ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログは無理そうですがTwitterなら続きそうです

「ブログは頭で考えすぎて書けませんが、Twitterなら文字数制限があるので続けていけそうです」と女性のお客様に相談されました。

 

ブログが苦手な人は無理して書かなくていいのでTwitterをやってください。お客様にもそう伝えました。

ブログだと余計なことを書きすぎる人もTwitterなら140文字の制限があるので余計なことがまったく書けません。

 

ブログが苦手な人の特徴として、

  • ためになる話や共感できる話を書かないといけないと思い込みすぎている
  • 自分の書いたブログを読んだ人がどう反論してくるのかを想像している
  • 反論してくる内容に対応しようとして書いたブログを書き直している

これを延々と繰り返すので、いつまで経ってもブログ記事がアップできずに、ブログを書くことが嫌になります。

 

実は私もこのタイプに近いです。頭ですぐに考えてしまいます。だからブログを書くことが苦痛になる人の気持ちがわかります。

 

ですが、私は3年ぐらいブログを書いていますが、ブログの内容に反論してきた人はほぼいません。それぐらい誰も真剣にあなたのブログを読んでいません。考えるだけ無駄です。

お客様にも「3ヶ月は誰もあなたのブログを読んでないので心配しないで好きなだけ書き直してください」と言っています。素直な人は本当にちゃんと書き直します。

 

お客様がまだ全然いない人はブログが書きにくいと思いますが、お客様が少しでも入っている場合は、そのお客様の悩みをブログに書くと書きやすくなります。

 

ブログの無限ループにハマっている人は一度ご相談ください。ループから抜け出す方法を教えますよ。

blog.akira-workshop.com