集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

男性と女性の違いについて

男性と女性の違いについて解説しているブログ記事の一覧です。男女の違いについてご興味のある方はぜひ一度ご一読ください。

女性よりも男性のほうが相談できる相手を求めている

私のところに相談に来るお客様は女性が圧倒的に多い、と思うでしょうが、男性のお客様が4割を占めています。男性は男性に相談する訳でもないのです。 ブログの読者に至っては5割が男性読者です。ご愛読ありがとうございます。 実は相談できる人が女性に比べ…

百貨店に「中高年男性預かり所」を作れば救われる中高年男性と女性販売員が増えるはず

たまに百貨店に行くと見かけるのが、女性販売員さんを捕まえて話をし続ける中高年男性の存在。 私も販売員をやっていたことがあるので、よくわかるのだけど本当に迷惑極まりない。 定年し暇を持て余した男性が百貨店に出向き、女性販売員を捕まえて自分の自…

仕事でも私生活でも女性の需要が増え、男性はますます需要がなくなる

「男性なんて雇おうとは絶対に思いません。女性のほうがよく働くし、結果も出すし、文句も言わずに働いてくれます。男なんて50過ぎたら用無しですよ。男は働かないし、手を抜くことしか考えてない。」と最近、とある男性の会社社長から聞いた。 この考え方、…

女のクセに!は女性の能力が高い場合、男のクセに!は男性の能力が低い場合に使われる

著者である清田さん自身に「新刊が出たので、読んで感想を聞かせてほしい!」と言われていたのに、なかなか読まなかった。なぜなら、図書館での予約が数十人待ちだったから。 それが、清田さんから「10日に関西で講演をします」と連絡があり、会うことになっ…

風俗に行く男の理由

以前の記事で、「男性はなぜ風俗に行ったことを自慢するのか?」を書いた。そこで読んでみた本がコレ。 風俗って本当に色んな種類があると知ることができて、ある種感心した。ぜひ女性に読んで欲しい一冊。サクッと読めます。 「男しか行けない場所に女が行…

離婚したいけどお金で損したくないなら読んでおくべき一冊

前に読んだ本の中で紹介されていて面白そうだと思って、読んで本がコレ。結婚を「金融商品」と捉えて、どうすれば離婚でお金を取れるのかを詳しく解説してくれている。 「損する結婚 儲かる離婚」藤沢 数希 (著) (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliat…

彼氏と別れたい理由がないなら恋愛相談はしないで欲しい話

私よりも少しだけ若い女性から「彼氏と別れるかどうか悩んでいます」と、数ヶ月前から相談を受けていた。 彼氏や旦那と別れるかどうか悩んでいる人は多いけど、そもそも別れたい明確な理由がないなら悩むのはやめてほしい。 なぜなら、別れる理由がないため…

50歳前の女が集まれば男が如何に不要かの話になる

20代〜40代前半までの女が集まれば「彼氏が欲しい!」「自分に合う男はどこかにいないか!」「理想の男はこんな人!」と、男を必要としている話になる。 しかし、女も50歳前になると「男ってマジで面倒臭いよね」「男がいて何かいいことある?」「金持ってな…

モテるという男性の自慢話に女性はまったく興味ない

「結婚するまではモテていて、4股かけていたんだよ。」と、昔モテていたという男性から自慢話をされることがある。現在モテている男性もモテることを自慢する。 モテる男性で2股は普通にいるし、4股も今まで数名いた。それを自慢げに話をされても私としては…

痴漢は犯罪ですと言わなければ痴漢は犯罪だと気付いていない人がまだいることに驚く今日この頃

「痴漢は犯罪です」と、電車に乗ると今でもよく聞いたり見たりする。実はこの「痴漢は犯罪です」には起源がある。 大阪人でも今の人は知らない人が多いと思うけど「御堂筋線事件」という有名な強姦事件がある。詳細は自分で調べてみて欲しい。女性なら誰でも…

私は頭が悪いからと言って自分で考えることを放棄してる女性が多い

女性と話していると「私って頭が悪いんです」と言う女性が一定数でいる。この「頭が悪い」というのは、「学歴がない」とか「勉強が苦手」と捉えがちだけど、実は違う。 女性がいう「私は頭が悪い」というのは、実際は「私は頭が悪いので、私に聞いてもらって…

なぜ男性はやたらとモノを投げるのか?

多くの男性を見ていて、前から不思議に思っていたことがあります。「モノを投げる男性が多い」ということです。 会計で店員にお金を渡す際、お札や小銭をトレーに投げる お店で商品を手に取った際、戻す時に投げて戻す 投げている男性を見ていると「モノを投…

Twitterで余計なことを呟き炎上しているのは友達のいない男性

Twitterで自分の思いを呟いた男性が炎上しているニュースを度々目撃する。ほぼ男性ばかりが炎上している。 炎上した内容を読んでいると「そんなこと友達同士で話せよ」と思うことばかりだ。 私の経験からすると男性は友達のいない人が多い。しょうもないどう…

男の不倫は浮気、女の不倫は本気

タロット占い師をやっていた時に、とにかく既婚女性の不倫が多いことにビックリした。主に多いのは、職場の不倫。そして、子供の友達の親同士の不倫。それが多い。 前にも似たような記事を書いたんだけど、最近相談に来てくれた占い師さんに「不倫を擁護する…

話を聞いて欲しい男性は実はめちゃくちゃ多い

実は男性はめちゃくちゃお喋りです。放っておくとずっと喋り続ける人もいます。話を聞いて欲しい男性はめちゃくちゃ多いのです。人の話を遮ってまで喋る男性も少なくありません。 男性がおしゃべりであるということを知らない女性もいます。男性は無口な人が…

