集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

女性よりも男性のほうが相談できる相手を求めている

私のところに相談に来るお客様は女性が圧倒的に多い。と思うでしょうが、男性のお客様が4割を占めています。ということで、男性向けに切り替えてみることにしました。

 

実は相談できる人が女性に比べて男性は圧倒的に少ないのです。

 

私は男性に相談されることがよくあります。泣きならが相談されたこともあります。

 

特に男性は男性に相談することを苦手とする人がいます。

  • 年上の男性は急に怒るかもしれない
  • 自分よりバカな男には相談したくない
  • 同性に相談するのはプライドが許さない

そんな男性が結構います。

 

ですが、そんな男性でも女性には気軽に相談できる人が多いのです。

 

私はデザイナーとして18年間働いていましたが、仕事相手は女性ではなくすべて男性だったのです。様々な性格の男性と一緒に仕事をしてきました。それもすべてマンツーマンでの仕事です。そのため、男性の話をずっと聞いていても苦にはなりません。

 

男性のお客様が私に求めてくることは一つだけです。「客観的な視点が欲しい!」です。

→ 関連記事:私のブログを見て客観的にどこが悪いのか判断してください

 

  • 同じ男性に意見を求めるのは嫌だ
  • 男に教えてもらうなんてプライドが許さない
  • 年上の男性には怒られそうで相談するのが怖い

そんな悩みを持った男性にはピッタリの相談相手です。

 

何しろ20年もの間、様々な男性とマンツーマンで仕事をしていた私です。軟弱なそこら辺の女性とは違います。怒鳴り散らし、時には泣きじゃくる男性の悩みを聞いてきた実績があります。

 

「男性に相談するのは嫌だ!でもキラキラ女子に相談するのも絶対嫌だ!」そんな方は私に相談してください。あなたの書いた文章を徹底的に客観視して、改善点を指摘したおします。

blog.akira-workshop.com