ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

フリーランスになって良かったことは上司の愚痴を言わなくて良いこと【エッセイ】

最近、前の会社の元同僚や元同期から、またもやよく連絡が来る。

blog.akira-workshop.com

 

私に連絡する理由は、上司の愚痴と会社への愚痴を聞いて欲しいから。

いやー、本当に話を聞いているとバカ上司ばかり。やたらと部下にマウントを取ってくる女性上司や部下に仕事を丸投げする男性上司。みんな日頃はかなり我慢しているけど、あまりの酷さに誰かに喋りたくなって私に連絡してくる。

 

こういう話を聞くと「フリーランスは上司がいないのがいいな」としみじみと感じる。会社を辞めて1年以上が経ったので、上司への不満に共感しづらくなっている私がいる。

 

私も昔は上司への不満ばかりだった。けど、何でもすぐに忘れてしまう私なので、もう記憶が薄くなってきている。前の会社にいた人の名前さえも忘れていることもある。

 

みんな「会社を辞めたいけど住宅ローンがあるから辞められない!」ということなので、上司への不満を抱えながらでも働かないと生きていけない。大変だなと素直に思う。

 

フリーランスは上司がいないから、会社員時代と比べて人間関係のストレスは激減した。そのため誰かの愚痴を言うことがなくなった。

でもである。。

なんでもかんでも自己責任なので、そっちが大変。お客様が入らないのも自分が悪いし、収入がないのも自分が悪い。誰かに頼ろうと思っても、自分が社長なので頼れる範囲も少ない。それがかなり辛い。

 

会社員だと自分で責任を取ることはない。任された仕事をすれば何とかなるし給料も貰える。どんなに仕事をしていなくても月々決まったお金が入ってくるのだ。会社員はそこがいい。

フリーランスは仕事がなければお金が入ってこない。その割に仕事の範囲が広い。確定申告も大変だし、集客なんてもっと大変。決まったお金が入ってくることなんてなかなかないしね。

 

会社辞めて起業したい人も多いけど、起業したら本当に苦労も多い。メンタルが弱い人には起業はオススメしないなー。副業だったらいいけど。

 

そのため、元同僚たちには「我慢が限界を超えたり、リストラになるまでは絶対に会社に残ったほうがいいよ。」と言うようにしている。私自身は会社を辞めてフリーランスになって良かったけど、先々の不安はある。会社員でも不安だけど、給料は貰えるからね。

 

まあでも。上司がいないのはマジで楽だ。今までバカな上司な振り回されてきたので、もう会社員には戻りたくない。そう思うと地道に今の仕事頑張ろうと思える。低空すぎる飛行だけど、尻餅はついてないので、ヨロヨロとでも飛び続けたい。

blog.akira-workshop.com