男性が連絡してくるのは自分の知りたいことがある時だけ

男性が自分から他の人に連絡をするのは稀です。 男性は付き合う前や付き合った直後はマメに連絡してきますが、付き合う期間が長くなればなるほど女性に連絡しなくなります。 その後は、自分の知りたいことがある時しか連絡をくれなくなります。それは、彼氏…

弱い女性はいないけど男性に弱いと思わせるのが上手い女性はたくさんいる

私の経験上、男に守ってもらわないと生きていけない弱い女性はいません。「アイツは弱いから俺が守ってやらないと!」と男に思わせるのが上手い女性はいます。ですが、本当に弱い女性はほぼいないと私は思っています。 男性から弱い女性と思われるのは、 本…

とりあえずやってみてという男性は自分以外の人を信用していない人

「これ、とりあえずやってみて」 「これはやったとしても絶対に無理ですよ」 「でも、とりあえずやってみて」 「やっても失敗するのは目に見えてますよ」 「それでも、とりあえずやってみて」 この無駄なやり取りが本当になくならない。 こちらはサイズまで…

男性はなぜ風俗に行ったことを自慢するのか?

男性はなぜ風俗に行ったことを自慢げに話すのかを、前々から不思議に思っていた。 出張に行った時に、デリヘルを読んだにも関わらず「チェンジ!」と言い放ちデリヘル嬢と揉めて警察沙汰になった話。家にデリヘル嬢を呼んだことが嫁にバレて3ヶ月口を聞いて…

女性は気付かないうちに男性を褒めながら生きている

以前書いたこの記事。桃山商事代表の清田さんの話をちょっと書いた。 blog.akira-workshop.com 清田さんの新刊が出たので図書館で借りて読んでみた。買えよって話だけど。 「さよなら、俺たち」清田 隆之(桃山商事) (著) (function(b,c,f,g,a,d,e){b.Moshimo…

男性の変わり身の早さには呆れるを通り越して脱帽する

前に働いていた外資系の会社で、私の同僚たちがドンドン退職している。 私が会社を辞めたのが2020年の5月末。そこからどれだけの同僚が退職したかわからないぐらい辞めてる。そんな話を聞くたびに、いつも思うのが「男性は変わり身が早すぎる」ということ。 …

わからないことを質問した時の相手の受け答えで人間の器の大きさがわかる

デザイナーという職業柄、クライアント様や製品担当者に質問することが多いです。私の場合、クライアント様はほぼ男性でした。 その際、男性はかなり親切に答えてくれます。私としては「こんな初歩的な質問して大丈夫かな」という不安はありますが、相手が嫌…

マウンティング女子は職場の女性上司に多い

私は昨年まで外資系医療機器メーカーで16年間働いていたため、女性の上司をたくさんみてきた。 今もまだ同僚が働いているため、何かある度に連絡してくれる。 話を聞いていると、女性上司の部下へのマウントがとにかく酷い。特に同性である女性の部下に対し…

男女の気持ちが通じないのは違う生き物だから説

「アレよ、アレ。」 「あー、アレのことね。」 と、40代以上の女性が集まれは、ほぼ会話はアレだけで成立する。 もう、固有名詞を覚えていられない。でも、ひとこと「アレ」と言えば、周りにいる女性はほぼわかってくれる。便利だ。 便利だから「アレ」が何…

ツラすぎる失恋から立ち直る方法は脳を上手く騙すこと

タロット占い師の時に、様々な女性から失恋の相談をされました。そういう私も「このまま死ぬんじゃないか」と思うような失恋をしたことがあります。 振る側は、大抵振った相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先して考えます。自分を傷つけないために相手を振…

男性は寂しくなると元カノや元嫁との復縁を考える

コロナが始まった2020年3月前後、私はまだタロット占い師をやっていました。その時期、男性からの鑑定依頼が増えました。それも「元カノと復縁したい」「元嫁と復縁したい」と、復縁したい男性からの依頼ばかりでした。 コロナ前は、仕事をしていれば同僚と…

空気を読めないオッサンに久々にイラッとした話

先日、ストアカの講師を対象とした説明会が開かれた。昼間に暇な人なんてそんなにいないし、特定の講師だけを対象としていたので参加している講師が少なかった。 最初はストアカ側からの説明が続き、途中途中で参加者の講師からの質問がチャットで入ってきた…

技術職の女性は男性より技術が高くなければ選ばれる理由がない

技術職の女性や資格を持っている女性が増えています。私もDTPデザイナーなので技術職に当たります。DTPデザイナーは女性も多いですが、やはり男性のデザイナーのほうが採用されやすいです。なぜなら世の中はまだ男性社会だからです。 男性と女性の技術が同じ…

女性に怒鳴る男の怒鳴る理由

私は今までかなりの数の男性に怒鳴れた経験があります。私は様々な男性とマンツーマンで仕事をしてきました。 男性の言いなりになっていては、私の仕事の完成度が低くなります。そのため、もちろん意見を言います。それにキレて怒鳴る男性はたくさんいました…

男性はメンタルの弱い人が多い

男性は全般的にメンタルの弱い人が多い。 メンタルの弱い男性ほど自慢話をする。けどそれは、自信のなさの裏返しなのだろう。 私はたくさんの男性とマンツーマンで仕事をしてきた。男性と一緒に仕事をする際、何が大変かというと男性のメンタルを安定させる…