトラフィック → 参照元 / メディア

 

上記5つを確認すれば、

  • どんな人が読んでいるのか
  • どの地域で読まれているのか
  • SNSは上手く機能しているのか
  • SEO対策はできているのか

がわかります。

 

基本的に「ユーザー」と「集客」だけ見ておけば大丈夫です。

アナリティクスのユーザーと集客

 

1. ユーザー → 概要

ユーザーの中にある「概要」だけ見ておいても、ほぼ大丈夫なぐらいです。

 

直近1週間であなたのブログに訪れた「ユーザー数」「新規ユーザー数」「ページビュー数」などが表示されています。

アナリティクスのユーザー概要

 

「ページビュー数」と「セッション」の違いは、以下のサイトを参照してください。

www.creal.co.jp

 

2. ユーザー → ユーザー属性 → 年齢

あなたのブログではどの年齢層の読者が多いのかが確認できます。

 

私のブログは、18歳以上54歳以下と比較的読者層の幅が広いです。その上、一番個別相談を申し込んでくれる「35歳〜44歳」の直帰率(ブログを1ページだけ見て帰った人の率)が低いので、今の所狙い通りです。

 

意外にも「18歳〜24歳」の直帰率も低いです。20歳前後の人からのご相談、お待ちしてます。

アナリティクスの年齢

 

3. ユーザー → ユーザー属性 → 性別

あなたのブログでの男女の読者の割合が確認できます。

 

私のブログの場合、6割は女性で4割が男性です。個別相談の男女比も同じなので、そのまんまかなと思います。

 

ただ、男性読者の直帰率が女性よりも低いので、男性読者のほうが熱心に読んでくれているのがわかります。男性からのご相談、お待ちしています。

アナリティクスの性別

 

4. ユーザー → 地域 → Japan

あなたのブログがどの国やどの地域で読まれているのかがわかります。

 

私はダントツで日本(Japan)の読者が多いですが、海外向けにブログを書いているなら海外の国が1位になっているはずです。

アナリティクスの地域

 

Japanをクリックすると、より詳しい地域を見ることができます。私のブログの場合、地域限定の商売ではないので、ユーザー数も大都市圏の順番になっています。

 

あなたの商売が地域限定なら、その地域でのユーザー数が多いと集客に繋がりやすいです。

 

47都道府県からのアクセスがあるので、大都市圏以外の人からのご相談をお待ちしています。

アナリティクスの日本の地域

 

5. 集客 → すべてのトラフィック → 参照元 / メディア

あなたのブログにどこから流入しているのかがわかります。

 

SNSをやっていて、ブログへ誘導しているならSNSが1位になっているはずです。

 

私の場合は、SEO対策をしているので、GoogleとYahoo!が1位と2位です。ブックマークでブログを読んでくれている読者も多いため、3位がダイレクトになっています。bingからの流入も増えました。

 

ブックマークしてくれている読者からのご相談をお待ちしています。

アナリティクスの参照元

 

大体この5つを見ておけば良いのではないでしょうか。それ以外を見ても、初心者では理解できません。

 

注意点として、「ユーザー属性」の中にある「年齢」と「性別」は、ブログにある程度にアクセス数がなければ表示されません。それも事前に「有効化」のボタンをクリックしていなければ、計測されないので注意してください。

アナリティクスのユーザー属性の有効化

 

そして、現行のGoogleアナリティクスは2023年7月1日に新しいGoogleアナリティクス4に完全移行します。それまでの間だけ今のアナリティクスが使えます。

 

ぜひ参考にしてください。

 

アナリティクスの設定が一人でできない人は、いつでも相談してください。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

集客ブログを書くために参考になる本を教えてください

「ブログに何を書いていいのかわかりません」「ブログを書いても集客できません」とお客様から相談されることがほとんどです。

 

今からブログを始める人や数年ブログ記事を書いても集客できない人に、オススメの本が3冊あります。

 

どうすれば、売れるのか?―――世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方木暮 太一 (著)

 

