ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

製品カタログやチラシの作り方

製品カタログやチラシを作る際の原稿の作り方や作る際のコツなどを解説しているブログ記事の一覧です。捨てられない製品カタログやチラシを作りたい方をぜひご一読ください。

チラシやパンフレットの内容にアドバイスをもらえませんか?

もちろん、アドバイスします。DTPデザイナー(印刷物のデザイナー)歴は19年です。チラシと製品カタログは山ほど作ってきました。 私のお客様の中には、ご自分で手書きのチラシを作っているお客様もいますし、デザイナーさんに頼んでパンフレットを作ってい…

チラシやパンフレットを作る際は何のために作るのかをよく考えよう

「依頼していたデザイナーさんの諸事情でチラシ作りが止まってしまったので、チラシ作成をお願いできませんか?」とお客様から相談されました。本業がDTPデザイナーなので、たまにチラシ作成も依頼されます。 チラシやパンフレットを作ろうとしているなら、…

製品を写真撮影する時の必需品はありますか?

私が企業から依頼されて製品を撮影する際、必ず用意するモノがあります。 それは、 三脚 レフ板 この2つです。 会社で働いている時は、会社にあったので自分で用意する必要がありませんでした。ですが、今は自分で用意しないと撮影ができないため、Amazonで…

製品カタログを作る際の写真配置のコツ

製品カタログや製品リーフレットを作る場合、製品の写真を入れるのが一般的です。メインの製品があり、それに付随するオプションの製品がある場合、それぞれの写真の大きさはかなり重要です。 メイン製品が一目で見てわかるようにするには、オプション製品と…

製品カタログを作る時は伝えたいことを1つに絞る

製品カタログを作る際に一番重要なことは、一番お客様に伝えたい製品の特徴を1つに絞ることです。 製品カタログは見開きで作られることが多いですが、開いた時に製品の特徴を1つだけ書いていると「何のために作られた製品なのか?」がお客様にすぐに伝わりま…