集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

文章のわかりやすい書き方

わかりやすい文章を書くためのコツなどを解説しているブログ記事の一覧です。ブログやSNSでの集客やランディングページを書く際にわかりやすい文章は必須です。わかりやすい文章を書きたい方はぜひご一読ください。

ブログの文章が下手な人にオススメの上達方法

「ブログの文章が上手く書けません」と悩むお客様は多いです。最初から上手く書ける人は誰もいないので安心してください。あなただけではありません。私も下手でした。 ブログの文章が上手くなるには とにかくブロブを書く回数を増やす 本をたくさん読む(語…

句読点のない文章が怖い理由

私のお客様にはいませんが、メールやメッセージのやり取りで句読点をまったく打たない人が、ごく稀にいます。 文章を読んでいて何か違和感を感じると思ったら、文章にまったく句読点を打っていませんでした。 それを読んで「句読点のない文章を書く人は怖い…

文章の書き方で性格までわかることもある

人材紹介会社のIT部門をお手伝いすることになったので、社員さんから色々と話を聞いていると「履歴書の書き方を見ただけで、その人の性格が大体わかる」と教えてくれました。数千人の履歴書を見ているため、わかるようになったそうです。 私もたくさんのお客…

メールを書くことが苦手な人にオススメのメールの書き方

企業で働いていると色々な人から色々なメールが届きます。そんな時に一番困るのが、長い上に何を書いているのかがサッパリわからないメールです。 そういうメールは何度読んでも何を書いているのかがわかりません。「メールを送った本人も、実はわかってない…

文章は丁寧な言葉で書けば書くほど何を書いているのかがわからなくなる

お客様のブログ記事を読んでいると、読者にかなり気を使って丁寧な言い回しで文章を書いている人がいます。特に女性のお客様に多いです。 一番多いのが、「いらっしゃるのではないでしょうか?」とか「思っていらっしゃる」など、「いらっしゃる」を多用して…

集客ツールの使い方より文章の書き方を教えてもらったほうが断然お金に繋がる

文章の書き方で悩んでいる人はとても多いです。ブログ記事もそうですが、資料やメールの文章の書き方でも多くの人が悩んでいます。 その割に、お金を払ってまで誰かに教えてもらおうという人はほとんどいません。 文章の書き方で悩んでいるはずなのに、ブロ…

わかりやすい文章を書くための3つのコツ

印刷物のデザイナーという仕事柄、わかりやすい文章を書くことが私には必要でした。 わかりやすい文章を書くために、意識せずに私が普段からやっていることを書き出してみます。 知らない言葉を見つけたら、ネットの国語辞典で調べる 自分が書いた文章を読ん…

コピーライティングを勉強してもわかりやすい文章が書けるようにはならない

コピーライティングを勉強したいと言うお客様は多いですが、コピーライティングを勉強してもわかりやすい文章が書けるようにはなりません。 なぜならコピーライティングは広告のための文章の手法だからです。 一瞬で「この商品を買いたい!」「この雑誌読み…

ブログ記事タイトルが疑問文なら記事内に答え(結論)を書こう

ブログ記事タイトルやブログ記事内の見出しが疑問文なら、疑問に対する答え(結論)は記事内に必ず書いてください。 例えば、 記事タイトルを「プレップ法とは何ですか?」と疑問文で書けば、記事内に「プレップ法とは、結論(Point)→理由(Reason)→具体例…

ブログの文章が下手よりも悪いのは説明不足と専門用語の多用

「文章が下手なのでブログが上手く書けません」とお客様からよく相談されます。そこでブログを読んでみると文章が下手な訳ではありません。 ほとんどの人が、 説明不足 専門用語の多用 により、文章を読んでも何が言いたいのかがわからないことが多いのです…

わかりやすい文章にするためには文章を増やすよりも減らせばいい

製品カタログやプレゼン資料、ブログ記事でもそうですが、文章をわかりやすくしたいなら、文章を増やすことを考えずに、減らすことを考えてください。 多くの人は「この文章わかりにくい」と思ったら、文章を増やすことを考えます。文章を増やしすぎると、文…

情報の内容が良くてもわかりにくければ誰も見ないし読まない

ブログやホームページのデザインに凝る必要はありません。私は20年間プロのデザイナーをやっていますが、デザインに凝りすぎることが嫌いです。 デザインに凝り過ぎると見た目はキレイですが、情報を読んでもらえません。「キレイ!」と思われて終わります。…

ブログを書く前に結論を先に決めておくと記事が書きやすくなる

「この記事は何について書かれている記事なのですか?」とブログ添削を頼まれた際、お客様に質問することがあります。ですが「何について書いている記事なのかが自分で読んでもわかりません」という返事が返ってくることが多いです。 そんな人は、最初に書く…

必ず回答がもらえる質問メールの書き方

お客様にメールで質問をされることが、かなりあります。 わからないことがあるから私に教えて欲しいのはわかりますが、メールをよく読んでも何を知りたいのかがわからない場合がたまにあります。 質問に対する答えが欲しい場合は 何がわからないのか 何が知…

秋山さんが書いてある文章の通りです

「秋山さんが書いてある文章の通りです」とお客様に言われることが多いです。ブログ記事内容やストアカの講座内容、それを読んで共感し納得してくれた人が相談に来てくれます。 私が何を書いているのかというと、今までお客様が私に相談してくれたことをその…