結局は、何を売れば売れるのかがわからなければ売れません。そしてお客様は何を欲しいと思っているのかがわからなければブログも書けません。

 

その基本的なことをこの本を読んでまずは理解しましょう。

 

SEO対策・超入門2022滝口健太郎 (著) Kindle版のみ

 
ブログはGoogleで検索されてクリックされないと書いている意味がありません。SEO対策をしなければ、いつまで経っても読まれないままで終わります。
 
この本は、最新のSEO対策方法をわかりやすく教えてくれます。

 

Googleで検索されるために重要なのはSEO対策です。

  • なぜSEO対策をする必要があるのか
  • SEOとは何なのか
  • SEO対策とは具体的に何をすればいいのか

上記のことがわかりやすく解説されています。

 

この2冊を読むと

  • ブログに何を書けばいいのか
  • ブログが読まれるためのSEO対策の方法

がわかります。

 

後は、ブログの書き方です。

 

何を書けばいいのかがわかっても文章を書くこと自体が苦手な人がいます。そんな人にはこの本をお勧めします。

 

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。藤吉 豊、小川 真理子(著)

 

文章を書くことを難しく考えすぎている人も多いですが、そんなに難しくはありません。誰でも簡単にわかりやすい文章を書くためのポイントを教えてくれます。

 

こちらの本については以前に書いた記事があるので、そちらを参考にしてください。

→ 関連記事:文章をわかりやすく書くために参考になる本を紹介

 

この3冊さえあれば他の本は必要ありません。何度も読み込み実践すればブログから集客できるようになります。

 

コピーライティングの本を買っても意味はありません。自己啓発本を買っても集客できるようになりません。そのことに早く気づきましょう。

 

本を読むよりももっと早いのは私に相談することです。本を読むことが苦手な人は私に相談したほうが手っ取り早いです。

 

最短1時間で集客ブログの書き方がわかります。ぜひご相談ください。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について

販促用のチラシ作成をお願いできますか?

「販促用のチラシがないので、販促用のチラシ作りをお願いできますでしょうか?」と、奈良で農業をやりながらお米や野菜、お茶を販売しているお客様からチラシ作りを依頼されました。

 

以前、私とは違うデザイナーさんにお願いして、チラシを作成されていたのですが、デザイナーさんの都合で途中から私が引き受けたことがあります。

→ 関連記事:チラシやパンフレットのデザインにアドバイスをもらえませんか?

 

今回は完全に販促用ということなので、販売しているお茶の特徴や味がわかるようなデザインにしました。それがコチラ。

販促用のチラシデザイン

 

チラシの表紙を見ると、どんなお茶が売っているのかがすべてわかるようにしています。お客様の求めている情報を表紙に入れています。

→ 関連記事:チラシやパンフレットを作る際はお客様の求めている情報を入れないと失敗する

 

特にお茶は「渋い」「まろやか」など、人によって味の好き嫌いがあります。どのお茶に関しても自分の好みのお茶が選べるように工夫しました。

 

チラシに使っているイラストもすべて私が描いています。

 

最初のデザインから比較してみます。
左:最初に頼んだデザイナーさんのデザイン
中:最初のデザインから秋山が手を入れたデザイン
右:秋山のオリジナルデザイン

チラシのデザイン比較

 

あなたなら、どのチラシを手に取ったらお茶を買いたくなるかを考えてみてください。

 

自分の入れたい情報だけを入れると、お客様にとっては必要のない情報ばかりを入れていることがあります。

 

そうするとお客様の購買意欲をそそらないため、せっかくお金をかけてチラシを作ってもすぐに捨てられてしまいます。

 

できるだけチラシを手に取って興味を持ってもらえるように、一工夫することが重要です。

 

チラシデザインやパンフレットのデザインに関する相談はいつでも大歓迎です。チラシを作ってもなかなか効果がない場合はいつでも相談してください。もちろん、私がデザインしない場合はデザイン費はとりませんよ。

デザインコンサルの事案記事一覧

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について