ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

男性はメンタルの弱い人が多い

男性は全般的にメンタルの弱い人が多い。メンタルの弱い男性ほど自慢話をする。けどそれは、自信のなさの裏返しなのだろう。私はたくさんの男性とマンツーマンで仕事をしてきた。男性と一緒に仕事をする際、何が大変かというと男性のメンタルを安定させることが一番大変だ。

 

本当にちょっとしたことですぐにメンタルがやられる。誰かにちょっとマイナスな言葉を言われるだけで、すぐに落ち込み仕事にならない。二人で仕事を進めているのに、メンタルが落ちると男性側の仕事が止まってしまう。そのため、「そんなこと気にすることない。大丈夫だよ。」とか「あなたには才能があるよ。」とか「全部私のせいにしていいから、クレーム言われた人に私が勝手にやったって言ったらいいよ。」とか、色んな言葉をかけてメンタルを安定させていた。

 

「俺ってメンヘラ男子なんだよね。」と複数の男性から告白されたことがある。

「そもそもメンヘラってなに?」

そう、当時の私はメンヘラという言葉を知らなかった。その言葉を知ったのはまさにメンヘラ男子からだ。自信がなく、すぐに落ち込み、メンタルを病んでしまうことをメンヘラという。自分でメンヘラ男子って言うなよ。

 

複数のメンヘラ男子と仕事を進めていくのは大変なことだ。まさに赤ん坊を複数抱えて、あやしながら仕事をしている感覚だった。あっちで泣き出せばあやしに行き、こっちでぐずり出せば抱っこしに行き。という感じで、色んな男性のメンタルを支えながら仕事を進めていた。

 

私の経験上、メンタルが安定している男性は少ない。思い返してみてもメンタルが安定している男性は本当に少数だった。常に複数の男性を励ましていた記憶しかない。

 

でもメンタルを支えることで仕事をしてもらえるなら、私にとってはまだ全然まっしだ。一番最悪なのは、メンタルが安定していない上に仕事もしない男性。これが一番厄介だった。さすがの私でさえ話をするのも嫌になった。

 

という感じで、自分で「俺はメンヘラ男子だ」という自覚がある男性は、ぜひ相談に来て欲しい。様々なタイプのメンタルの弱い男性を支え続けてきた実績が私にはある。メンタルが弱いけど、誰かに話を聞いて欲しい男性がいればぜひご連絡ください。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com