知って欲しいことが多すぎて文章を長くすると逆に誰にも読まれなくなる

ブログ記事に書くことがなくて相談に来るお客様も多いですが、たまに書くことがあり過ぎるお客様もいます。 そんな人は「自分を知って欲しい!」「こんなに良いことがあるからたくさんの人に広めたい!」という気持ちが強いです。 そのため、伝えたいことが…

回りくどい表現の文章では何が言いたいのかが伝わらない

お客様の文章を添削していると「ずいぶんと回りくどい表現を使っているな」と感じることがあります。 特に自分のことを書く時は「自信を持ってできるとは言えない。けど、実際はまあまあできる。」その曖昧な感じを文章で書こうとして失敗しています。 例え…

文章を書き直すことは文章を作り込むこと

ストアカの教室ページの再構成を男性のお客様から依頼されました。 依頼者が文章を考え私に送る 私がその文章を再構成し依頼者に返信する 依頼者が私が再構成した文章を手直しする このような感じで、文章を書き直しながら文章を作り込んでいきます。 ほとん…

ブログ記事を書いても読者に内容が伝わらない理由

ブログ記事を書いても読者に内容が伝わらないのは、友達に話す感覚でブログ記事を書いているからです。 女性のお客様が書いたブログ記事を読んでいると、友達にしゃべっている感覚でブログ記事を書いている人が多いです。 「このペンはすごく使いやすいよ!…

あなたの書いた文章が人の生死に関わると思えばわかりやすい文章が書けるようになる

私のお客様の文章を読んでいると、ほとんどがわかりにくい文章を書いています。なぜわかりにくいのかというと、適当に書いても誰も困らないからです。 適当に書いても許される文章しか書いてこなかった人は、適当にしか書きません。 ですが、もし、あなたが…

文章の語尾を濁すと読み手に内容が伝わらない

ブログの添削や文章の再構成を依頼されることが多々ありますが、一番多いのが「語尾を濁して文章を書いている」です。 例えば、 リンゴだと言われればそうだけど... 彼は優しい人だと思っていたのに... 笑っていると思ったら違う反応で... という感じで、語…

文章がまとまらない人は話す内容もまとまらない人

文章がまとまらない人は、頭の中で自分の考えが整理できていません。頭の中が整理されていないため、思い付いた順番で文章を書いています。 そのため、話す内容にもまとまりがありません。思い付いた順番で話をします。話しがどんどん飛ぶため、何を言いたい…

男性の文章は上手い下手がハッキリとわかれる

長年、様々な男性とマンツーマンで仕事をしてきたからわかるのですが、男性のほうが女性よりも文章の上手い下手がハッキリとわかれます。 女性はそこまで文章が下手な人はいませんが、男性は致命的に文章が下手な人がたまにいます。何を書いているのか解読不…

わかりにくい文章には「誰が」「誰に」「何を」が書かれていない

お客様のブログ記事や文章を読んでいると「誰が」「誰に」「何を」しているのが書かれていないことが多々あります。 そのため、読んでいても「何のことを言っているのか」がまったくわからないことがあります。 文章は書く時は、【誰が】【誰に】【どんな】…

書いた文章を添削して欲しくても誰に頼めば良いのかがわからない

先日、ご相談に来てくれた男性のお客様が「ブログ記事を書きました!」と、ご報告してくれました。嬉しい限りです! 「悪い箇所があれば教えて欲しい」とのことだったので、少しだけアドバイスさせていただきました。 「自分が書いた文章のどこが悪いのかを…

何気ないサービスの中に売れるためのヒントがある

「売れる商品を作りたい。そして商売を軌道に乗せたい。」そう思ってお客様はご相談に来られます。そういう私も自分の商売を軌道に載せたい一人です。 最近、「需要があってリピートされそうだな」と感じているのが、ブログ添削とブログ記事や文章の再構築で…

秋山さんの文章を読んでその通りだと思い相談に来ました

「秋山さんの文章を読んで、その通りだと思って申し込みました」と、ヨガ講師の方からご相談を受けました。 文章をしっかり読んでから申し込んでもらえたことが非常に嬉しいです。 他のお客様でも ブログ記事を読んでその通りだと思い申し込みました YouTube…

言葉で説明できても文章で書くのは難しい

ご相談に来てくれたお客様から「チラシのデザインをお願いしたいのですが」と相談されました。 元々がDTPデザイナーなので、チラシデザインももちろんお受けします。ということで、先ほどまでチラシデザインの件でお客様と打ち合わせをしていました。 皆さん…

あなたの手抜き文書が誰かの負担になっている

お客様の文章を手直ししていると「完全に手抜きだな」と思うことがほとんどです。 頭で考えることを完全に放棄している場合もあります。「面倒臭いんだから、これぐらいで良いじゃん。」という感じで文章を書いています。 あなたが何も考えずに手抜きで書い…

ブログを書くとどうしても抽象的な内容になってしまいます

「ブログを書くと自分を客観的に見れず、どうしても抽象的な内容になってしまいます」と悩んでいるお客様は非常に多いです。 何を隠そう、私も気を抜くと抽象的なブログを書きがちです。 抽象的な記事とは、具体性がなく「なんとなくわかるでしょ?」と、読…