ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

自信がない人ほど経験と実績がある

私のところに相談に来るお客様は、専門の分野において経験と実績がある人が多いです。そんな人ほど「私は自信がないです」とよく言います。

 

プロほど、その道で食べていくことの厳しさや難しさをよくわかっています。そして自信がないからこそ、常に学ぶ姿勢を忘れません。自信のなさはプロとして生きていくためには必要だと私は思っています。

 

私自身、プロのDTPデザイナーですが自分のデザインには自信が持てません。技術もあるとは思っていません。上には上がいるからです。

前の会社で上司との面談の際「今よりもっと勉強して技術を身につけたいです。」と言った時は「これ以上技術をつけて一体何するの!?」とまで言われました。

 

プロとは常に不安がつきまといます。それを克服しようと常に勉強しています。でも結局不安は消えません。

 

どちらかというと「経験も実績もないけど資格を取ったから起業したい」という人のほうが自信に溢れています。ですが、資格を取ったから商売がうまくいく訳ではありません。やはり下積みがある程度ないと信用されないからです。小さなことをコツコツと積み重ねていった先にしか信用は勝ち取れません。

 

経験や実績はあるけど自信がない人は、後は自信を付けるだけです。経験や実績がないけど自信のある人は、後は経験と実績を付けるだけです。足りない部分を補いながら、地道に続けた先に成功があるのです。

 

経験も実績もあるけど自信がない!という人はぜひご相談ください。

blog.akira-workshop.com